エイドリアン・ニューウェイ「メルセデスF1のゼロポッドは出し抜かれたと思った」
レッドブルF1のデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは、メルセデスF1の“ゼロポッド”コンセプトを見たとき、自分たちが「抜け穴を見落とした」と感じたと明かす。

エイドリアン・ニューウェイは、新しいレギュレーションを鋭く批判していた。だが、実際に作業を進めるなかでその考えは変わった。新世代F1マシンは、予想以上にエンジニアに多くのことを要求し、メルセデスF1のコンセプトはニューウェイのようなベテランでさえも驚かせた。

1980年からF1で働いているエイドリアン・ニューウェイは、フィッティパルディ、マーチ、ウィリアムズ、マクラーレンを経由して2006年にレッドブルに入社した。その間に63歳のニューウィエは8つの主要なレギュレーション変更を目の当たりにした。

エイドリアン・ニューウェイによると、2022年のレギュレーション変更は1983年以来最大のものだった。それは、F1マシンの空力を完全に覆し、1982年に禁止されたグラウンドエフェクト効果を掘り起こした。

新しいルールが起草されたとき、エイドリアン・ニューウェイは失望を隠せなかった。しかし、2022年のレギュレーションに対する最大の批評家の1人は、ほとんどファンになった。

「これらの車に取り組んでいるうちに考えを変えなければならなかったことを認めなければならない。シャシーとフロントウィングは非常に狭いフレームワークで動くが、驚くほど自由度の高い領域もある。これらには、サイドポッドとアンダーボディが含まれる。さまざまなサイドポッドの形状はファンにとっても見分けやすく、これは良いことだ」とエイドリアン・ニューウェイはAuto Motor und Sportに語った。

「クルマはとても新しいので、よりエキサイティングだ。我々全員が急な学習曲線を経験している。昨年のクルマは、長い開発プロセスの産物だった。レギュレーションは何年にもわたって実施されてきた。常にルール変更がありましたが、すべてが同じ原則に従って機能していた」

エイドリアン・ニューウェイは、新しいF1レギュレーションが目標を達成したと信じている。後続ドライバーの追従を容易にして、オーバーテイクが増加するという点では、それは真実に違いない。

だが、1つのチームが他のすべてのチームよりもルールを正しく解釈し、地平線上に消えてしまうのではないかという懸念は満たされていない。レッドブル・レーシングは、22レース中17勝を挙げた。

「当初、我々とフェラーリという同じレベルの2つのチームがあったが、シーズン終盤にむけてメルセデスが強くなっていった。正直に言うと、私はもっと大きなギャップを期待していた」

数字はエイドリアン・ニューウェイが正しいことを証明している。フィールドの断片化にもかかわらず、ギャップは以前に比べて大幅に縮小した。オースティン、鈴鹿、またはアブダビでは、1番手から20番までのQ1の差は1.4~2.0秒だった。

完全に異なるサイドポッドを備えたフェラーリが実質的にレッドブルと同じ速さだったという事実について、エイドリアン・ニューウェイは驚くべき答えを用意している。

「つまり、我々の誰もが絶対的に正しいというわけではなく、もっと良いものがなければならないということだ。ウイングのようなことをしたり、サイドポッドを分離したりすることは決してできない。すべてはパッケージとしてしか機能しない。フェラーリのサイドポッドは我々のアンダーボディにフィットしないし、その逆もまたしかりだ。常にこれらの要素間の相互作用だ」

エイドリアン・ニューウェイは、最初の試みでいくつかのソリューションが市場に投入されるだろうと予想していた。1983年にすでにそうだった。

「メルセデスには本当に驚いた。我々はこの抜け穴を見落としていた」

それにもかかわらず、彼は、メルセデスF1がその珍しい車でコピーの波を引き起こすとは考えていないが、彼らが行き詰まりに達したとも感じていない。

「外から判断するのは難しい。メルセデスはこの1年でどんどん良くなった。正直に言うと、コンセプトを詳細に検討する時間はない。予算上限の下では、もはやこの贅沢を手に入れることはできない」

「だからこそ、最も利益が得られると思われる道を最初に踏み出す。メルセデスに関しては、コンセプトが突然永続的な成功を収めたときにのみ、誰もがコピーペンに手を伸ばすだろう」

エイドリアン・ニューウェイは、登場したコンセプトのうちどれが最終的に存続するかはまだわからないと語る。そのためには車はまだ新しすぎる。したがって、レッドブルは実験に着手することはない。

「我々は自分たちのコンセプトを最もよく知っているので、開発を続けていく。しかし、我々の方法が最善かどうかはあえて言わない。より良いアイデアを持った誰かが角を曲がったところにいる可能性は十分にある」

「独自のコンセプトを開発するときにどこにたどり着くかは、まだ誰にもわからない。おそらく、別のコンセプトは、今日ではまだ遅れをとっているが、はるかに大きな開発のポテンシャルを秘めているかもしれない」

エイドリアン・ニューウェイはまた、現時点で誰も気づいていない解決策を誰かが見つける可能性を排除しない。

「ダブルディフューザーを考えてみてほしい。フロアからステップへの移行の抜け穴は常にそこにあった。発見されなかっただけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マシン / メルセデス