ピエール・ガスリー 「F1はDRSゾーンを短縮するのをやめるべき」

2023年5月5日
ピエール・ガスリー 「F1はDRSゾーンを短縮するのをやめるべき」
アルピーヌF1チームのピエール・ガスリーは、フィールドでより多くのレースアクションを見るために、F1はDRSゾーンの長さを短くすることをやめるべきだと語る。

先週末のバクーでは、F1ドライバーたちがレース後にDRSゾーンの短縮について不満を漏らし、そのせいでオーバーテイクが行われなかったと非難した。

アルピーヌF1、オコンのピットレーンスタートは「プランクの摩耗を懸念」

2023年5月2日
アルピーヌF1、オコンのピットレーンスタートは「プランクの摩耗を懸念」
アルピーヌF1チームは、アゼルバイジャンGPに持ち込んだ新フロア「オーバーパフォーム」と語るが、それを生かすことはできなかった。

バクー・シティ・サーキットで、アルピーヌF1チームは厳しい週末を過ごし、2大会連続で両ドライバーともポイントを獲得することができなかった。

ピエール・ガスリー、マシン炎上とクラッシュで「かなりタフな一日」

2023年4月29日
アルピーヌF1のピエール・ガスリー、マシン炎上とクラッシュで「かなりタフな一日」
アルピーヌF1チームのピエール・ガスリーにとって、予選Q1でバリアに衝突したバクーでの金曜日は忘れられないものになった。だが、この結果に悔しさをにじませながらも、アゼルバイジャンGPの週末の次の2日間では「良いサプライズ」を起こすことを目標に掲げた。

ガスリーの金曜日は、週末唯一のプラクティスセッションの早い段階で油圧系の問題でマシンの後部が炎上し、コース上で停止せざるを得ないという耐え難い形で始まった。

ピエール・ガスリー 「アルピーヌF1チームとの走行毎に小さな発見」

2023年4月27日
ピエール・ガスリー 「アルピーヌF1チームとの走行毎に小さな発見」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームへの適応が進む中、走るたびにアルピーヌ A523を理解し続けていると語る。

ガスリーは、これまでのF1キャリアの大半をアルファタウリ/トロロッソで過ごした後、2023年からアルピーヌに加入。バーレーンとサウジアラビアで連続して9位入賞を果たし、オーストラリアではチームメイトのエステバン・オコンと接触するまでトップ5内を走行していた。

角田裕毅 「ガスリーは“兄弟”でデ・フリースは“良い友達”」

2023年4月26日
角田裕毅 「ガスリーは“兄弟”でデ・フリースは“良い友達”」
スクーデリア・アルファタウリのF1ドライバーである角田裕毅は、元チームメイトのピエール・ガスリーや現在の相棒であるニック・デ・フリースとの関係を比較対照した。

22歳の角田裕毅は、2021年のF1バーレーンGPでスクーデリア・アルファタウリからF1デビューし、2シーズンの間にピエール・ガスリーと緊密な絆を築き上げた。

シャルル・ルクレール、F1の“親友”ピエール・ガスリーとテニス観戦

2023年4月18日
シャルル・ルクレール、F1の“親友”ピエール・ガスリーとテニス観戦
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、ピエール・ガスリーをF1グリッドの親友として指名し、「春休み」のダウンタイムを楽しんだ。

ルクレールとガスリーは、モンテカルロ・マスターズ・テニストーナメントに一緒に参加した。

「実は親友のピエール・ガスリーと一緒なんだ」とルクレールは語った。

ピエール・ガスリー 「アルピーヌF1チームは大幅なゲインを得る」

2023年4月13日
ピエール・ガスリー 「アルピーヌF1チームは大幅なゲインを得る」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームが計画したアップグレードによって、2023年F1シーズンを通して大幅なゲインを得ることができると確信していると語る。

昨年、アルピーヌF1チームは、大規模なアップグレードパッケージを数ラウンドに分けて導入するのではなく、レースウィークエンドの間に小さなアップデートを定期的に導入するプロセスを採用した。

ピエール・ガスリー、アルピーヌF1チームにもう少しの適応時間を求める

2023年4月12日
ピエール・ガスリー、アルピーヌF1チームにもう少しの適応時間を求める
ピエール・ガスリーは、2023年のF1シーズンに向けてチームに移籍した後、アルピーヌF1チームに適応してスピードを向上させるためにより多くの時間を求めました。

2022年のドライバー市場の“シリーシーズン”の一環として、アストンマーティンに移籍したフェルナンド・アロンソの後任として、ガスリーはアルファタウリからアルピーヌF1チームに乗り換え、レッドブルを去った。

アルピーヌF1チーム、同士討ちでノーポイントの不運もポジティブな週末

2023年4月4日
アルピーヌF1チーム、同士討ちでノーポイントの不運もポジティブな週末
アルピーヌF1チームは、2023年F1オースオラリアGPの決勝で、ピエール・ガスリー、エステバン・オコンともにリタイアでレースを終えた。

アルピーヌF1チームはメルボルンで不運に見舞われた。ガスリーは5位をキープし、フェラーリのサインツとアロンソのアストンマーチンを引き離し、ストロールの後ろにもついていくという素晴らしいレース運びを披露した。オコンは10位まで順位を上げ、ポイント獲得は確実と思われた。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム