ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ 「FW44のカラーリングはコース上で“映える”はず」
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2022年F1マシン『FW44』のカラーリングはコース上で“映える”だろうと語る。

ウィリアムズF1は2月15日(火)に『FW44』の発表イベントを開催。カラーリングは昨年のホワイトをベースにしたものから、ダークブルーに変更になり、チームのもうひとつのイメージカラーであるライトブルーに蛍光レッドのタッチが加えられた。

ニコラス・ラティフィは「新しいカラーリングのファンだ。ブルーを維持することはウィリアムズ・レーシングの代名詞であるため重要だったけど、これは僕たちがこれまでに見たことのないパターンだし、蛍光レッドは本当に気に入っている。トラックで映えるだろうね」とコメント。

「F1の新時代をスタートさせる新鮮な新しい外観だ。バルセロナでのテストにとても興奮している。ステアリングを握り、マシンをプッシュして何ができるかを見てみよう。プレシーズンはいつもかなり長い時間のように感じるけど、本当に忙しく、ファクトリーのみんなのたくさんのハードワークが素晴らしく蓄積されている」

「新しいレギュレーションははるかに良いレースを可能にするはずなので、そのチャレンジに興奮している。最初の数レースに僕たちを連れて行くために、テストからいくつかの良いデータを集めることを目指していく」

発表後にシルバーストンで行われたシェイクダウンで『FW44』を初めて味わったニコラス・ラティフィは、走行前に新しいF1マシンが肉体的および精神的にドライビングがどれほど難しいについて語った。

「実際にマシンを運転するまではちょっと言うのは難しいと思う」とニコラス・ラティフィはコメント。

「たとえば、僕たちが予想していることがある。多くのドライバーから同じことを聞いていると思う。さまざまな理由で少しでバンピーな乗り心地になるだろう。その意味では、運転するのはもう少しフィジカル的でアブレッシブになるかもしれない

「でも、プレシーズンのトレーニングに関しては、それほど大きな変化はなかった。初日は常に完全に粉砕されるものだし、できる限り体調を整えるだけだ」

「非常に楽しみにしている。それがより挑戦であるなら、それは誰にとっても挑戦であり、僕たちにとってはより良い仕事するチャンスだ」

ニコラス・ラティフィは、FW44に精通するだけでなく、来週のバルセロナでの“プレシーズントラックセッション(非公式テスト)”がスムーズに行われることを望んでいる。そうすれば、チームは走行がより本格化したときにマシンの信頼性に自信を持つことができる。

「プレシーズンテストのためにマシンをコースに出すときはいつでも、信頼性が良いことを確認することが最初にやりたいと思うことだし、多くのマイレージを達成できることを願っている」とニコラス・ラティフィは語った。

「バルセロナは、マシンから完全なパフォーマンスを引き出すことにはそれほど焦点を当てないと思う。この新しいマシン、新しいレギュレーションが何を提供しなければならないかを理解することが重要だ」

「空力プラットフォームを理解することは、この新世代のマシンの最大の変化の1つであり、チーム、システム、そしてドライバーの両方にとって、快適になり、自信をビルドアップするために、できるだけ多くのラップを重ねるだけだ」

「バーレーンに着いたら、パフォーマンスにもう少し集中して、限界を押し広げ、週末のレースに備えることができるようになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ