佐藤琢磨、ホンダでのF1復帰は困難

2008年8月11日
ホンダ復帰が困難となった佐藤琢磨
ホンダは、佐藤琢磨の同チームへの復帰は難しいという結論に達したようだ。

スーパーアグリの撤退により、F1のシートを失った佐藤琢磨。関連のあるホンダが最有力候補にあげられているが、ホンダは佐藤琢磨のレースドライバー復帰を難しいと判断しているという。

ホンダは、これまで佐藤琢磨の過去のホンダ時代およびスーパーアグリ時代のデータの評価作業を実施。その結果、現時点で来年の佐藤琢磨の起用という結論には達しなかったという。

佐藤琢磨、「はなまるカフェ」出演

2008年8月8日
佐藤琢磨、「はなまるカフェ」出演
佐藤琢磨は、8月11日(月)に「はなまるカフェ」に生出演する。

スーパーアグリF1撤退でF1のシートを失い、その後の活動が注目されている佐藤琢磨が、生番組で現在の心境を語る。

「はなまるカフェ」はTBS系列で平日午前8時30分から放送されている生活情報番組「はなまるマーケット」のゲストコーナー。岡江久美子さんと薬丸裕英さんの司会のもと、琢磨が子供時代の頃の思い出や、モナコでの生活や家族、そして現在の心境などを、思い出の写真や秘蔵の写真などを交えて語る。

スーパーアグリの資産をドイツ企業「フォームテック」が購入

2008年7月30日
売却先が決まったスーパーアグリの資産
スーパーアグリの資産をドイツのフォームテック社が購入したことが明らかになった。

フォームテック(Formtech GmbH)は、自動車およびF1産業のために高精度パーツを製造するドイツのツール設計・製造会社。フォームテックは、コンポジット製造と供給市場の拡大のために、スーパーアグリが使用していたリフィールド・テクノロジーテクニカルセンターのF1施設を、同社のイギリス初の事業所として予定だという。

また、フォームテックは、F1施設を最大限に活用するために、元スーパーアグリのスタッフを雇用することを予定している。

佐藤琢磨、近況を語る

2008年7月13日
佐藤琢磨インタビュー
佐藤琢磨が近況を語った。スーパーアグリの撤退以降、F1への復帰のみを目指して活動している佐藤琢磨。テストドライバーとしての復帰や、スーパーアグリ再結成の可能性など、今後について語った。

スーパーアグリが撤退してからどうでしたか?あなたはモナコGPで短い会見を行いましたが、自身がレースをしていないときにマシンを見ることは辛いといっていましたね?
バルセロナのあと、確かに誰もがショックを受けたし、何が起こったか近いするのは難しかった。でも、僕はレースをしないことが信じられなかった。次のグランプリはトルコで、僕が住んでいる場所から少し遠くて、離れれいたので、あまり気にならなかった。でも、F1がヨーロッパの僕の住んでいるモナコに戻ってきたときは、F1に触れずにいることは避けられなかった。そのときは厳しく、難しい時間だった。最後のプレスリリース意外に、僕は会見をしていなかったので、パドクにいって、みんなに話した。それは大丈夫だったけど、そのあと家で予選とレースを見ることは、簡単ではなかった。それからは、F1に戻るためにF1を追っている。十分な最新情報を得なければならないからね。実際に見るのは楽しいことではないけどね!

佐藤琢磨、テストドライバーでの復帰も視野

2008年7月11日
テストドライバーでの復帰の可能性を語った佐藤琢磨
佐藤琢磨は、F1に復帰するためならテストドライバーとしての復帰も視野に入れている。

スーパーアグリのF1からの撤退によりレースシートを失った佐藤琢磨。今週、近況を語った琢磨は、F1へ復帰するために、ル・マンやアメリカのオファーを断り、複数のF1チームと交渉していることを明かした。

これまで91戦に出走してきた佐藤琢磨は、そのキャリアに新たな出走回数を加えるために、かつて2003年にB・A・R Hondaでしたようにテストドライバーとしてのキャリアを再開することもあると語った。

佐藤琢磨、複数のF1チームと交渉

2008年7月9日
イギリスでカートイベントに参加した佐藤琢磨(画像)
佐藤琢磨は、スーパーアグリチームの撤退後、F1以外のチームからのオファーを断ったと語った。

佐藤琢磨は、スーパーアグリでチームメイトだったアンソニー・デビッドソンと同じく、先週シルバーストンのパドックに姿を見せた。

ジョーダン、BAR、スーパーアグリで100戦近いグランプリに出走した琢磨は、F1キャリアを復活させようとしていると述べた。

エイドリアン・カンポス、スーパーアグリの資産に興味

2008年7月9日
エイドリアン・カンポス
GP2のチーム代表であるエイドリアン・カンポスが、F1を撤退したスーパーアグリの資産に興味を示している。

先週末、マシンやトランスポーターを含むスーパーアグリの資産が7月31日(木)に競売にかけられることが明らかになった。

これまでのカンポスと、スペイン人実業家のアレハンドロ・アガグが、スペインにF1チームの設立を希望していることが噂されており、スーパーアグリのF1撤退前にも買収が報じられていた。

スーパーアグリの資産が競売へ

2008年7月6日
競売が決まったスーパーアグリ
スーパーアグリの資産が、今月末に競売にかけられることが決まった。

スーパーアグリは5月にF1から撤退を発表。残ったチームの資産は管財人の手に渡っていた。

スーパーアグリの資産は7月31日、英国の競売会社SHM Smith Hodgkinsonによりオンラインでオークションにかけられる。競売にはマシンやトランスポーター、オートクレーブなどが含まれる。

アンソニー・デビッドソン、「マシンの違いを実感した」

2008年6月14日
ホンダのバルセロナテストに参加したアンソニー・デビッドソン
アンソニー・デビッドソンは、ホンダでの久々のF1ドライブを行ったバルセロナテストを振り返った。

アンソニー・デビッドソンは、今週末ルマンに参戦しているホンダのサードドライバー、アレキサンダー・ブルツの代役として、ホンダのバルセロナテストに参加。スーパーアグリの撤退以来、久しぶりにF1のトラックに復帰した。

デビッドソンは、「再びドライブしていることは、素晴らしいことだね」とテストの完走を述べた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム