ウィリアムズF1退団のニコラス・ラティフィ、インディカー転向報道に呆れる
ウィリアムズF1を今シーズン限りで退団するニコラス・ラティフィは、今週、2023年にF1からインディカーへの移行を予測した“質の悪いジャーナリズム”を非難した。

ニコラス・ラティフィは、ウィリアムズ・レーシングで3シーズンを過ごした後に放出されることが決定しており、後任としてアメリカ人のローガン・サージェントの起用が今週末のF1アメリカGPで発表されるとも噂されている。

ウィリアムズF1チームの代表を務めるヨースト・カピートは、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで、「土曜日のニュースにフォローしてくれ」と語り、F1アメリカGPに先立って“ポップアップ”に展示した星条旗をテーマにしたショーカーのカラーリングを明らかにした.

現在のFIA-F2選手権でランキングで3位につけている21歳のローガン・サージェントにとって唯一の問題は、必須のF1スーパーライセンスに必要なポイントを獲得できない可能性があることだ。

そして、今週、27 歳のニコラス・ラティフィは、2023年にチップ・ガナッシでのジミー・ジョンソンの後任としてインディカーに転向することが確定したという報道に憤慨した。

「このニュースは完全に間違っている」とニコラス・ラティフィは Le Journal de Montreal に語った。

「インディカーでガナッシや他のチームと話したことはない。ジャーナリズムの質が悪いね」

ただし、ニコラス・ラティフィは、インディカーへの移行を除外しているわけではない。

「でも、何もサインしてはいないし、短期的に発表することはない」とニコラス・ラティフィはF1アメリカGPの前に語った.

チップ・ガナッシとの契約に関する虚偽の報道について、ニコラス・ラティフィは実際に怒ったというよりは「大笑いした」と語っている。

「僕にとって重要なことは、シーズンを良い形で終え、残りのF1イベントに集中することだ」とニコラス・ラティフィは語った。

「その後、僕に提供される機会を見ていく」と語ったニコラス・ラティフィは、2023年の「サバティカル」を除外することはできないと認めた。

しかし、基本的に除外されているのは、同様に苦戦しているダニエル・リカルドの次の動きであると噂されている2023年のF1リザーブシートだ。

ニコラス・ラティフィ「その後、フルタイムのシートが約束されていると確信できる場合にのみ、そのようなポジションを受け入れる」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ / インディカー