マックス・フェルスタッペン 「特別な思い出がある日本でF1王座を決めたい」
マックス フェルスタッペンは、今週末のシンガポールグランプリでF1ワールド チャンピオンシップを獲得するのは「少し非現実的」だと考えている。

レッドブル・レーシングのドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、今シーズンの多くを支配した後、2度目のF1ワールドチャンピオンに向けて順調に進んでおり、それを締めくくる最初の機会はマリーナベイ市街地コースで訪れる。

しかし、タイトルを獲得するためには残りの候補であるセルジオ・ペレスとシャルル・ルクレールが大きくポイントを落とす必要があるため、マックス・フェルスタッペンはシンガポールで王冠を獲得することを期待していない。

「僕は勝つ必要があるし、チェコが4位以下、シャルルが8位以下でフィニッシュする必要がある」とマックス・フェルスタッペンは木曜日に語った。

「それが起こるのは少し非現実的だ。なので特に考えていない」

「そうなる見込みはかなり低いし、週末を楽しみたいと思っている。もちろん、勝利を目指すけどね」

今週末、マックス・フェルスタッペンのタイトル獲得の可能性について多くの期待が寄せられているが、フェルスタッペンは実際には来週末の日本での優勝を望んでいると語る。

F1が新型コロナウイルスのパンデミック以来初めて3年ぶりに日本に戻ることになり、ホンダの本拠地での勝利はそれ以上の意味を持つ。

「日本の方がいいと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「あそこに戻れることに本当に興奮している。久しぶりだからね。素晴らしいトラックだ。とにかく僕にとってはとても特別な思い出がある」

「初めてF1カーを運転したのはあそこでのFP1だったし、そのことはずっと覚えている。それに加えて、ホンダとのホームGPのようなものだしね」

「それにタイトルを獲得する最初の本格的な機会になると思う。もちろん、今はシンガポールが楽しみにしている。でも、来週末もとても楽しみだ」

マックス・フェルスタッペンは、チャンピオンシップ争いが早期に終了することは、シーズンのストレスを軽減する上で歓迎されるだろうが、フェラーリが今年もっと戦いを繰り広げてくれればよかったと思っているとを認める。

シャルル・ルクレールは好調なスタートを切り、最初の3 レースで2勝を挙げ、オーストラリアグランプリ後の順位で 34 ポイントのアドバンテージを獲得していた。

しかし、信頼性の低さ、戦略の誤り、ドライビングのミスが相まって、シャルル・ルクレールとフェラーリのキャンペーンは頓挫し、マックス・フェルスタッペンが大きく引き離す道を開いた。

マックス・フェルスタッペンは、フェラーリがボールを落とさなかったらよかったと思うかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「そこには2つの側面がある。ある意味で彼らがまだ戦いに参加していることを望んでいる部分もあるかもしれない」とコメント。

「でも、もちろん、僕サイドからすれば、もっと落ち着いて勝てるのもうれしい。でも、ここ数年に比べて今年は非常に競争力があることはすでに良いことだと思うし、それこそがF1が必要としていたことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1シンガポールGP / F1日本GP