ダニエル・リカルドがメルセデスではなくレッドブルとのF1契約を選んだ理由
ダニエル・リカルドは、2023年にメルセデスF1チームのリザーブドライバーではなく、レッドブル・レーシングにサードドライバーとして復帰することを選択した理由を説明した。

マクラーレンがオスカー・ピアストリの起用を決断したことで、契約満了の1年前にチームを放出されたダニエル・リカルドは、2023年に古巣レッドブルでサードドライバーを務めることが決定した。

8回のF1グランプリウィナーであるダニエル・リカルドは、当時空席のあったハースやウィリアムズと契約することを選択せず、マクラーレンでの2つの困難なシーズンの後、再編成するために1年間の離脱を望んだ。

2014年から2018年までレースに参加したチームであるレッドブル・レーシングでのダニエル・リカルドの新しい役割は、シミュレータードライバーでの作業の他に、さまざまなマーケティングイベントでチームのドライバーとしての責任も負う。

ダニエル・リカルドは、メルセデスF1とも交渉していたが、時間が経つにつれてレッドブルへの復帰が「ますます理にかなっている」と感じるようになったと語った。

「メルセデスとも交渉していたし、彼らの関与にも感謝していた。確かにそれに対する欲求はあった」とダニエル・リカルドは In the Fast Lane に語った。

「ある意味、少し失速していたと言っておこう。その後、レッドブルのものがどんどん意味を成し、より持続的になり、自然に進展していった。

「もちろん、レッドブルにいたときでさえ、メルセデスは常にチームとして僕の一部にあった。彼らは常に支配的だった。僕が注目していたのはチームだった。ずっと前に彼らと何度か会話をしていたし、今でも何度か会話ができたのは素晴らしいことだった」

「繰り返しになるけど、僕が過ごした数年間の後でも、いくつかのトップチームから評価されていることは当然だけど素晴らしいことだ」

「さっきも言ったけど、レッドブルのことがより深刻になると、それはますます理にかなっていた」

「それに『過去2年間で少し取りまわっていたので、以前に一緒に仕事をしたことのある人々、それにもちろん車での仕事に戻って、少し親しみを感じることは僕にとって良いかもしれない』と考えた」

「今、車が変わって、とてもうまくやっていることに感謝している。飛び退いて、シミュレーター作業などいろいろなことをすることを考えたら、おそらく、それが最も僕を落ち着かせ、この先の次のステップ、そして、2023年以降に本当に自分が望むものが何であるかを理解させてくれる環境かもしれないと感じた」

レッドブルではリザーブドライバーではなく、すべてのレースに帯同する義務がないことも休暇を必要としていた好条件だったとされている。

リカルドがレッドブルに加入したことで、メルセデスはリザーブドライバーを必要としている。

ミック・シューマッハは、2023年に先立ってハースF1チームを放出された後、候補者に上げられている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフはすでにミック・シューマッハを迎える準備があると語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル / メルセデス