ブレンドン・ハートレー、サラ・ウィルソンと挙式

2018年1月14日
F1 ブレンドン・ハートレイ ホンダF1 スクーデリア・トロ・ロッソ
2018年にトロロッソ・ホンダのF1ドライバーを務めるブレンドン・ハートレーが、シーズンに先立ち、婚約者のサラ・ウィルソンと母国ニュージーランドのワイヘケ島で結婚式を挙げた。

昨年はブレンドン・ハートレーにとって激動の一年となった。ポルシェでル・マン24時間レースを制し、WECチャンピオンを獲得したハートレー(28歳)は、トロ・ロッソのF1ドライバーとして念願のF1デビュー。

ショーン・ゲラエル 「2018年もトロ・ロッソとの仕事を続けていく」

2018年1月10日
F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ショーン・ゲラエル
ショーン・ゲラエルは、2018年もトロ・ロッソでの役割を継続することになると述べた。

インドネシア出身のジョーン・ゲラエル(21歳)は、ト2017年からロ・ロッソからテストに参加し、4回の金曜フリー走行に出走している。

ショーン・ゲラエルは「トロ・ロッソとの仕事をしたことで僕の人生は完全に変わった」と Italiaracing にコメント。

ピエール・ガスリー 「F1への道はお金がすべてではないことを示せた」

2018年1月9日
F1 ピエール・ガスリー スクーデリア・トロ・ロッソ
トロ・ロッソのF1ドライバーとなったピエール・ガスリーは、自分のF1への道のりは“お金がすべてではない”ことを示しており、若手ドライバーにとって励みになるはずだと語る。

ペイドライバーは常にF1の一部だったが、近年ではチームはシートを確保するために莫大な予算をもたらすドライバーへの依存度が高まっている。

ブレンドン・ハートレー 「2018年はF1だけに専念する」

2018年1月6日
F1 ブレンドン・ハートレイ スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
ブレンドン・ハートレーは、201年はF1だけに専念すると語る。

2010年にレッドブルの育成プログラムから外されたブレンドン・ハートレーだが、その後、様々なモータースポーツカテゴリーで活躍し、昨年トロ・ロッソで2度目のF1チャンスを手にした。

2018年も新生トロロッソ・ホンダのF1ドライバーを務めることが決定している。

ホンダF1、2018年にトロ・ロッソとの力強いスタートを期待

2018年1月4日
F1 ホンダF1 スクーデリア・トロ・ロッソ
ホンダは、2018年も同じエンジンコンセプトを継続するおかげでトロ・ロッソと力強いスタートを切ることができることを期待している。

昨年、パワーユニットのコンセプトを一新させたホンダだが、プレシーズンテストから信頼性トラブルが多発。シーズン後半にはパフォーマンスを向上させたものの、開幕前の躓きがマクラーレンに決別を決意されるきっかけとなった。

ピエール・ガスリー 「F1を批判的に語る人があまりに多すぎる」

2018年1月4日
F1 ピエール・ガスリー スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、昨今のF1には“批判的な人があまりに多すぎる”と感じている。

2017年のF1世界選手権は、2014年にV6ハイブリッドが導入されて以来、初めて複数のチームがタイトル争いに絡んだが、高速化を目指してダウンフォースを増加させたF1マシンは、ホイール・トゥ・ホイールのバトルには役立たず、結果としてオーバーテイクの数は減少した。

ブレンドン・ハートレー 「経験のおかげで殺人的な日程にも対処できた」

2017年12月29日
ブレンドン・ハートレイ F1 スクーデリア・トロ・ロッソ
トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーは、経験を積んで成熟したことで、2017年後半の殺人的なスケジュールに対処することができたと振り返る。

ポルシェのワークスドライバーとしてFIA世界耐久選手権に参戦していたブレンドン・ハートレーは、F1の最終4戦に急遽トロ・ロッソのレースドライバーとして召集され、念願のF1デビューを果たした。

ブレンドン・ハートレー 「いつかバサースト1000に出場したい」

2017年12月27日
スクーデリア・トロ・ロッソ F1 ブレンドン・ハートレー
トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーは、将来いつかバサースト1000に参戦したいと語る。

1000kmのツーリングカーレースであるバサースト1000は、毎年6.21kmのマウントパノラマ・サーキットで開催され、オーストラリアのモータースポーツの頂点として広く知られている。ポルシェでチームメイトだった同じニュージランド出身のアール・バンバーは、2018年にバサースト1000に出場することになっており、ブレンドン・ハートレーもいつか参戦したいと語る。

トロ・ロッソ、ホンダとの契約によって健全な予算を確保

2017年12月26日
F1 ホンダF1 スクーデリア・トロ・ロッソ
トロ・ロッソは、ホンダとの新しいエンジンパートナーシップによって健全な予算を確保。チーム代表のフランツ・トストは、そのおかげでトロ・ロッソは労働力を強化する機会を得ることができたと述べた。

トロ・ロッソは、2018年からホンダを新たなパートナーに迎える。ワークスチームとしてホンダからF1パワーユニットを独占供給を受け、エンジンコストはホンダが負担するとされている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム