ダニール・クビアト、2018年もトロ・ロッソ残留の見込み

2017年7月11日
ダニール・クビアト F1 トロ・ロッソ
レッドブルは、ダニール・クビアトの契約オプションを行使することを示唆。2018年もダニール・クビアトはトロ・ロッソに残留することになりそうだ。

今シーズン、ダニール・クビアトは9戦で4ポイントと29ポイントを獲得しているチームメイトのカルロス・サインツと比べて厳しシーズンを過ごしている。だが、ポイントを狙えた4戦中2戦では、クビアトの責任ではない理由でリタイアを強いられている。

トロ・ロッソ:期待外れなレース / F1オーストリアGP

2017年7月10日
トロ・ロッソ F1 オーストリアGP
トロ・ロッソは、F1オーストリアGPの決勝で、ダニール・クビアトが16位、カルロス・サインツがリタイアでレースを終えた。

ダニール・クビアト (16位)
「僕たちが望んでいたレースではなかった。スタートに関しては、咄嗟にチームメイトを避けなければならなかったけど、いいスタートだった。そのあと僕の前で起こったことがあまり見えていなかった」

トロ・ロッソ:F1オーストリアGP 予選レポート

2017年7月9日
トロ・ロッソ F1 オーストリアGP
トロ・ロッソは、F1オーストリアGPの予選で、カルロス・サインツが10番手、ダニール・クビアトが14番手だった。

カルロス・サインツ (10番手)
「良い予選だったよ! 週末が始まる前から僕たちにとってこのトラックがかなりトリッキーになりそうなのはわかっていたけど、僕たちはFP3で本当に良いセットアップを見つけてクルマに本当に自信を感じられるようになった」

レッドブル 「カルロス・サインツは2018年もトロ・ロッソ」

2017年7月8日
カルロス・サインツ F1 トロ・ロッソ
カルロス・サインツは、2018年にトロ・ロッソを離脱することをほのめかしているが、レッドブルは来季もトロ・ロッソに残留すると頑なだ。

カルロス・サインツは、2018年の目標はレッドブルに昇格することだと述べ、それが実現しない場合はトロ・ロッソで4年目を過ごすことはないだろうと語っていた。

トロ・ロッソ:F1オーストリアGP 金曜フリー走行レポート

2017年7月8日
トロ・ロッソ F1 オーストリアGP
トロ・ロッソは、F1オーストリアGPの金曜フリー走行で、ダニール・クビアトが13番手タイム、カルロス・サインツが15番手タイムだった。

ダニール・クビアト (13番手)
「生産的な金曜日だった。一日を通してあちこちでいくつか小さな問題はあったけど、僕たちの一日に多くの影響を及ぼしたと言うほど大きなものではなかった。今後もとにかく作業を続けて、これ以上の問題は避ける必要がある」

カルロス・サインツ 「2018年もトロ・ロッソに残留する可能性は低い」

2017年7月7日
カルロス・サインツ F1 トロ・ロッソ
カルロス・サインツは、2018年もトロ・ロッソに残留する可能性は低いと述べた。

今年、カルロス・サインツはルノーからのオファーを断り、自分がレッドブルに昇格するに相応しいドライバーであることを示すべくトロ・ロッソに残留した。

しかし、レッドブルはダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンと2018年の契約を結んでおり、カルロス・サインツは他チームへの移籍に目を向けることになるかもしれない。

トロ・ロッソ:カルロス・サインツが8位入賞 / F1アゼルバイジャンGP

2017年6月26日
トロ・ロッソ F1 アゼルバイジャンGP
トロ・ロッソは、F1アゼルバイジャンGPの決勝で、カルロス・サインツが8位、ダニール・クビアトはリタイアだった。

カルロス・サインツ (8位)
「なんてクレイジーなレースだ! スタートからすでに難しかった。ターン1に着いたとき、ダニールがコースに復帰してくるのが見えて、彼とのクラッシュを素早く避けなければならなかった。クラッシュしていたらチームにとって大惨事だったね!」

トロ・ロッソ:F1アゼルバイジャンGP 予選レポート

2017年6月25日
トロ・ロッソ F1 アゼルバイジャンGP
トロ・ロッソは、F1アゼルバイジャンGPの予選で、ダニール・クビアトが11番手、カルロス・サインツが12番手だった。

ダニール・クビアト (11番手)
「今日、Q3に進出する唯一の方法は大きなトーや誰かのスリップストリームを得ることだったと思う。Q1での僕に起こったようなにね。5番手に入ったあれはメガラップだったよ! Q2ではまたそれをやるチャンスがなかったけど、クリーンなラップを楽しむことができた」

トロ・ロッソ:F1アゼルバイジャンGP 金曜フリー走行レポート

2017年6月24日
トロ・ロッソ F1 アゼルバイジャンGP
トロ・ロッソは、F1アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行で、ダニール・クビアトが8番手タイム、カルロス・サインツが13番手タイムを記録した。

ダニール・クビアト (8番手)
「今日の走行プログラムはちょっと圧縮されてしまった。望んでいたほど多くのラップを走ることができなかったけど、それでも大部分を完了することができた。コンディションが非常にトリッキーだったので、全ては明らかにはなっていないけど、少なくとも僕たちが行った走行は良かった」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム