佐藤公哉 「プラス志向でオーストリアに臨む」 (GP2)

2014年6月18日
佐藤公哉
佐藤公哉が、オーストリアのレッドブル・リンクで開催されるGP2シリーズ 第4戦への意気込みを語った。

佐藤公哉(カンポス・レーシング)
「レッド・ブル・リンクでは、2011年のF3ユーロと2012年のドイツF3でレース経験があります。しかし正直なところ、胸を張って“得意なサーキットです”とは言えません。でも、当時とはクルマも大きく違いますし、僕自身も成長しています」

伊沢拓也 「モナコでの経験はこの先必ず生きてくる」 (GP2第3戦)

2014年5月29日
伊沢拓也
伊沢拓也が、GP2シリーズ第3戦モナコのレース週末を振り返った。

5月22日〜24日、GP2第3戦の舞台はモナコ。F1グランプリと同じ市街地のコースでレースは行われた。

「モナコのコースは初めてで、市街地コースということもあり、いつもより入念にシミュレーターで準備しました」と伊沢拓也は振り返る。

佐藤公哉、レース2は14位 「結果は非常に不満」 (GP2第3戦)

2014年5月25日
佐藤公哉
佐藤公哉は、モナコで開催されたGP2シリーズ第3戦レース2を14位で終えた。

佐藤公哉
「ハンドクラッチのつながるポイントが不安定という症状がいまだに治らず、スタートは出遅れました。前にペースの遅いクルマが居たので渋滞し、最後までマクラーレン育成ドライバーのリアをにらみ続けるだけで終わってしまいました」

佐藤公哉、レース1は15位 「腹も立ちません」 (GP2第3戦)

2014年5月24日
佐藤公哉
佐藤公哉は、モナコで開催されたGP2シリーズ第3戦のレース1を15位で終えた。

佐藤公哉
「ここまでツイていないと腹も立ちません。スタート直後の事故でセーフティーカーが出ることは織り込み済みで問題ありませんでした。しかし、その後のレッドフラッグや再度のセーフティーカー導入は予想外でした」

佐藤公哉、難攻不落のモナコ市街地コースへ挑む (GP2)

2014年5月20日
佐藤公哉
佐藤公哉が、F1モナコGPと併催されるGP2第3大会モナコへの意気込みを語った。

佐藤公哉 (カンポス・レーシング)
「過去2大会は難しい状況に置かれていましたが、その一方でチャンスが巡ってきたにもかかわらず、結果を残せなかった事実を素直に受け止めています。第3大会として迎えるモナコ・モンテカルロの市街地コース、初めて訪れる場所ですし当地でのレース経験はありません。おそらくは厳しい戦いを強いられるでしょう」

伊沢拓也 「スタートという一つの課題はクリアできた」 (GP2第2戦)

2014年5月17日
伊沢拓也
伊沢拓也が、GP2シリーズ第2戦スペインの週末を振り返った。

5月9日〜11日に開催されたスペインでの第2戦は、バルセロナ郊外のカタルニア・サーキットで行われた。

9日の予選で23番手となった伊沢拓也は、10日にレース1に臨んだ。スタートでエンジンがストップした伊沢拓也だったが、ほかにもスタートできないマシンがあり、レースはスタートがやり直されることとなった。

伊沢拓也 「予選さえ前にいれば良い戦いは出来る」 (GP2 第2大会)

2014年5月15日
伊沢拓也
伊沢拓也が、GP2シリーズ 第2ラウンドのレース週末を自身のブログで振り返った。

伊沢拓也は、予選23位、レース1を20位、レース2を13位で終えた。

「このサーキットは初めて走るサーキットになりますが、45分のフリー走行の中でコースを覚えて予選に備えなければなりません」

佐藤公哉 「スタート位置と1周目でいかに渋滞を抜けるかが課題」

2014年5月14日
佐藤公哉
佐藤公哉が、GP2シリーズ第2大会のレース週末を振り返った。

2014年のGP2シリーズでカンポス・レーシング(Campos Racing)に所属する佐藤公哉は、F1世界選手権第5戦スペインGPと併催される第2大会へ同チームから臨んだ。本大会で供給されるタイヤは、プライム側がハード(オレンジ)でオプション側がソフト(イエロー)だった。

佐藤公哉、GP2第2戦のレース2は15位

2014年5月12日
佐藤公哉
佐藤公哉は、GP2第2戦スペインのレース2を15位で終えた。

佐藤公哉
「スタートはホイールスピンが多すぎました。良くも悪くもなかった。今日は雨上がりのレースで、乾いていると思われたアウト側のラインを、昨日のように1周目では使って渋滞を抜けようとしました。しかし、思いのほかグリップしませんでした」
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム