【動画】 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズF1 『FW44』 オンボード映像
ウィリアムズF1は、ニコラス・ラティフィが2022年F1マシン『FW44』でシルバーストン・サーキットを走行したオンボード映像をリリースした。

昨シーズンをランキング8位で終えたウィリアムズF1は、新しいレギュレーションが導入され、すべてのF1チームが白紙の状態からスタートする2022年シーズンが順位を上げるためのチャンスとして生かせることを期待している。

2月15日(火)の発表会ではカラーリングに特化してショーカーを使用したウィリアムズF1だったが、その日の後半にシャルバーストンでFW44の実車を使ったシェイクダウンを実施した。

ウィリアムズF1は、ニコラス・ラティフィがFW44でシルバーストンを周回するオンボード映像を公開。チームはステアリングホイールの上のモノコックにダッシュボードを装着するアプローチを継続している。

昨年、ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、他のチームと同じようにダッシュボードをステアリングホイールに組み込むことを「検討」していたが、「努力する価値はなく、静止している場所ではまったく問題ないと判断した」と語った。

もうひとつの違いはタイヤのサイズだ。2022年にピレリのF1タイヤは13インチから18インチに拡大される。多くのF1ドライバーは新たに追加されたホイールのフローデフレクターとともに、大きなホイールが特定のサーキットで視界の問題をもたらすとの懸念を表明している。

ニコラス・ラティフィのオンボード映像からもドライバーのそういった心配がどこから来ているのかは非常に明白だ。チームメイトのアレクサンダー・アルボンも視界の問題を懸念している。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ / F1動画