F1:リスタート時にグリッドに並ぶマシンが0台だったらどうなる?

2021年8月4日
F1:リスタート時にグリッドに並ぶマシンが0台だったらどうなる?
F1ハンガリーGPのリスタート時に全マシンがピットに入っていたらどうなっていたのか? F1レースディレクターのマイケル・マシがその答えを説明した。

夏休み前の最後のレースとなったF1ハンガリーGPは、オープニングラップの1コナーで2つの多重クラッシュが発生して赤旗中断となった。

ジョージ・ラッセル、ペナルティを科さなかったFIAの“常識”に感謝

2021年8月3日
ジョージ・ラッセル、ペナルティを科さなかったFIAの“常識”に感謝 / F1ハンガリーGP 決勝
ジョージ・ラッセルは、F1ハンガリーGPの決勝でピットレーンで不法にマシンを追い抜いた後、ペナルティを科さなかったFIAの“常識”に感謝した。

1周目の多重クラッシュにとる赤旗後のリスタートで、ルイス・ハミルトン以外のすべてのドライバーがインターミディエイトからスリックタイヤに交換するためにピットインした。

ランド・ノリス、ボッタスを批判 「ヒーローになろうとしていた」

2021年8月3日
ランド・ノリス、ボッタスを批判 「ヒーローになろうとしていた」 / F1ハンガリーGP 決勝
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1ハンガリーGPのオープニングラップで多重クラッシュを引き起こしたバルテリ・ボッタスは“ヒーローになろうとしていた”として批判した。

バルテリ・ボッタスは、1コーナーへのブレーキングでランド・ノリスに追突。ノリスはマックス・フェルスタッペンに追突し、ボッタスはその後セルジオ・ペレスに追突した。

F1:アラン・プロスト、フェルナンド・アロンソの“自己犠牲”を称賛

2021年8月3日
F1:アラン・プロスト、フェルナンド・アロンソの“自己犠牲”を称賛
F1レジェンドのアラン・プロストは、エステバン・オコンがF1で“別の次元に移動する”準備ができるとし、また、F1ハンガリーGPで見せたフェルナンド・アロンソの“自己犠牲”を称賛した。

レース直前の雨によって波乱の展開となったF1ハンガリーGPでは、アルピーヌF1のエステバン・オコンが初優勝を果たした。

レッドブルF1 「ミック・シューマッハよりもダウンフォースが少なかった」

2021年8月3日
レッドブルF1 「ミック・シューマッハよりもダウンフォースが少なかった」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンのRB16Bは、F1ハンガリーGPでの1周目のドラマの後、ハースF1の「ミックシューマッハよりもダウンフォースが少なかった」とチーム代表のクリスチャン・ホーナーは語る。。

2回連続のレースウィークエンドで、マックス・フェルスタッペンは「メルセデスに破壊された」。今回はバルテリ・ボッタスだった。ウェットのハンガロリングでバルテリ・ボッタスはスタートで後退し、1コーナーでポジションを取り戻そうとした。

フェルナンド・アロンソ 「バトルの中でハミルトンに良いラインを教えた」

2021年8月3日
フェルナンド・アロンソ 「バトルの中でハミルトンに良いラインを教えた」 / F1ハンガリーGP 決勝
フェルナンド・アロンソは、F1ハンガリーGPの決勝でのバトルのなかで、ルイス・ハミルトンが最後にカルロス・サインツを抜くために取ったより良いレーシングラインを教えたと考えている。

リスタート時にインターミディエイトでステイアウトしたことで、ドライタイヤで最後尾から追い上げることになったルイス・ハミルトンは、55周目にマクラーレン時代の元チームメイトであるフェルナンド・アロンソに接近し、ホイール・トゥ・ホイールの激しいバトルを展開。

ホンダF1:2021年 第11戦 F1ハンガリーGP 決勝レポート

2021年8月3日
ホンダF1:2021年 第11戦 F1ハンガリーGP 決勝レポート
F1ハンガリーGPの決勝は、スタート直後の1コーナーで起きたクラッシュによってレッドブル・レーシング・ホンダにとっては厳しい展開になったものの、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダが2台揃ってトップ7入りを果たした。

レース開始の約30分前に雨が降り出し、全車がインターミディエイトタイヤを装着してのスタートとなった。2列目のマックス・フェルスタッペン、セルジオ・ペレスは、ともに素晴らしいスタートを決めて、ターン1で2番手と3番手に浮上。

レッドブル・ホンダF1 「後半戦の戦いにむけた準備はできている」

2021年8月2日
レッドブル・ホンダF1 「後半戦の戦いにむけた準備はできている」 / F1ハンガリーGP 決勝
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、大荒れとなった2021年F1ハンガリーGPのレースを振り返った。

2021のF1世界選手権 第11戦 F1ハンガリーGPが開催されたが、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスはスタート直後のターン1でバルテリ・ボッタス(メルセデス)が引き起こした多重クラッシュに巻き込まれてしまい、望んでいた結果を手にできずにレースを終えることになった。

ホンダF1 「ペレスのPUを再び使用するのは厳しいかもしれない」

2021年8月2日
ホンダF1 「ペレスのPUを再び使用するのは厳しいかもしれない」 / F1ハンガリーGP 決勝
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、2021年F1ハンガリーGPのオープニングラップでバルテリ・ボッタス(メルセデス)と接触したセルジオ・ペレスのパワーユニットを再び使用するのは厳しいかもしれないと語る。

ウェットの滑りやすい路面でスタートしたF1ハンガリーGPのオープニングラップはレッドブル・ホンダF1にとって不運だった。ランド・ノリス(マクラーレン)に追突したバルテリ・ボッタスはそのままセルジオ・ペレスに突っ込み、ノリスはマックス・フェルスタッペンに突っ込んだ。
«Prev || ... 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム