ニコラス・ラティフィ、F1日本GPで5グリッド降格ペナルティ
ウィリアムズのF1ドライバーであるニコラス・ラティフィは、シンガポールで周冠宇と衝突した後、F1日本GPで5グリッド降格のペナルティを受けた。

ウェットからドライへのレースの7周目、周冠宇は、ターン5の外側で18位を争っていたニコラス・ラティフィをパスしようとした。しかし、ラティフィは周冠宇をウォールに押し付けたように見え、接触によって周冠宇のマシンの右フロントコーナーは破壊され、その場でレースからリタイアを余儀なくされた。

ニコラス・ラティフィも衝突の結果、ウォールにぶつかり、その後、新しいフロント ウィングを装着しようとしたが、セーフティ カーの下でリタイアしなければならなkった。

周冠宇は、チームラジオでニコラス・ラティフィに激怒し、ウィリアムズのドライバーが彼を壁に押し込んだと述べ、調査の後、FIAスチュワードはその評価に同意した。

シンガポールのスチュワードは、ニコラス・ラティフィに来週のF1日本GPで5グリッド降格のペナルティを科し、ライセンスに2ポイントのペナルティポイントを与え、ラティフィの過去12か月間の合計ペナルティポイントは3ポイントとなった。

スチュワードは「スチュワードはビデオの証拠を検討し、主にLAT(ラティフィ)が衝突の原因であると判断した」と説明した。

「ZHO(周冠宇)はターン5に近づくストレートでLATを追い抜こうとしていたが、十分な余裕があり、通常のレーシングラインを取っていた。LATは左側に引っ張られ、ZHOに車幅1つ分を残さず、車同士がかなり接触した」

F1シンガポールGPではアレックス・アルボンもバリアに接触してリタイアしており、ウィリアムズにとって忘れたい週末となった。

ニコラス・ラティフィと周冠宇のインシデントは、1時間以上の雨の遅れの後、主にインターミディエイトで実行されたレースでのいくつかの事件の最初のものだった。

フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンの両方のアルピーヌのマシンがF1パワー ユニットの故障の疑いでリタイアした一方で、スリックへの変更直後にアルファタウリの角田裕毅がクラッシュリタイアしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ / F1日本GP