F1:バーニー・エクレストン 「ベッテルは2021年に批判家に答える必要がある」
元F1最高経営責任者のバーレー・エクレストンは、セバスチャン・ベッテルは2021年に批判家たちに“答える”必要があると語る。

レッドブル時代に4回のF1ワールドチャンピオンを獲得したセバスチャン・ベッテルだが、フェラーリでかつての輝きを見せることはできず、昨年末で戦力外通告を受けた。

元F1チーム代表のエディ・ジョーダンは、セバスチャン・ベッテルのフェラーリでの最後の2年間は“哀れ”だと表現している。

セバスチャン・ベッテルの友人であるバーニー・エクレストンは「最近までセバスチャンはすべてのセッションで1番手だった。今でも誰も彼について前向きな話はしない」と Sport1 に語った。

「F1では、ドライバーはマシンに大きく依存しており、何らかの理由で、フェラーリはそれをベッテルの要件に適合させることができなかった。ルクレールは才能のある人だが、セバスチャンの方が経験豊富であり、前にいるべきだった」

また、バーニー・エクレストンは、フェラーリの悪名高い“国内政治”がセバスチャン・べッテルの終焉に影響を与えたと考えている。

「全員が同じ方向を向いていたのはミハエル・シューマッハがチームにいたときだけだ」とバーニー・エクレストンは語った。

「セバスチャンはこれから新たな課題に直面する。彼は自分の能力を疑う人々に答える必要がある」

その新たな挑戦はアストンマーティンF1で起こる。ドイツのレーシング界のレジェンドであるハンス・ヨアヒム・スタックは、セバスチャン・ベッテルが「運転方法を忘れていないの確かだ」と Auto Bild に語った。

「私は少年が自分を示していたときのフィーリングも知っているが、彼が再び自分自身をやる気にさせることができたということはすでに強い動きだ」

「彼はアストン・マーティンをより快適に感じるだろうと思う」

レッドブル時代の恩師であるヘルムート・マルコも、セバスチャン・ベッテルがかつての輝きを取り戻すことを望んでいる。

彼は過去2年間が自分のベストではなかったことを知っている。理由が何であれね。しかし、彼は我々にとって危険ではないと思う」

「2020年に、彼の新しいチームはそれに点で我々には遠く及ばなかった。それはペレスが特にシーズンの後半に非常に強かったという事実にもかかわらずだ」。

「セバスチャンがすべてのレースでトップの状態にあるとしても、ドライバーとして彼はチームが我々に対して持っていたギャップを埋めることができない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン