Best Buy、USF1のスポンサーに参入か

2009年8月8日
Best Buy(ベスト・バイ)
Best Buyが、USF1のスポンサーになるとの噂が浮上している。

USF1に関しては、すでにYouTubeがスポンサーとなるとの噂が広まっているが、もう1つのアメリカ企業の名が浮上した。

Best Buy(ベスト・バイ)は、アメリカの大手家電量販店。アメリカ以外ではそれほど見る機会はないベスト・バイだが、イギリスやヨーロッパへの進出を計画しているとされ、5月には携帯電話会社のカーフォン・ウエアハウスの半分を買収している。

USF1 ペイドライバーからのオファーを断る

2009年8月8日
USF1
USF1は、ペイドライバーからのオファーを断ったことを明らかにした。

「我々はこれまでに予算の4分の3以上にあたる金額を2人のドライバーからオファーされた」とピーター・ウィンザーは語る。

「2人ともF1でレースをしたことはないが、GP2で勝ったことのあるドライバーだ。彼らは2人とも母国から巨額のスポンサーシップを連れてくることができる」

アレクサンダー・ヴルツ USF1からのオファーを認める

2009年7月27日
アレクサンダー・ヴルツ USF1からのオファーを認める
アレクサンダー・ヴルツが、彼が2010年のUSF1のドライバー候補であることを認めた。

ハンガリーを訪れていたUSF1のチーム代表ピーター・ウィンザーは、2010年は2010年若手アメリカ人ドライバーと経験豊富なドライバーを起用することを計画しており、ベテランのアレクサンダー・ヴルツがドライバー候補であることを認めている。

USF1 アレクサンダー・ヴルツと交渉

2009年7月25日
アレクサンダー・ヴルツ
USF1のピーター・ウィンザー代表は、アレクサンダー・ヴルツが2010年のレースシートの有力候補であることを認めた。

USF1は2010年に若手アメリカ人ドライバーとともに経験豊富なドライバーを起用することを考えており、ジャック・ヴィルヌーヴがUSF1でF1復帰するとされての憶測が広まっていた。

しかし、ビーター・ウィンザーは実際はアレクサンダー・ヴルツが最有力候補であることを明らかにした。

ジャック・ヴィルヌーヴ USF1との噂を否定

2009年7月23日
ジャック・ヴィルヌーヴ USF1との噂を否定
ジャック・ヴィルヌーヴは、2010年にUSF1からF1復帰するとの噂を否定した。

ドイツの“Sport Bild”誌は、ジャック・ヴィルヌーヴとUSF1が契約間近にあると報じていた。

「事実ではない」とヴィルヌーヴは語る。

「Sport Bildの誰からもインタビューされていない。USF1の関係者からも連絡はないよ」

ジャック・ヴィルヌーヴ USF1と交渉

2009年7月23日
ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴが、チームUSF1と契約締結に近づいているとドイツ誌が報じている。

ジャック・ヴィルヌーヴは、1997年にウィリアムズでF1ワールドチャンピオンを獲得。その後、B・A・R、ルノー、ザウバー、BMWザウバーと移籍し、2006年シーズン途中でF1を去っていた。その後はNASCARに転向したが目立った成績は残してない。

ヴィルヌーヴは、今年何度がF1パトックに姿を現しており、F1復帰に興味を目指しているとされていた。ヴィルヌーヴ自身、ダウンフォースが大幅に削減されスリックタイヤが復活したF1に興味を抱いており、また来年から3チームが加わり、給油が禁止となることにも興味を持っていることを明らかにしている。

USF1 F1マシンを10月に用意

2009年7月22日
USF1 ケン・アンダーソン代表
チームUSF1は、来年F1グリッドに着く努力を進めており、10月末には新車を用意するとみられている。

シャーロットにあるUSF1のファクトリーでは、2010年のエントリー承認に続いて作業が進められており、チーム代表のケン・アンダーソンは、新車のデザインがうまく進んでいることを明らかにした。

「そのかなり多くは、製造する準備ができている」とケン・アンダーソンは語る。

ダニカ・パトリック F1転向を否定

2009年7月20日
ダニカ・パトリック F1転向を否定
ダニカ・パトリックは、来年USF1からF1デビューするとの噂を否定した。

USF1は、オールアメリカンを掲げるF1チームであり、来年のF1参戦の際にはアメリカ人ドライバーの起用を希望している。チーム代表のピーター・ウィンザーは、ダニカ・パトリックがリストに載っていることを明かにしていた。

現在インディカーに参戦しているダニカ・パトリックは、今シーズン末で所属チームのアンドレッティグリーン・レーシングとの契約が満了する。

USF1、YouTubeのスポンサー説を否定せず

2009年7月6日
USF1 YouTube
USF1のピーター・ウィンザーは、YouTubeがチームのスポンサーになるとの噂を否定しない。

YouTubeの共同設立者であり現CEOを務めるアメリカ人のチャド・ハーリーが、先週末のイギリスGPを訪れたことで、USF1との契約の最終仕上げをしたとの噂が広まっている。

「シルバーストンでチャドと会ったよ。彼にそこで会えたのは良いことだった」とピーター・ウィンザーは語っている。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム