レッドブルF1代表 「アウディの参戦はF1にとって重要なこと」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2026年にF1パワーユニットサプライヤーとして参戦を開始するアウディを歓迎し、ドイツのメーカーが2026年にエントリーすることがスポーツにとって「重要」であると述べた。

アウディは、先月のF1ベルギーGPで、2026年の新しいF1レギュレーションに合わせてパワーユニットを生産する計画を発表。どのチームと組むかは「年末までに」決定されると付け加えた。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アウディの参戦とF1の継続的な成長について「新しいメーカーが登場し、F1に新たな関心が寄せられていることは素晴らしいことだと思う」とコメント。

「本当に一流のブランドであるアウディの発表は明らかに重要なものであり、メーカーがF1への再参入を目指していることは、スポーツがどこにあるのか、つまりスポーツの人気を証明するものだ」

アウディのコミットメントは、2026年のF1パワーユニットレギュレーションの発表後に行われた。これは、ニューカマーがF1に参入し、最初から競争力を持つことをより魅力的にすることを目的としている。

2026年の次世代F1パワー ユニットは、現在の V6内燃エンジンアーキテクチャを維持しながら、増加した電力と 100%持続可能な燃料を備えている。これらは両方とも、アウディの意思決定プロセスにおける重要な要素だった。

「もちろん、レギュレーションは重要な側面を担ってきた。ニューカマーが競争力を発揮できる能力は、これらのレギュレーションの導入の基本だ」とクリスチャン・ホーナーは認めた。

「アウディが参戦を発表したことは素晴らしいことであり、明らかに将来に関心を示している他の人たちがいるので、これらはF1にとってエキサイティングな時期であり、2026年に彼らがグリッドに並ぶのを楽しみにしている」

最近、レッドブルとポルシェとのパートナーシップが実現しないことが確認されたが、ポルシェは、2026年のF1エンジンレギュレーションは依然として「魅力的な環境」であると主張している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アウディ