ウィリアムズF1、シーズン途中でニコラス・ラティフィを解雇?
ウィリアムズF1は、ニコラス・ラティフィに満足していないのは明らかであり、彼がもたらす財政的支援にも関わらず、今シーズン中にドライバーを交代する可能性があると元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは語る。

今年、ウィリアムズF1で3シーズン目を迎えたニコラス・ラティフィだが、通算で7ポイントしか獲得できておらず、今年は新加入のアレクサンダー・アルボンが安定した競争力を発揮しているのに対し、ミスやクラッシュが目立っている。

「ウィリアムズの投資家は、車に2人の強力なドライバーを求めている」とラルフ・シューマッハはSky Deutschlandに語った。

「(アレックス)アルボンは素晴らしい仕事をしており、ラティフィとの差は非常に大きい」

ラルフ・シューマッハは、現在のニコラス・ラティフィが“事故”でしか注目を集めていないと語る。したがって、噂されているドライバー交代は、実際には早く起こる可能性があると考えている」

「現在、F1で起こっているエキサイティングなことがたくさんあり、そのうちの1つが今年のドライバーチェンジになる可能性がある」

「(オスカー)ピアストリは完璧な選択だろう。彼がそれに値しないというなら、誰がそれに値するのか?」

今年、アルピーヌF1チームのリザーブドライバーを務めるオーストラリア出身のオスカー・ピアストリは、元F1ドライバーのマーク・ウェバーが管理しており、アルピーヌと確固たる契約を結んでいるが、チームはピアストリを別のチームにローン移籍する準備ができていることを示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ラルフ・シューマッハ / ニコラス・ラティフィ