フェルスタッペンとハミルトンが接触で両者リタイア / F1イタリアGP

2021年9月12日
フェルスタッペンとハミルトンが接触で両者リタイア / F1イタリアGP
F1イタリアGPは波乱の展開。タイトルを争うマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が接触して両者リタイアとなった。

ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、スタートで順位を落として2番手でレースを展開。24周目にピットに入るが、11.1秒とタイヤ交換に時間がかかってしまう。

ルイス・ハミルトン 「決勝はフェルスタッペンの楽勝になるだろう」

2021年9月12日
ルイス・ハミルトン 「決勝はフェルスタッペンの楽勝になるだろう」 / F1イタリアGP スプリント予選
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1イタリアGPでのマックス・フェルスタッペンの“楽勝”を予測しており、自分自身はダメージリミテーションのレースになるだろうと語った。

ルイス・ハミルトンのモンツァでの勝利の希望は、F1スプリント予選でのスタート失敗で打ち砕かれつつある。ハミルトンは、マクラーレンの2台の後ろの4番グリッドからレースをスタートする。

メルセデスF1、スプリント予選でボッタスにチームオーダー発令の可能性

2021年9月11日
メルセデスF1、スプリント予選でボッタスにチームオーダー発令の可能性
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、土曜日のスプリント予選の進行状況によってはペースセッターのバルテリ・ボッタスに関して“難しい”チームオーダーを発令しなければならない可能性があることを認める。

バルテリ・ボッタスは、金曜日の予選で最速タイムを記録。30分のスプリント予選ではチームメイトのルイス・ハミルトンよりも前からレースをスタートする。

ルイス・ハミルトン 「予選でのフェルスタッペンの突然のゲインに驚いた」

2021年9月11日
ルイス・ハミルトン 「予選でのフェルスタッペンの突然のゲインに驚いた」 / F1イタリアGP 予選
メルセデスのルイス・ハミルトンは、タイトル争いのライバルであるマックス・フェルスタッペンが、F1イタリアGPの予選中に突然P1候補になったことに少し驚いたと語る。

高速のモンツァサーキットはメルセデス W12に適していると予想されていたが、それは金曜日の予選で確証が得られることになった。バルテリ・ボッタスが予選で最速タイムを記録し、ルイス・ハミルトンも2番手に続き、土曜日のスプリント予選のフロントローをロックアウトした。

ラッセル 「メルセデスF1でハミルトンと同等の扱いを約束されている」

2021年9月10日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1でハミルトンと同等の扱いを約束されている」
ジョージ・ラッセルは、2022年に加入するメルセデスF1から、ルイス・ハミルトンと同等に扱われ、ナンバー2ドライバーにならないことを約束されていると語る。

今週、ジョージ・ラッセルは、アルファロメオに加入するバルテリ・ボッタスの後任として、2022年にメルセデスF1でルイス・ハミルトンと組むことが確認された。2017年にメルセデスに加入して以来、ボッタスはハミルトンの端役を務めて、自分のレースを妥協することがよくあった。

ジェンソン・バトン、ハミルトンと対峙するジョージ・ラッセルに助言

2021年9月10日
F1:ジェンソン・バトン、ハミルトンと対峙するジョージ・ラッセルに助言
ジェンソン・バトンは、メルセデスF1でルイス・ハミルトンとチームを組むことになるジョージ・ラッセルに仕事の仕方についてアドバイスを送った。

ダブルタイトルを7連覇中のメルセデスF1は、バルテリ・ボッタスに代えて育成ドライバーのジョージ・ラッセルを昇格させることを決定。ラッセルはルイス・ハミルトンの新しいチームメイトとして2022年にメルセデスF1に加入する。

ルイス・ハミルトンはもはやメルセデスF1の“キング”にあらず?

2021年9月10日
ルイス・ハミルトンはもはやメルセデスF1の“キング”にあらず?
2022年にジョージ・ラッセルがメルセデスF1に加入したことは、ルイス・ハミルトンがチーム内で“キング”ではないことが示されたかもしれない。

ルイス・ハミルトンは、バルテリ・ボッタスを放出するというメルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフの決定に明らかに不満を持っているとの情報筋のコメントを英国紙は伝えている。

レッドブルF1首脳 「ルイス・ハミルトンの無線はちょっと芝居がかりすぎ」

2021年9月8日
レッドブルF1首脳 「ルイス・ハミルトンの無線はちょっと芝居がかりすぎ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1オランダGPでのメルセデスのフェアな戦いぶりを称賛しつつも、ルイス・ハミルトンの無線は“わざとらしい”と指摘する。

マックス・フェルスタッペンは、ホームレースとなったF1オランダGPでポールポジションを獲得。ルイス・ハミルtノンは、わずか0.038秒差の2番手につけ、激しい決勝を予感させた。

ルイス・ハミルトン 「フェルスタッペンのスタートはホンダF1の改善の現れ」

2021年9月8日
ルイス・ハミルトン 「フェルスタッペンのスタートはホンダF1の改善の現れ」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1オランダGPのマックス・フェルスタッペンの“ロケットスタート”は、ホンダがF1パワーユニットで成し遂げたゲインを強調していると語る。

ホンダF1は、近シーズン末の差し迫ったF1撤退を前に、2022年に予定されていた新型エンジンを前倒しで開発して、2021年に導入した。現時点でコンストラクターズ選手権ではメルセデスがレッドブル・ホンダに12ポイント差をつけているが、メルセデスが4勝なのに対し、レッドブル・ホンダは8勝を挙げている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム