ピエール・ガスリー、初走行のアルピーヌF1 A523は「とてもいい感触」

2023年2月16日
ピエール・ガスリー、初走行のアルピーヌF1 A523は「とてもいい感触」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームの2023年F1マシン『A523』の第一印象は「非常に良い」と語る。

アルピーヌF1チームは、2月16日(木)に2023年F1マシン『A523』の発表に先駆けて、フィルミングデーを利用してシルバーストンでシェイクダウンを実施。100kmの走行を行った。

ピエール・ガスリーの交際相手のInstgramをF1ファンが凍結に追い込む

2023年2月13日
ピエール・ガスリーの交際相手のInstgramをF1ファンが凍結に追い込む
他のスポーツ選手と同様、F1ドライバーにも熱狂的なファンがいる。しかし、時にはそのような行動が手に負えなくなり、アイドルを傷つけてしまうことがある。

最近、ピエール・ガスリーが恋人のフランシスカ・“キカ”・ゴメスと写真を撮られたとき、まさにそのような目に遭った。

アルファタウリF1 「ガスリーはすぐにアルピーヌで主導的な役割を担う」

2023年2月3日
アルファタウリF1 「ガスリーはすぐにアルピーヌで主導的な役割を担う」
スクーデリア・アルファタウリの開発責任者であるジョナサン・エドルズは、ピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームに統合される際に何らかの問題に直面することはないと考えている。The Raceの取材に応じたエドルズは、元ドライバーが新チームですぐに主役の座を獲得できると確信していると語った。

ピエール・ガスリーのF1での時間は試行錯誤の連続だった。わずか1シーズンでマックス・フェルスタッペンのいるレッドブル・レーシングのセカンドシートに昇格した。

ピエール・ガスリー 「レッドブルF1移籍時とは考え方が全く異なる」

2023年2月1日
アルピーヌF1加入のピエール・ガスリー 「レッドブルF1移籍時とは考え方が全く異なる」
ピエール・ガスリーは、2019年のレッドブルでの失敗から得た教訓により、アルピーヌF1チーム移籍に向けて「まったく違う」考え方を持っていると語る。

2017年にF1デビューを果たしたピエール・ガスリーは、キャリアの大半をレッドブルの姉妹チームであるアルファタウリとその前身であるトロロッソで過ごした後、2023年からアルピーヌF1チームに加入した。

ピエール・ガスリー 「コロナディレイが肉体改造のきっかけになった」

2023年1月31日
アルピーヌF1のピエール・ガスリー 「コロナディレイが肉体改造のきっかけになった」
ピエール・ガスリーは、2022年のコロナディレイがに肉体改造のきっかけになったと語り、それ以来、冬の間に「獣のよう」にトレーニングをしていると語る。

コース上ではコンマ1秒を争うF1だが、コース外ではその数ヶ月前に、貴重なトレーニング時間やリラックスしてリセットする貴重な機会を得ることができる。今年、アルピーヌF1チームに移籍したピエール・ガスリーも、その時間を最大限に活用している。

アルファタウリF1代表 「契約を解除しなければガスリーは終わっていた」

2023年1月28日
アルファタウリF1代表 「契約を解除しなければガスリーは終わっていた」
ピエール・ガスリーのアルピーヌF1チームへの移籍は、彼の残りのF1キャリアを定義する可能性がある。元ボスであるアルファタウリF1のチーム代表フランツ・トストは、レッドブルが放出を拒否していたら、ガスリーには未来がなかったかもしれないと考えている。

F1の劇的なドライバー市場のねじれの結果、最終的にアルピーヌF1チームがレッドブルに支払い、2023年のアルファタウリF1との契約からピエール・ガスリーを解放し、代わりにルノーのワークスチームに参加できるようにしたとき、ガスリーの感謝の気持ちは明白だった。

ピエール・ガスリー 「ユベールのためにもアルピーヌF1で成功したい」

2023年1月26日
ピエール・ガスリー 「ユベールのためにもアルピーヌF1で成功したい」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームと共にF1で成功を収めることが、亡き友人であるアントワーヌ・ユベールに敬意を表すための「素晴らしい」方法になると考えている。

アントワーヌ・ユベールは、2018年にGP3のタイトルを獲得した後、翌年にFIA-F22にステップアップ。ルノーF1の若手ドライバープログラム(現在はアルピーヌ・アカデミーに改名)の有力な才能だった。

F1:ピエール・ガスリー、新恋人の20歳の誕生日に熱い抱擁

2023年1月23日
F1:ピエール・ガスリー、新恋人の20歳の誕生日に熱い抱擁
アルピーヌF1のピエール・ガスリーは、1月23日(月)に恋人フランシスカ(キカ)・セルケイラ・ゴメスの20歳の誕生日のパーティーで熱い抱擁をパパラッチされた。

ピエール・ガスリー(26歳)は、昨年12月にポルトガル人モデルであるキカ・セルケイラ・ゴメスとの交際を公にしており、恋愛はますます真剣になっているようだ。

アルピーヌF1で燻る「最高のフランス人ドライバーを巡るエゴの戦い」

2023年1月22日
アルピーヌF1で燻る「最高のフランス人ドライバーを巡るエゴの戦い」
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、アルピーヌF1チームの2023年のまったく新しいドライバーラインナップについて警告を送り、花火につながる可能性があると予測した。

アルピーヌF1チームは、 2023年にフェルナンド アロンソの後任としてピエール・ガスリーと契約。チームはエステバン・オコンとガスリーという“オールフレンチ”のドライバーラインナップが編成された。
«Prev || ... 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム