「レッドブルF1がポルシェを拒否したのは正しい決断」とゲルハルト・ベルガー
ポルシェは、2026年にF1に参戦するという以前の計画をあきらめたと伝えられている。

最近、フォルクスワーゲンが所有するポルシェとレッドブル・レーシングとのワークスパートナーシップと50%のバイインをめぐる交渉は決裂した。

ポルシェは、ウィリアムズと思われる別のチームと話をすることに注意を向けたという話もあるが Auto Motor und Sport は、が実際にはポルシェは「F1への意欲を失った」と伝えている。

現在、新しいメーカーは来年6月までに2027年シーズンに登録する必要があり、特派員のマイケル・シュミットは、ヒョンデ(旧ヒュンダイ)とフォードが興味を持っている可能性があると語っている。

レッドブルとポルシェの話し合いが決裂したことについて質問されたF1レジェンドのゲルハルト・ベルガーは「通常、結婚はした後にはるかに複雑になるので、結婚する前に一歩下がったほうがよい」と語った。

「まるで人生のようだ」とレッドブルにゲルハルト・ベルガーはAPA通信社に語った。

「友人として会い、彼女と数回出かけ、一緒にいたくないことに気づく」

ベルガルト・ベルガーは、ポルシェとの契約が現在の支配的なF1チームから競争力を奪うだけではないかというレッドブルの考えは正しかったと語る。

「レッドブルは、意思決定プロセスが短く、問題に直接アクセスできるため、意思決定が行われるテーブルが他の関係者との関係ではるかに大きくなると、はるかに複雑になることを理解していたと思う」とゲルハルト・ベルガーは語った。

また、ゲルハルト・ベルガーは、レッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツが健康問題に取り組んでいるという噂の中で、レッドブルがマテシッツ時代を超えた未来を見据えるためにこの取引を必要としたという主張を却下した。

「F1は短期的なものだ」とゲルハルト・ベルガーは主張した。

「迅速に対応できなければならず、最高の人材が必要であり、レッドブルはすでにそれを持っている」

ゲルハルト・ベルガーは、レッドブルが独自のF1エンジン部門でそれを単独で実行できると考えている。

「彼らは、巧妙な方法でできることを証明してきた」とゲルハルト・ベルガーは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ポルシェ