ウィリアムズF1、ニコラス・ラティフィのシーズン途中の解雇を否定…しかし、オスカー・ピアストリを高く評価
ウィリアムズF1チームは、2022年シーズン中のニコラス・ラティフィの解雇の噂を否定。ラティフィのシートは「疑問の余地はない」と語った。

2022年シーズンが開幕してから、ミスを多発しているニコラス・ラティフィは、今季アルピーヌF1チームのリザーブドライバーとしてレースを離れているF2チャンピオンのオスカー・ピアストリにシートを奪われると噂されている。

だが、ウィライムズF1チームの代表を務めるヨースト・カピートは「我々の両方のドライバーと契約を結んでおり、それらを尊重している」とSport1に語った。

「ニコラスは土曜日にアレックス(アルボン)よりわずかに遅かっただけだ」

「彼が新しい車に慣れるにはもう少し時間が必要だ」

「しかし、彼には我々の完全なサポートがあり、現在、我々にとってシーズン中にドライバーのペアリングについて変更することに疑問の余地はない」

しかし、元F1ドライバーのマーク・ウェバーが管理するオスカー・ピアストリ(21歳)がウィリアムズF1チームでデビューするという提案は続く可能性が高く、ヨースト・カピートはピアストリがF1シートに値すると感がている。

「彼は来シーズン、F1に出場すると確信している」とヨースト・カピートは語った。

ウィリアムズ・レーシング ニコラス・ラティフィ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ニコラス・ラティフィ