レッドブルの2022年09月のF1情報を一覧表示します。

マックス・フェルスタッペン 「特別な思い出がある日本でF1王座を決めたい」

2022年9月30日
マックス・フェルスタッペン 「特別な思い出がある日本でF1王座を決めたい」
マックス フェルスタッペンは、今週末のシンガポールグランプリでF1ワールド チャンピオンシップを獲得するのは「少し非現実的」だと考えている。

レッドブル・レーシングのドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、今シーズンの多くを支配した後、2度目のF1ワールドチャンピオンに向けて順調に進んでおり、それを締めくくる最初の機会はマリーナベイ市街地コースで訪れる。

セルジオ・ペレス 「過去数戦を分析して正しい方向に戻るアイデアを得た」

2022年9月30日
セルジオ・ペレス 「過去数戦を分析して正しい方向に戻るアイデアを得た」 / F1シンガポールGP
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が、2022年F1第17戦シンガポールグランプリに向けての意気込みを語った。

シーズン序盤は、チームメイトのマックス・フェルスタッペンよりもRB18を乗りこなしていたセルジオ・ペレスだったが、マシン開発が進むにつれてマシンのフィーリングはペレスから離れていった。

「レッドブルF1がポルシェを拒否したのは正しい決断」とゲルハルト・ベルガー

2022年9月29日
「レッドブルF1がポルシェを拒否したのは正しい決断」とゲルハルト・ベルガー
ポルシェは、2026年にF1に参戦するという以前の計画をあきらめたと伝えられている。

最近、フォルクスワーゲンが所有するポルシェとレッドブル・レーシングとのワークスパートナーシップと50%のバイインをめぐる交渉は決裂した。

ポルシェは、ウィリアムズと思われる別のチームと話をすることに注意を向けたという話もあるが Auto Motor und Sport は、が実際にはポルシェは「F1への意欲を失った」と伝えている。

レッドブルF1首脳 「鈴鹿でタイトルを決めた方がホンダも喜ぶだろう」

2022年9月29日
レッドブルF1首脳 「鈴鹿でタイトルを決めた方がホンダも喜ぶだろう」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、チームは今週末のF1シンガポールGPの荷物のなかにマックス・フェルスタッペンの“ワールドチャンピオン”Tシャツは詰めてはいないと語る。

数字的にマックス・フェルスタッペンは今週末のF1シンガポールGPで2年連続のドライバーズタイトルを獲得できる可能性があるが、それは優勝が必須条件であるのに加えて、ファステストラップを絡めると、ライバルのシャルル・ルクレールが8位もくは9位以下でフィニッシュしなければならない。

マックス・フェルスタッペン 「F1タイトルを計算して安全策をとることはない」

2022年9月29日
マックス・フェルスタッペン 「F1タイトルを計算して安全策をとることはない」
マックス・フェルスタッペンは、2度目のF1ワールドチャンピオンがほぼ手の届くところまで来ているが、残りの6レースでも勝利を目指すと語る。

1週間後の日本の可能性が最も高いが、理論的にマックス・フェルスタッペンは今週末のF1シンガポールGPで2年連続のドライバーズタイトルを獲得できる可能性がある。

レッドブルF1代表 「アウディの参戦はF1にとって重要なこと」

2022年9月28日
レッドブルF1代表 「アウディの参戦はF1にとって重要なこと」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2026年にF1パワーユニットサプライヤーとして参戦を開始するアウディを歓迎し、ドイツのメーカーが2026年にエントリーすることがスポーツにとって「重要」であると述べた。

アウディは、先月のF1ベルギーGPで、2026年の新しいF1レギュレーションに合わせてパワーユニットを生産する計画を発表。どのチームと組むかは「年末までに」決定されると付け加えた。

メルセデスF1代表 「アウディへの人材流出は避けられない」

2022年9月28日
メルセデスF1代表 「アウディへの人材流出は避けられない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、メルセデスの従業員が2026年からF1に参戦するアウディに移籍する可能性があることは「疑いの余地はない」と認める。

メルセデスはここ数か月で、AMG ハイパフォーマンス パワートレイン部門の多くの主要なチームメンバーをレッドブルに引き抜かれた。その中にはベン・ホジキンソンとフィル・プレウなどが含まれる。

角田裕毅 「ヘルムート・マルコがいなければF1ドライバーになれなかった」

2022年9月28日
角田裕毅 「ヘルムート・マルコがいなければF1ドライバーになれなかった」
角田裕毅は、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコとは、F1キャリアにおいて重要な人物だったとその関係について指摘。また、日本でのホームレースを非常に楽しみにしていると語った。

ヘルムート・マルコから、愛情を込めて『Yuki, our little Japanese』と定期的に呼ばれていることについて質問された角田裕毅は「彼のことはボスとしてだけでなく、友人でありメンターだと思っています」とMotorsport-Totalに語った。

ランド・ノリス 「マックス・フェルスタッペンはF1史上最速のドライバー」

2022年9月28日
ランド・ノリス 「マックス・フェルスタッペンはF1史上最速のドライバー」
ランド・ノリスは、仲間のF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンを高く評価しており、F1に参加したなかで「最も才能のあるドライバーの1人」であると主張している。

マックス・フェルスタッペンは今年2度目のF1タイトル獲得に向けて順調に進んでおり、早ければ今週末のF1シンガポールGPでそのタイトルを獲得する可能性がある。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 12 | 13 | 14 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム