ピエール・ガスリー、F1イモラ中止でレース出場停止のリスクは軽減

2023年5月20日
ピエール・ガスリー、F1イモラ中止でレース出場停止のリスクは軽減
ピエール・ガスリーにとって、F1エミリア・ロマーニャGPの中止は、イタリア北部を襲った洪水による惨状を考えると、ほとんど慰めにはならないだろう。しかし、アルピーヌF1チームのドライバーにとって、イモラでのレースが中止されたことで、ある種の明るい兆しが見えてきた。

昨年、アルファタウリでの最後のキャンペーン中に、ガスリーはスーパーライセンスのペナルティポイントを10ポイント獲得し、2023年のF1シーズン開幕時に自動的に1レースの出場停止処分を受けるまであと2ポイントとなった。

ピエール・ガスリー 「2023年F1シーズンが退屈と決めつけるのは不公平」

2023年5月16日
ピエール・ガスリー 「2023年F1シーズンが退屈と決めつけるのは不公平」
アルピーヌF1チームのピエール・ガスリーは、2023年F1シーズンを退屈だと決めつけるのは不公平だと考えており、F1のスペクタルのレベルを評価するためにはもう少し時間が必要だと主張している。

昨年、ほとんどのドライバーは、F1の新しい技術レギュレーションが、サーキットでのスペクタクルを高めるという目的を達成したと感じていた。

ピエール・ガスリー、アルピーヌF1チームの成績は「全員が失望している」

2023年5月12日
ピエール・ガスリー、アルピーヌF1チームの成績は「全員が失望している」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームの他のメンバー同様、今季のチームの成績に失望を禁じ得ないと語った。

先週末のF1マイアミGPを前に、アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシはフランスの放送局Canal+のインタビューに応じ、アルピーヌF1チームを公然と非難した。

ピエール・ガスリー、F1マイアミGPでのダブル入賞は「チーム全員の功績」

2023年5月8日
ピエール・ガスリー、F1マイアミGPでのダブル入賞は「チーム全員の功績」
ピエール・ガスリーは、2023年F1マイアミGPでのアルピーヌF1チームのダブル入賞を「チーム全員の功績」だと称えた。

ガスリーは5番手から好スタートを切り、ターン1で4番手に浮上。今シーズンは全レースで1周目の順位を上げており、エステバン・オコンもトップ10をキープした。ガスリーはミディアム-ハード作戦で、フェラーリのルクレール、メルセデスのハミルトンを抑えようとしたが、惜しくも終盤で前方の2台の前に出ることはできなかった。

ガスリー 「アルピーヌF1にとってマイアミGPで立ち直ることが重要」

2023年5月8日
ピエール・ガスリー 「アルピーヌF1にとってマイアミGPで立ち直ることが重要」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームが連続してポイントを逃したグランプリの後、マイアミGPで「立ち直る」ことが「重要」だと語った。

アルピーヌF1チームは、オーストラリアGP以降、メルボルンではガスリーとチームメイトのエステバン・オコンが接触、アゼルバイジャンではスプリントとメインレースでポイント獲得圏内に入ることができず、苦しい戦いが続いている。

ピエール・ガスリー 「F1はDRSゾーンを短縮するのをやめるべき」

2023年5月5日
ピエール・ガスリー 「F1はDRSゾーンを短縮するのをやめるべき」
アルピーヌF1チームのピエール・ガスリーは、フィールドでより多くのレースアクションを見るために、F1はDRSゾーンの長さを短くすることをやめるべきだと語る。

先週末のバクーでは、F1ドライバーたちがレース後にDRSゾーンの短縮について不満を漏らし、そのせいでオーバーテイクが行われなかったと非難した。

アルピーヌF1、オコンのピットレーンスタートは「プランクの摩耗を懸念」

2023年5月2日
アルピーヌF1、オコンのピットレーンスタートは「プランクの摩耗を懸念」
アルピーヌF1チームは、アゼルバイジャンGPに持ち込んだ新フロア「オーバーパフォーム」と語るが、それを生かすことはできなかった。

バクー・シティ・サーキットで、アルピーヌF1チームは厳しい週末を過ごし、2大会連続で両ドライバーともポイントを獲得することができなかった。

ピエール・ガスリー、マシン炎上とクラッシュで「かなりタフな一日」

2023年4月29日
アルピーヌF1のピエール・ガスリー、マシン炎上とクラッシュで「かなりタフな一日」
アルピーヌF1チームのピエール・ガスリーにとって、予選Q1でバリアに衝突したバクーでの金曜日は忘れられないものになった。だが、この結果に悔しさをにじませながらも、アゼルバイジャンGPの週末の次の2日間では「良いサプライズ」を起こすことを目標に掲げた。

ガスリーの金曜日は、週末唯一のプラクティスセッションの早い段階で油圧系の問題でマシンの後部が炎上し、コース上で停止せざるを得ないという耐え難い形で始まった。

ピエール・ガスリー 「アルピーヌF1チームとの走行毎に小さな発見」

2023年4月27日
ピエール・ガスリー 「アルピーヌF1チームとの走行毎に小さな発見」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームへの適応が進む中、走るたびにアルピーヌ A523を理解し続けていると語る。

ガスリーは、これまでのF1キャリアの大半をアルファタウリ/トロロッソで過ごした後、2023年からアルピーヌに加入。バーレーンとサウジアラビアで連続して9位入賞を果たし、オーストラリアではチームメイトのエステバン・オコンと接触するまでトップ5内を走行していた。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム