レッドブルの2022年11月のF1情報を一覧表示します。

メルセデスF1、2023年にレッドブルより“54回”多い風洞稼働数の重要性

2022年11月30日
メルセデスF1、2023年にレッドブルより“54回”多い風洞稼働数の重要性
メルセデスF1は、2023年にレッドブルより約27%多く風洞を稼働できることがF1ワールドチャンピオンに近づく上で重要なことが証明されると考えている。

レッドブル・レーシングは、昨年のコストキャップに違反したことに対するペナルティの一環として、700 万ドルの罰金に加えて、風洞稼働時間の10%の短縮を課された。

ダニエル・リカルドがメルセデスではなくレッドブルとのF1契約を選んだ理由

2022年11月30日
ダニエル・リカルドがメルセデスではなくレッドブルとのF1契約を選んだ理由
ダニエル・リカルドは、2023年にメルセデスF1チームのリザーブドライバーではなく、レッドブル・レーシングにサードドライバーとして復帰することを選択した理由を説明した。

マクラーレンがオスカー・ピアストリの起用を決断したことで、契約満了の1年前にチームを放出されたダニエル・リカルドは、2023年に古巣レッドブルでサードドライバーを務めることが決定した。

マックス・フェルスタッペン 「ストリートサーキットは好きじゃない」

2022年11月30日
F1王者マックス・フェルスタッペン 「ストリートサーキットは好きじゃない」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、F1ストリート サーキットのファンではないことを認めている。

F1タイトルを2連覇したマックス・フェルスタッペンは、モナコ、マイアミ、ジェッダ、バクーなど、最近の主要なF1ストリートトラックのトロフィーをすべて獲得しているが、バリアに囲まれた規律に満足できなくなったことを認めている。

ニューウェイ「メルセデスF1のゼロポッドは出し抜かれたと思った」

2022年11月29日
エイドリアン・ニューウェイ「メルセデスF1のゼロポッドは出し抜かれたと思った」
レッドブルF1のデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは、メルセデスF1の“ゼロポッド”コンセプトを見たとき、自分たちが「抜け穴を見落とした」と感じたと明かす。

エイドリアン・ニューウェイは、新しいレギュレーションを鋭く批判していた。だが、実際に作業を進めるなかでその考えは変わった。新世代F1マシンは、予想以上にエンジニアに多くのことを要求し、メルセデスF1のコンセプトはニューウェイのようなベテランでさえも驚かせた。

フェルスタッペン 「リカルドはレッドブルF1を離れるべきではなかった」

2022年11月29日
マックス・フェルスタッペン 「リカルドはレッドブルF1を離れるべきではなかった」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1にサードドライバーとして復帰することが決定したダニエル・リカルドは、そもそもチームを離れるべきではなかったと考えている。

契約満了の1年前にマクラーレンから放出されたダニエル・リカルドは、2023年にマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのラインナップを継続するレッドブル・レーシングでサードドライバーを務める。

ダニエル・リカルド 「レッドブルF1との契約にレースの役割はない」

2022年11月28日
ダニエル・リカルド 「レッドブルF1との契約にレースの役割はない」
ダニエル・リカルドは、2023年にレッドブル・レーシングとサードドライバーとして契約した理由を説明。契約にはレースの役割は含まれていないと強調した。

マクラーレンがオスカー・ピアストリを起用を決断し、1年早くチームとの契約を解消したダニエル・リカルドは、2023年にミルトン・キーンズのチームに復帰し、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスをサポートする役割を担うことになる。

フェルスタッペン、レッドブルF1にペレスとリカルドの交代を要求?

2022年11月28日
マックス・フェルスタッペン、レッドブルF1にペレスとリカルドの交代を要求?
マックス・フェルスタッペンは、セルジオ・ペレスをレッドブルF1のもう1台のコックピットから追い出そうとしているかもしれないという噂に反論した。

F1ブラジルGPで、マックス・フェルスタッペンが、ランキング2を目指すセルジオ・ペレスに順位を譲ることを拒否したとき、調和の取れたチームのイメージは打ち砕かれた。

レッドブルF1代表 「エナジードリンク企業に勝たれるのは不快だと思う」

2022年11月28日
レッドブルF1代表 「エナジードリンク企業に勝たれるのは不快だと思う」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、物議を醸した2022年のキャンペーンの後、彼のF1チームがコース外で鋭い「ナイフ」で「背中を狙われていた」と考えている。

レッドブル・レーシングは、2022年にコース上でRB18がフィールドの最強マシンであることを証明し、22レースで17勝を挙げる前例のない成功を収め、2013年シーズン以来となる「ダブル」タイトルを獲得した。

セバスチャン・ベッテル、管理職としてレッドブルF1に復帰?

2022年11月27日
セバスチャン・ベッテル、管理職としてレッドブルF1に復帰?
レッドブルF1のドアは、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが再びF1に参加したいときのために開いている。

レッドブルF1は、2023年のテストとマーケティングの役割のために、仕事を失った元グランプリウィナーのダニエル・リカルドを獲得した。

だが、今年でF1を引退した35歳のセバスチャン・ベッテルは、再びレースに興味を示すのではなく、F1チームの管理職に興味を持っているかもしれない。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム