ニコラス・ラティフィ、ウィリアムズF1での将来に渦巻く噂
ニコラス・ラティフィのウィリアムズF1での将来について噂が渦巻いている。

Sky Sports F1のテッド・クラヴィッツは、ウィリアムズF1がF2チャンピオンのオスカー・ピアストリをローン移籍させるというアルピーヌF1のオファーを検討しているとのパドックの噂を明かしている。

ニコラス・ラティフィの父親はカナダのソフィナ・フーズを所有している大富豪であり、ウィリアムズF1チームに大きな資金をもたらしていることからその可能性は低いとの見方もあるが、2022年シーズンにラティフィは特に厄介なスタートを切っている。

ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピートは、ニコラス・ラティフィの自信が大きな影響を与えていると認める。

「もちろん。それはマインドコントロールのようなものだ」とヨースト・カピートは語った。

「彼は非常に速く走ることができるし、適切な場所にいればアレックス(アルボン)と同じラップタイムで走ることができると確信している。車は昨年よりも運転が少し難しく、トリッキーなので、彼はそこを理解しなければならない」

「彼はチームから完全なサポートを受けており、我々は彼がそこに着くと確信している」

ヨースト・カピートは、ニコラス・ラティフィの自信の問題のいくつかは、2021年の最終戦F1アブダビGPでタイトルを決定づけることになったセーフティカーを出動させたことで責任の多くを負ったことに引き起こされたと考えている。

「昨年、彼に最も影響を与えたのは、ソーシャルメディアへのコメントと誹謗中傷だったと思う」とヨースト・カピートは語った。

「我々は彼の自信を高めようとしている。我々は彼と協力しており、それに関して良くなっていると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ