セバスチャン・ベッテル、管理職としてレッドブルF1に復帰?
レッドブルF1のドアは、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが再びF1に参加したいときのために開いている。

レッドブルF1は、2023年のテストとマーケティングの役割のために、仕事を失った元グランプリウィナーのダニエル・リカルドを獲得した。

だが、今年でF1を引退した35歳のセバスチャン・ベッテルは、再びレースに興味を示すのではなく、F1チームの管理職に興味を持っているかもしれない。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、4回の元F1ワールドチャンピオンが2022年シーズンの終わりにF1から引退することで、将来のマネジメントの役割について、アブダビで彼の元ドライバーと「雑談」があったことを認める。

「彼がマネジメントトップのポジションに戻ることは問題外ではない」とヘルムート・マルコは述べた。

「私ももうすぐ80です。それは何とかなるだろう!」

「我々は話し合ったが、もし彼がトップマネジメントのポジションに戻ることは、それは彼にとって魅力的かもしれないと思う。それは話の中で出てきたことだ」

「でも今は、彼に一度だけ木を植えさせて、どうなるか見てみよう。彼には確かに可能性があり、その個性を持っている」

「我々は2つのチームを持っているので、それに対してオープンだ」

「彼の人生は、ドライバーとしての人生とは確実に異なるものになるだろう。彼は早くに出勤して遅く退社し、ドライバーとしてもらっていた給料のほんの一部しか受け取らない」とヘルムート・マルコは微笑んだ。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・が過去に成し遂げてきたことへの適応力を考えると、ベッテルがいつの日かスポーツのドライバー育成やマネジメント側で手腕を発揮することができるに同意する。

「彼は、取り組むすべてのことをうっとうしいくらい優れている男の一人だ。もし、彼がそのキャリアパスを進むことを決心したなら、彼はそれがとてもうまくこなすと確信している」とクリスチャン・ホーナーは認めた。

「彼には人の性格を見抜く力が備わっている。彼は人々の価値を理解し、成功への貢献を理解している。どのトピックに専念するかは、完全に彼次第だ」

セバスチャンベッテル自身は、引退が確定した今、F1の厳しさから離れて休暇を楽しむつもりだと述べており、次に何をするかを決める前に、家族ともっと時間を過ごしたいと考えている.

「このフリーランは、僕にとって非常にエキサイティングで興味深いものになるだろう。固定されたカレンダーではなく、もう少し時間を持てるようになる」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「でも、もちろん、ある時点で何かをする必要があるだろうう。一度それに駆り立てられれば、必ずそのようになると思う」

セバスチャン・ベッテルは、来年はF1ドライバーとしての多忙なスケジュールから少なくとも最初は休憩を取るつもりだが、それ以降はF1チームのマネジメントの役割にオープンだ。

「大丈夫だ。子供たちと一緒に早起きするのには慣れている」とセバスチャン・ベッテルは微笑んだ。

「F3にいたときは、ヘルムート・マルコという人が朝7時に僕を起こしてくれていた」

「でも、そうだね、チームのリーダーが常に物事に対処している間、ドライバーは意識的に休む時間を割り当てる必要があることをよく知っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レッドブル / アルファタウリ