マックス・フェルスタッペン 「リカルドはレッドブルF1を離れるべきではなかった」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1にサードドライバーとして復帰することが決定したダニエル・リカルドは、そもそもチームを離れるべきではなかったと考えている。

契約満了の1年前にマクラーレンから放出されたダニエル・リカルドは、2023年にマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのラインナップを継続するレッドブル・レーシングでサードドライバーを務める。

ダニエル・リカルドは、2014 年から 2018 年までレッドブル・レーシングに所属し、7つのレースで優勝し、最後の3 シーズンのほとんどで、トロ ロッソから昇格したマックス・フェルスタッペンをチームメイトとして迎えていた。

だが、ダニエル・リカルドはレッドブル・ファミリーを離れることを選択。その後、ルノーとマクラーレンにそれぞれ 2 シーズンずつ移籍したダニエル・リカルドは、2019 年から 2022 年の間に1 回の勝利と 2 回の表彰台を獲得した。

元チームメイトで、再び同僚となるマックス・フェルスタッペンは、ダニエル・リカルドが2018年末にレッドブルからの契約オファーを蹴って別の道を選択したことはおそらく間違った決断だったと考えている。

「ダニエルが当時レッドブルにもっと長く留まっていたら、もっと良かっただろう」とマックス・フェルスタッペンはFormule1.nlに語った。

「それについて彼と話をした。どこか心地よく感じもあった。でも、ある時点で、それはもはや当てはまらなかった」

「そうなると、代替案を検討し、競技面での成功と、どこかで気分を良くすることとの間でトレードオフを行う必要がある」

「でも、レッドブルの全員が心の底からベストを尽くしていたことを知っている。彼は去るのではなく、それについてチームと話すことができた。でも、そんな風になってしまった」

ダニエル・リカルドは、レッドブルが自分よりもマックス・フェルスタッペンという新たな才能を優先していると感じたため、リカルドがレッドブルを去ったと広く考えられており、彼をリーダーにする準備ができているルノーF1チームに移籍した。また、レッドブルが2019年からホンダのF1エンジンを搭載することを決断したことも疑問視していたとされている。

マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドの関係は、特に2018年のF1アゼルバイジャンGPでの同士討ちなど、いくぶん緊張していたが、最近は友好的な関係を共有している.

「これからダニエルは僕たちのリザーブドライバーになる。F1で彼のキャラクターを寂しく思う必要はない」とマックス・フェルスタッペンは付け加えたが、ダニエル・リカルドが2023年にレースをしないことは「スポーツにとって損失」であると述べた。

「ダニエルは良い印象を与えるし、よく笑うけど、最終的には笑うことではなく、パフォーマンスが重要だ」

「ダニエルは確かに過去にそれらを実現してきたけど、F1では、最後のレースと同じくらい良いというのがルールだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ダニエル・リカルド