ラティフィ、接触のストロールに激怒『何をしていたのか分からない』 / F1オーストラリアGP予選
ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選Q1で接触事故を起こしたランス・ストロール(アストンマーティン)に怒りを露わにした。

ニコラス・ラティフィは、最初にランス・ストロールを先に行かせたが、セクター1でストロールは減速して、右側にスペースを開けていた。そのスペースにラティフィが入ると、ストロールは右にステアリングを切って両者はクラッシュ。ラティフィのマシンは大きなダメージを負った。

『彼が何をしていたのかわからない。彼はミラーを見ていなかった』とニコラス・ラティフィはピットウォールに無線で語った。

『僕は大丈夫だ。クソっ、車は破壊された』

セッション後、ニコラス・ラティフィは「僕にとってはとても明白だ。ビデオを見たばかりだ」と語った。

「僕はちょうどアウトラップを準備に戻ろうとしていた。でも、僕が彼に並ぶと彼は気持ちが変わったようだ」

「彼はプッシュしていたので、そのラップを開けるために彼を通過させるように言われた。僕は『彼はラップを断念したように見えるので、自分のプレパレーションラップを続けたい』と伝えた」

「それで僕は彼のそばに戻った、明らかに大きなギャップがあった。そして、僕がそこを通り過ぎると、何らかの理由で彼は向きを変えることに決めた。ビデオでそれは明らかだ。それ以上言うことはない」

インシデントについて質問されたランス・ストロールは、ニコラスラティフィを公然と非難することを控えたが、自分の責任は認めず、「ひどいタイミング」の結果であると主張した。

「彼は突然、本当に突然入ってきた」ランス・ストロールは語った。

「それは右に落ちるので、トラックがそこに落ちると、車が内側に沈みこむ感じになる」

「彼は加速していたので、タイミングはひどいものだったと思う。僕にとってトラックが右に落ちていたので、そこで接触した」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ / F1オーストラリアGP / ランス・ストロール / アストンマーティン