エクレストン 「アストンマーティンF1にベッテルと契約するよう助言した」
元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、セバスチャン・ベッテルが2021年にアストンマーティンF1のシートを獲得する手助けをしたことを明らかにした。

バーニー・エクレストンとセルジオ・ベッテルは、長年の友人であり、バックギャモンのパートナーである。今週水曜日に90歳の誕生日を迎えたエクレストンは、今でもベッテルと話をしていると語った。

「そうだね。我々はかなり頻繁に電話で話している」とバーニー・エクレストンは Sport1 に語った。

「私は彼の話を聞いてから、私の物事の評価を教える。彼がアストンマーティンとの契約を正しく結ぶ手助けもした」

アストンマーティンF1との契約をどのように支援したかと質問されたバーニー・エクレストンは次のように説明した。

「ローレンス・ストロールにセバスチャンを起用するように本気で圧力をかけた」とバーニー・エクレストンは語る。

「私は彼に、セバスチャンがまだどれほど優れているか、そして最終的には取引が成立すれば全員にとっても勝利になるだろうと言った。私の議論は彼を納得させるのに役立ったと思う」

その一方で、バーニー・エクレストンは、セバスチャン・ベッテルが今年、フェラーリのチームメイトであるシャルル・ルクレールに匹敵するのにひどく苦しんでいる理由がわからないと語る。

「ルクレールは確かに巨大な才能だ。だが、セバスチャンもそうだし、彼にはもっと経験がある。だから、他の理由があるに違いない」

「フェラーリは常にやや不透明なチームであり、内部政治が常に大きな役割を果たしている。全員が同じ方向に向いていたのは、ミハエル・シューマッハの時代だけだ」

「幸いなことに、セバスチャンには来年アストンマーティンで新たな挑戦がある。そうなれば彼はもはや彼の能力を信じていない疑惑者に答えを与えるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン