スーパーアグリ、マグマ・グループとの交渉再開か

2008年4月22日
いまだ財政問題のメドがたっていないスーパーアグリ(画像)
買収契約が不成立となりその将来が話題となっているスーパーアグリだが、再びマグマ・グループとの交渉は続けてられているようだ。

ドイツの“Auto Motor und Sport”によると、マグマ・グループはドバイからの資金援助はなくなったあと、再びスーパーアグリと交渉を続けていると報じた。

結果はまだ明らかになっていないが、ホンダはスペインGPのフリー走行がスタートする前に投資家から書面による保証を求めているとのこと。

スーパーアグリ、財政ピンチをバーニーが救済?

2008年4月20日
鈴木亜久里とホンダの中本修平(画像)
買収契約が破綻し、スーパーアグリはスペインGPへの出走さえ危ぶまれている。そのピンチにF1界の支配者バーニー・エクレストンが動き出したそうだ。

スーパーアグリがスペインGPに参戦するためには、200万ユーロ(約3億2,800万円)が必要といわれている。

そんな中、バーニー・エクレストンがスーパーアグリの対応に乗り出したとドイツ“Auto Motor Und Sport”が報じた。バーニー・エクストンはこれまで同じような状況に見舞われたチームを個人的に救済している。

スーパーアグリ、スペインGPへ向けて出発

2008年4月19日
機材をバルセロナに輸送したスーパーアグリF1チーム
スーパーアグリF1チームのトランスポーターが来週末のスペインGPのためにバルセロナへ向けて出発した。

スーパーアグリのチーム代表である鈴木亜久里は、マグマ・グループとの買収契約が破綻したことを発表。来週のバルセロナGPに出走するための資金とスペアパーツがあるかどうかも不明なままとなっている。

しかし、どちらに転んでも機材を今週中にバルセロナに送らなければ、出走は実現しない。

スーパーアグリ、スペインGP参戦への期限は3日間

2008年4月17日
3日以内の決断を迫られるSUPER AGURI(画像)
マグマ・グループとの交渉が決裂したことが明らかになったスーパーアグリは、来週27日に開催されるスペインGPに出走するか否かを3日以内に決断しなければならない。

スペインGPに間に合うようにトランスポーターをサーキットに到着させるためには、スーパーアグリは今週土曜日にリフィードのファクトリーを出発する必要がある。

スーパーアグリ、マグマ・グループとの契約が不成立に

2008年4月17日
マグマ・グループとの契約が白紙になったスーパーアグリ(画像)
スーパーアグリは16日(水)、これまで報じられたマグマ・グループとのパートナー契約が不成立となったことを発表した。

スーパーアグリF1チームは、マグマ・グループがチームを買収するかたちでの契約を進め、成立は間近と見られていた。しかし、マグマ・グループの背景にいたとされるドバイ政府所有の国際投資会社が資金援助を中止したという。

スーパーアグリ、バルセロナテスト不参加へ

2008年4月9日
またもテストへの不参加が明らかになったスーパーアグリ(画像)
スーパーアグリは、来週バルセロナで予定されている合同テストへ参加しないことが明らかになった。

2008年第3戦バーレーンGPでダブル完走を果たしたスーパーアグリ。しかし、シーズンが始まった今も財政的な問題は解決に至らず、多くのチームがヨーロッパラウンドを前に参加するバルセロナのテストをまたも欠席する。

シーズン前に発表されたスーパーアグリのマグマ・グループへの売却だが、いまだ最終合意には達していないという。

スーパーアグリ、2戦連続でダブル完走

2008年4月7日
佐藤琢磨は17位
スーパーアグリは、2008年F1第3戦 バーレーンGP決勝レースで、2台揃って完走。アンソニー・デビッドソンは16位、佐藤琢磨は17位でレースを終えた。

グリッドの最後尾からスタートしたスーパーアグリだったが、両ドライバー共にチームが計画した通りにレース運びができ、2台のSA08がバーレーンGPのチェッカーを受けた。マレーシアGPに続き、2戦連続でのダブル完走となった。

スーパーアグリ:バーレーンGP予選 佐藤琢磨がクラッシュ

2008年4月6日
佐藤琢磨がクラッシュ(バーレーンGP予選)
スーパーアグリは、F1 バーレーンGPの予選で、佐藤琢磨が22番手、アンソニー・デビッドソンが21番手だった。佐藤琢磨はQ1でクラッシュした。
スーパーアグリは、午前中のフリー走行で着実な進歩を遂げた。予選のために今まで以上にSA08のバランスを掴むことができ、午後の予選では砂の多い、すべりやすい難しいコンディションの中、両ドライバーはマシンを限界まで攻めることができた。

しかし、佐藤琢磨はQ1でクラッシュ。最終コーナーで縁石の上を走行した琢磨は、マシンのコントロールを失いスピンし、バリアに衝突した。このクラッシュで、予選Q1は一時、赤旗中断となった。幸い、琢磨に怪我はなかった。

スーパーアグリ:バーレーンGP初日 走行制限がネック

2008年4月5日
スーパーアグリ F1 バーレーンGP初日(画像)
スーパーアグリは、F1 バーレーンGPの初日のフリー走行を行った。

スーパーアグリにとっては、オーストラリアGP、マレーシアGPと同じような金曜日となった。スーパーアグリは、ギアボックスをはじめとするパーツが足りず、これまで限られた周回数の中で、テストプログラムを行っている。

また、バーレーンで新体制を発表するとみられていたスーパーアグリだが、初日は特にアナウンスはなく、チームはこれまでの同じカラーリングのマシンで走行を行った。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム