佐藤公哉、GP2第2戦のレース1で19位

2014年5月11日
佐藤公哉
佐藤公哉は、GP2第2戦スペインのレース1を19位で終えた。

佐藤公哉 (19位)
「レースにはソフトタイヤで臨みました。ホイールスピンが多すぎてスタート直後は順位を下げましたが、第1コーナー以降のライン取りがうまく行き、アウト側から3、4台を抜きました。また、前方で接触事故があり1周目を10番手で終えました」

佐藤公哉 「僕の胸の内に溜まったマグマを一気に放出するつもり」

2014年5月7日
佐藤公哉
佐藤公哉が、2014年のGP2シリーズ第2大会はスペインへの意気込みを語った。

佐藤公哉(カンポス・レーシング)
「やっとGP2第2大会が目前に迫ってきました。本来であれば、シミュレータに乗ったり、フィジカルトレーニングを積んだりするだけで、ジリジリモヤモヤとしながらリベンジの時を待っていたでしょう」

伊沢拓也 「GP2はこれまでのマシンとタイヤの特性が全く違う」

2014年4月16日
伊沢拓也 「GP2はこれまでのマシンとタイヤの特性が全く違う」
伊沢拓也が、GP2開幕戦、そしてこれまでに感じたGP2マシンについて語った。

ホンダは、モータースポーツ界で活躍する有能なドライバー育成を目的に鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)などを中心とした、ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)を展開している。

伊沢拓也 「良い部分悪い部分がはっきり出た」 (GP2 第1大会)

2014年4月10日
伊沢拓也
伊沢拓也が、GP2シリーズ第1大会バーレーンの週末の振り返った。

ARTからGP2に参戦する伊沢拓也は、開幕戦を予選23位、レース1を6位、レース2を12位で終えた。

「終わってみると、良い部分悪い部分がはっきり出ました」と伊沢拓也は自身のブログでコメント。

佐藤公哉 「たくさんの方々の期待を裏切ってしまった」 (GP2 第1大会)

2014年4月10日
佐藤公哉
佐藤公哉が、GP2シリーズ第1大会バーレーンの週末の振り返った。

4月4日午後12時からの練習走行(45分間)を新品ハードタイヤで走り始めて間もなく佐藤公哉は、3月19〜21日に同地で実施された公式合同テストで作り上げた車両とは程遠い操縦性になっていると感じた。そのため自己ベストタイムは1分44秒243で26台中最下位に留まった。

GP2開幕戦バーレーン レース1:伊沢拓也6位、佐藤公哉リタイア

2014年4月5日
GP2
GP2開幕戦バーレーンのレース1が5日(金)に開催された。

F1のサポートレースとして開幕を迎えたGP2シリーズ。優勝は、ARTのストフェル・バンドーン。2番グリッドからスタートしたストフェル・バンドーンは、スタートでリードを奪い、開幕レースでの優勝を達成した。

GP2王者ファビオ・ライマー、レベリオンからWECに参戦

2014年4月1日
ファビオ・ライマー
GP2王者のファビオ・ライマーは、2014年のWEC世界耐久選手権でレベリオン・レーシングのLMP1カーを走らせることになった。

レベリオンとの契約は、ファビオ・ライマーは金曜日と土曜日にポール・リカールで開催されたWEC公式テストに続いて発表された。

テストでは、ファビオ・ライマーは、旧型のロータ・トヨタ/B12/60の一台を走らせていた。

佐藤公哉 「GP2シリーズ第1大会をワクワクしながら待っている」

2014年4月1日
佐藤公哉
佐藤公哉が、2014年 GP2シリーズ 開幕戦バーレーンへの意気込みを語った。

佐藤公哉(カンポス・レーシング・ドライバー)
「アラブ首長国連邦のヤス・マリーナ・サーキットとバーレーン王国のバーレーン国際サーキットで各3日間、合計6日間の公式合同テストを終えたいま、僕はGP2シリーズ第1大会をワクワクしながら待っています」

佐藤公哉、GP2開幕大会へ向けて手応え

2014年3月24日
佐藤公哉
佐藤公哉が、F1世界選手権レースの第3戦とGP2シリーズ開幕大会が4月に開催されるバーレーンのバーレーン国際サーキットで第2回GP2公式合同テストに臨んだ。

テスト1日目の3月19日(水)は、路面が砂埃で汚れておりタイヤを無駄にできないという理由で、コースインを手控えるドライバーが目立った。開始1時間過ぎに佐藤が先陣を切って本格的な走行を試み、1分42秒569を記録してモニター最上部にターゲットタイムを記録した。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム