レッドブルF1首脳 「鈴鹿でタイトルを決めた方がホンダも喜ぶだろう」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、チームは今週末のF1シンガポールGPの荷物のなかにマックス・フェルスタッペンの“ワールドチャンピオン”Tシャツは詰めてはいないと語る。

数字的にマックス・フェルスタッペンは今週末のF1シンガポールGPで2年連続のドライバーズタイトルを獲得できる可能性があるが、それは優勝が必須条件であるのに加えて、ファステストラップを絡めると、ライバルのシャルル・ルクレールが8位もくは9位以下でフィニッシュしなければならない。

「いいや、まだ期待できない」とヘルムート・マルコはOsterreichに語った。

「マックスは勝たなければならず、ルクレールは大きく遅れを取らなければならない。その可能性は低い」

実際、ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンが1週間後に日本で連覇を達成できた方が実際にはもっと幸せになるだろうと語った。

「そうなる可能性が高いし、そうすればエンジンパートナーのホンダも喜ぶだろう」とヘルムート・マルコは微笑んだ。

また、オーストリアの放送局 ORF には「だが、一般的に言えば、マックスがワールドチャンピオンになると想定することができる。いつであるかの問題だけだ」とコメント。

「昨年と比べて、信じられないほど楽しい気分だ。マックスも2021年にルイス・ハミルトンとの過去6~8レースを繰り返すことは望んでいないと述べていた」

「昨年に比べて、信じられないほど快適なフィーリングです。マックスはまた、2021年にルイス・ハミルトンとの過去6~8レースを繰り返すことは望んでいないと述べた.

だが、シーズン序盤は、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールの戦いは決着がつくように見えた。

「3レースを終えた後、我々は46ポイント遅れていた」とヘルムート・マルコは語った。

「これは主に、オーバーウェイトのマシンが原因だった」

「最初の失敗は軽量化が原因でした。2つ目は、余分な重量が原因で、最初に車がフロントアクスルを押し上げたことが原因だった」
「その後、1レースあたり約2~3 キロの減量プログラムを次々と導入した。大胆な開発プログラムもあった」

一部のインサイダーは、マックス・フェルスタッペンのチームメイトであるセルジオ・ペレスが追いつくのに苦労している理由は、2022年マシンの開発方向性にあると考えている。

その件について、ヘルムート・マルコは「改善は主にマシンのフロントエンドに関するものだった。 マックスは本当にフロントが食いつく車を必要としている。リアで何が起こるかは、彼にはあまり興味がない」と説明。

「フェラーリが技術的な問題やドライビングミスを抱えている間に我々の車はどんどん良くなり、時間の経過とともに赤字は私たちにとって快適なリードになった」

金曜日に25歳になるマックス・フェルスタッペンはは、2028年までレッドブルと契約を結んでおり、長期的な支配を築く可能性があり、フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを破り、8回のドライバーズ・タイトルという完全な史上最多記録を達成するかもしれないと考える人さえいる。

それについて質問されたヘルムート・マルコは「このようなシーズンが繰り返されることはほぼないだろう」とコメント。

「来年、メルセデスが競争力のあるクルマを投入すれば、状況はさらに難しくなるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1日本GP / マックス・フェルスタッペン