マックス・フェルスタッペン 「F1タイトルを計算して安全策をとることはない」
マックス・フェルスタッペンは、2度目のF1ワールドチャンピオンがほぼ手の届くところまで来ているが、残りの6レースでも勝利を目指すと語る。

1週間後の日本の可能性が最も高いが、理論的にマックス・フェルスタッペンは今週末のF1シンガポールGPで2年連続のドライバーズタイトルを獲得できる可能性がある。

マックス・フェルスタッペンが優勝とファステストラップを記録して最大ポイントを獲得した場合、セルジオ・ペレスが4位以下、シャルル・ルクレールが8位以下でタイトルが確定する。

だが、マックス・フェルスタッペンは、ポイントを計算してレースに臨むことはないと断言する。

「これは前にも言っているし、チームの誰もがそう思っていると思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕たちはもっとレースに勝ちたい。『安全策をとって2位でも3位でも満足だ』とは言えない。僕たちは他のチームを勝たせたくない」

「そんなことを考え始めると、間違いを犯すことになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1シンガポールGP