F1チーム、ピエール・ガスリーのペナルティポイント削除の試みを阻止

2023年3月28日
F1チーム、ピエール・ガスリーのペナルティポイント削除の試みを阻止
アルピーヌF1チームは、ピエール・ガスリーのペナルティポイントの一部を一掃する試みが、F1のライバルチームのご都合主義によって頓挫したことを明らかにした。

ガスリーは昨年、レース出場禁止になるまでの制限にわずか2ポイント足りない10ポイントを獲得し、F1ドライバーのペナルティポイント制度が注目されるようになった。

アルピーヌF1チーム、ガスリーとオコンのダブル入賞で6ポイントを加算

2023年3月21日
アルピーヌF1チーム、ガスリーとオコンのダブル入賞で6ポイントを加算
アルピーヌF1チームは、2023年F1サウジアラビアGPの決勝で、エステバン・オコンが8位、ピエール・ガスリーが9位でフィニッシュした。

ガスリーはスタートで接触してしまったものの、フランス人デュオにとっては比較的ストレートなレース展開だった。セーフティカーが導入された後のピットストップで角田裕毅に抜かれたが、すぐに抜き返した。

アルピーヌF1チーム 「セットアップの方向性は見えてきた」

2023年3月18日
アルピーヌF1チーム 「セットアップの方向性は見えてきた」
アルピーヌF1チームは、2023年F1サウジアラビアGP初日のフリー走行で、エステバン・オコンが4番手、ピエール・ガスリーが6番手だった。

ガスリーは何度かコースをはみ出してダストを巻き上げたが、アルピーヌにとっては良い1日だった。ガスリーはFP1でチームメイトに差をつけ、オコンは夕方のセッションでその差に応えた。ただし、オコンの4番手はライバルたちよりも燃料が少なかったためと見られている。

アルピーヌF1のピエール・ガスリー 「良いスタート。もっと引き出せる」

2023年3月18日
アルピーヌF1のピエール・ガスリー 「良いスタート。もっと引き出せる」
ピエール・ガスリーは、F1サウジアラビアGP初日のフリー走行で好調な走りを見せた後、今週末はアルピーヌF1チームのマシンからもっと多くのことを期待できることを確信している。

ガスリーはFP1で8番手と好ペースを見せ、FP2の予選シミュレーションでは6番手につけた。ガスリーは、アルピーヌF1チームのパフォーマンスに「かなり満足している」としながらも、週末に向けてさらなる向上を目指している。

レッドブルF1代表 「ガスリーとアルボンの起用は彼らに不公平だった」

2023年3月12日
レッドブルF1代表 「ガスリーとアルボンの起用は彼らに不公平だった」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームがピエール・ガスリーとアレックス・アルボンに対して不公平だったことを認める。

レッドブルは、2018年シーズン終了後にダニエル・リカルドがチームを去ると、マックス・フェルスタッペンの相棒となるドライバーをなかなか決められなくなった。彼らはまずピエール・ガスリーにチャンスを与えたが、このフランス人はシーズン途中で姉妹チームのトロロッソ(現アルファタウリ)に降格された。

ガスリー 「アルピーヌF1のレースペースなら入賞できると確信していた」

2023年3月8日
ピエール・ガスリー 「アルピーヌF1のレースペースなら入賞できると確信していた」
ピエール・ガスリーは、バーレーンGPを最後尾からスタートしたが、アルピーヌF1チームのマシンのレースペースによってトップ10に入ることができると確信していたと語る。

今年からアルピーヌF1チームに加入したピエール・ガスリーは、予選で好成績を収め、日曜日のサヒールでも堅実な走りを見せて、新しいチームでのデビューを祝おうという意気込みだった。

アルピーヌF1チーム 「ガスリーは最後尾から入賞の素晴らしいデビュー」

2023年3月7日
アルピーヌF1チーム 「ガスリーは最後尾から入賞の素晴らしいデビュー」
アルピーヌF1チームは、2023年F1バーレーンGPの決勝で、ピエール・ガスリーが9位入賞、エステバン・オコンはリタイアに終わった。

ガスリーは、最後尾スタートから見事なドライブでポイント圏内まで浮上した。アンダーカットをうまく利用し、8位のボッタスに1秒差まで迫った。しかし、チームメイトのオコンはそれに比べてひどい目にあった。

ピエール・ガスリー 「アルピーヌF1デビューを飾るにふさわしいレース」

2023年3月6日
ピエール・ガスリー 「アルピーヌF1デビューを飾るにふさわしいレース」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームとのデビュー戦となる2023年F1バーレーンGPで9位入賞を果たした。

20番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、クリーンなスタートで序盤に2つほどポジションを上げる。9周目に最初のピットインを行い、新品のハードを装着してトップ10を目指した。

アルピーヌF1チーム 「良いポイントを獲得できない理由はない」

2023年3月5日
アルピーヌF1チーム 「良いポイントを獲得できない理由はない」
アルピーヌF1チームは、2023年F1バーレーンGPの予選で、エステバン・オコンが9番手、ピエール・ガスリーが20番手だった。

ピエール・ガスリーにとって夢のようなスタートとはいかず、Q1で敗退。17番手タイムしか出せず、さらにスチュワードからトラックリミットを超えていると判断され、20番手まで後退した。しかし、エステバン・オコンはその経験を生かしてトップ10入りを果たし、ミッドフィールドの2台のうちの1台となった。
«Prev || ... 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム