「才能だけで比較すればハミルトンの方がシューマッハより上」と元F1王者

2021年10月19日
「才能だけで比較すればハミルトンの方がシューマッハより上」と元F1王者ロズベルグ
元F1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、メルセデス時代の二人のチームメイトを比較。純粋な才能で評価すれば、ルイス・ハミルトンの方がミハエル・シューマッハより上だと語る。

統計的にルイス・ハミルトンとミハエル・シューマッハは、F1史上最も成功したドライバーとしてその頂点に立っており、二人とも7回のF1ワールドチャンピオンを手にしている。

「ポイント順位はルイス・ハミルトンのミスが反映されたものではない」

2021年10月17日
「ポイント順位はルイス・ハミルトンのミスが反映されたものではない」と元F1チャンピオンのヴィルヌーヴ
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャン・ヴィルヌーブは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの現在のポイント差には、ハミルトンのミスが反映されたものではないと語る。

2021年も残り6ラウンドとなり、前戦F1トルコGPでランキング首位に返り咲いたマックス・フェルスタッペンが、ルイス・ハミルトンに6ポイントのリードを築いている。

ルイス・ハミルトン 「タイトル争いのプレッシャーは感じていない」

2021年10月16日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「タイトル争いのプレッシャーは感じていない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1トルコGPでマックス・フェルスタッペンにドライバーズ選手権の首位の座を奪われたが、プレッシャーは感じていないと語る。

F1トルコGPでは、マックス・フェルスタッペンが2位表彰台を獲得。PU交換による10グリッド降格ペナルティが適用されて11番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは5位までしか挽回できず、フェルスタッペンが6ポイント差をつけてランキングトップに返り咲いた。

ルイス・ハミルトン 「角田裕毅とのバトルはトラブルを避ける必要があった」

2021年10月15日
ルイス・ハミルトン 「角田裕毅とのバトルはトラブルを避ける必要があった」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)とのバトルでトラブルを避けるために多くのスペースを与える必要があったと振り返る。

PU交換ペナルティで11番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、1周目でセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)を抜いて、角田裕毅の後ろとなった。だが、攻略に時間を要し、8周目に角田裕毅がターン1でミスをし、ようやくターン3のアウトサイドから追い抜いた。

ミカ・ハッキネン 「ハミルトンがステイアウトを選んだ理由は理解できる」

2021年10月14日
ミカ・ハッキネン 「ハミルトンがステイアウトを選んだ理由は理解できる」 F1トルコGP 決勝
元F1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンは、2021年のF1トルコGPのレース終盤にルイス・ハミルトンがステイアウトしたことに理解を示している。

PU交換ペナルティによって11番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、おそらく最速のマシンで3番手まで順位を上げていた。だが、ステイアウトを望むハミルトンと新品のインターミディエイトを履いた方がいいと考えるピットウオールとの間で戦略が分かれた。

レッドブルF1首脳 「ハミルトンはペレスをピットレーンに押し込もうとした」

2021年10月13日
レッドブルF1首脳 「ハミルトンはペレスをピットレーンに押し込もうとした」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1トルコGPで、ルイス・ハミルトンがセルジオ・ペレスをピットレーンに押し込もうとしていたと語る。

PU交換ペナルティで11番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、ウエットのイスタンブール・パークでおそらく最速のマシンであり、レース序盤に着実に順位を上げていき、34周目には4番手を走行するセルジオ・ペレスに接近した。

ルイス・ハミルトン 「ピットストップの件をメディアは大袈裟に書きすぎ」

2021年10月12日
ルイス・ハミルトン 「ピットストップの件をメディアは大袈裟に書きすぎ」 F1トルコGP 決勝
ルイス・ハミルトンは、F1トルコGPでのタイヤ戦略を巡る無線が必要以上に報じられていることについてソーシャルメディアにメッセージを投稿。メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフも「無線での厳しい会話は問題ない」と擁護した。

F1トルコGPではステイアウトを望むルイス・ハミルトンと新品のインターミディエイトを履いた方がいいと考えるピットウオールとの間で戦略が分かれ、最終的にハミルトンは残り8周でピットに入ることを受け入れたが、表彰台のチャンスは台無しになった。

メルセデスF1 「0ストップではハミルトンは5位以上は無理だった」

2021年10月11日
メルセデスF1 「0ストップではハミルトンは5位以上は無理だった」 F1トルコGP 決勝
メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリング責任者を務めるアンドリュー・ショブリンは、F1トルコGPでルイス・ハミルトンが0ストップ戦略でレースを完走しようとした場合、5位以上でフィニッシュできなかったと“かなり確信している”と語る。

PU交換ペナルティによって11番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、かなり素早く5番手まで順位を上げた。

【動画】 必見! セルジオ・ペレス vs ルイス・ハミルトン 白熱の攻防

2021年10月11日
【動画】 必見! セルジオ・ペレス vs ルイス・ハミルトン 白熱の攻防 / F1トルコGP 決勝
F1トルコGPの決勝では、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が今シーズのベストバウトのひとつと言える白熱の攻防をみせた。

予選でトップタイムを記録しながらも、エンジン交換によって10グリッド降格ペナルティが適用されて11番グリッドスタートとなったルイス・ハミルトンにとっては、できるだけ早く順位を上げてライバルであるマックス・フェルスタッペンとの差を縮めることが重要だった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム