ウィリアムズF1代表 「アルボンとラティフィはまったく同等に扱われる」

2021年12月30日
ウィリアムズF1代表 「アルボンとラティフィはまったく同等に扱われる」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、2022年にアレクサンダー・アルボンとニコラス・ラティフィは、同等に扱われると語る。

1年間、リザーブドライバーとしてレースを離れていたアレクサンダー・アルボンだが、2022年はレッドブルを離れ、メルセデスF1に移籍したジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズでF1復帰を果たす。

ニコラス・ラティフィ、F1アブダビGPのクラッシュで「殺害の脅迫を受けた」

2021年12月22日
ニコラス・ラティフィ、F1アブダビGPのクラッシュで「殺害の脅迫を受けた」
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、結果的に2021年のF1ワールドチャンピオンを決定するセーフティカー導入のきっかけとなったクラッシュについて、ソーシャルメディアで多くの誹謗中傷を受けたことを明かし、経験を公表することで受け手側の人々をサポートするために行動したいと語った。

ニコラス・ラティフィは、2021年最終戦F1アブダビGPの残り6周でクラッシュしたことで、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンのタイトル争いに図らずも影響を与えることになった。

マックス・フェルスタッペン、ラティフィに助言「スマホの電源は切ろう」

2021年12月19日
F1:マックス・フェルスタッペン、ラティフィに助言「スマホの電源は切ろう」
新F1ワールドチャンピオンとなったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)に「スマホの電源を切る」ようアドバイスした。

最終戦F1アブダビGPの残り6周目に物議を醸すセーフティカーのきっかけとなるクラッシュを喫したニコラス・ラティフィ。

レッドブルF1代表 「ニコラス・ラティフィには一生分のレッドブルが提供される」

2021年12月14日
レッドブルF1代表 「ニコラス・ラティフィには一生分のレッドブルが提供される」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのF1ワールドチャンピオン獲得の寄与するセーフティカーを引き起こしたニコラス・ラティフィに“一生分のレッドブルを提供”すると冗談交じりに語った。

F1アブダビGPは、ルイス・ハミルトンが優勝とF1ワールドチャンピオンの両方を獲得するために順調に進んでいるように見えた。しかし、ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィが残り6周でターン14でクラッシュを喫したことでセーフティカーが展開されたことで状況は一変した。

ニコラス・ラティフィ 「フィーリングを改善するためにやれることはある」

2021年10月23日
ニコラス・ラティフィ 「フィーリングを改善するためにやれることはある」 ウィリアムズ F1アメリカGP 金曜フリー走行
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2021年F1アメリカGPの金曜フリー走行を18番手で終えた。

「トリッキーな一日だったけど、それでも、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで初めての本格的なラップを重ねるのは本当に楽しかった。ドライブしていて楽しいトラックだ。特にセクター1は楽しいね」とニコラス・ラティフィはコメント。

ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ、PU交換でグリッド降格ペナルティ

2021年9月26日
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ、PU交換でグリッド降格ペナルティ / F1ロシアGP 予選
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、F1ロシアGPの予選前にPUを交換したことで最後尾スタート組みに加わった。だが、エンジンペナルティがなければ、Q3に進出することができたとラティフィは感じている。

ニコラス・ラティフィは、予選Q1をチームメイトのジョージ・ラッセルを上回る10番手タイムで突破。だが、パワーユニット交換によって後方への降格が決定していたため、ウィリアムズはQ2でラティフィを走らせないことを選択した。

ニコラス・ラティフィ、アルボンとのウィリアムズF1での再タッグに興奮

2021年9月19日
ニコラス・ラティフィ、アルボンとのウィリアムズF1での再タッグに興奮
ニコラス・ラティフィは、F2時代にチームメイトだったアレクサンダー・アルボンと2022年にウィリアムズF1で再び仕事をするのを楽しみにしていると語る。

ニコラス・ラティフィとアレクサンダー・アルボンは、2018年にカンポスでチームメイトとしてF2を戦い、2019年にアルボンとトロロッソ(現アルファタウリ)でF1デビュー。ラティフィは2019年にF2をランキング2位で終えた後、1年遅れでウィリアムズでF1デビューを果たした。

【動画】 ニコラス・ラティフィ、間一髪でウサギとの衝突を回避

2021年9月11日
【動画】 ニコラス・ラティフィ、間一髪でウサギとの衝突を回避 / F1イタリアGP 予選
ニコラス・ラティフィは、2021年F1イタリアGPの予選で間一髪でウサギとの衝突を免れた。

20台のマシンでトラフィックが大きな問題となった予選Q1。ニコラス・ラティフィのマシンの前に突然ウサギが飛び出してきた。間一髪で衝突を免れたラティフィは『ウサギがコースを横切ってぶつかりそうだった』と無線で伝えた。

ウィリアムズF1、アレクサンダー・アルボンとの2022年の契約を発表!

2021年9月9日
ウィリアムズF1、アレクサンダー・アルボンとの2022年の契約を発表!ニコラス・ラティフィの残留も決定
ウィリアムズF1は、アレクサンダー・アルボンと2022年のドライバーとして新たに契約を結んだことを発表。同時にニコラス・ラティフィが来季も残留することを発表した。

アレクサンダー・アルボンは、2019年にトロロッソでF1デビューし、シーズン途中にレッドブル・レーシングに昇格して2022年に2回の表彰台を獲得。。2020年末でシートを失ったが、今季はレッドブル・レーシングのテスト兼リザーブドライバーを務めながら、DTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム