シャルル・ルクレール、大きな代償を払ったスピン「貪欲すぎた」

2022年4月25日
シャルル・ルクレール、大きな代償を払ったスピン「貪欲すぎた」 / スクーデリア・フェラーリ F1 エミリア・ロマーニャGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの決勝でスピンを喫して6位でフィニッシュ。チャンピオンシップのリードを大きく失うことになった走りは“貪欲すぎた”と認めた。

開幕3戦で2勝を挙げていたシャルル・ルクレールだが、イモラではウェットコンディションを2番グリッドからスタートした瞬間からポールシッターで最終的なウィナーであるマックス・フェルスタッペンに挑戦することができなかった。

シャルル・ルクレール 「グレイニングを解決できるかが勝利の鍵を握る」

2022年4月24日
シャルル・ルクレール 「グレイニングを解決できるかが勝利の鍵を握る」 / スクーデリア・フェラーリ F1エミリア・ロマーニャGP スプリント
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPのスプリントを2位で終えた。

2番グリッドから好スタートを決めたシャルル・ルクレールは、1コーナーですでにマックス・フェルスタッペンからリードを奪い、快適にギャップを広げていった。しかし、後半にグレイニングに苦しみだし、フェルスタッペンにDRS圏内に入られる。

シャルル・ルクレール、赤旗に翻弄され2番手「戦略の選択を後悔」

2022年4月23日
シャルル・ルクレール、赤旗に翻弄され2番手「戦略の選択を後悔」 / スクーデリア・フェラーリ F1 エミリア・ロマーニャGP予選
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの予選をポールポジションのマックス・フェルスタッペンから0.77秒差の2番手で終えた。

ウェットで行われたFP1でトップタイムをマークしていたシャルル・ルクレールだったが、Q3でバルテリ・ボッタスがクラッシュして赤旗中断となっている間に雨脚は強まった。最後にアタックでマックス・フェルスタッペンを倒すチャンスは残されていたが、ランド・ノリスがスピンアウトして再び赤旗となった時点で予選は事実上終了した。

シャルル・ルクレール 「レッドブルの開発を不安がるべきではない」

2022年4月22日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「レッドブルの開発に不安になるべきではない」
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、チームはライバルであるレッドブルとメルセデスが追いつくために計画している開発のことをくよくよと考えて不安になってはならないと語る。

2020年から2021年にかけて苦戦した後、スクーデリア・フェラーリは今年、シャルル・ルクレールのオープニング3レースのうち2レースに勝利し、新しいレギュレーションの下で立ち直りをみせた。

F1:シャルル・ルクレール、4100万円相当のリシャール・ミルを盗難被害

2022年4月20日
F1:シャルル・ルクレール、4100万円相当のリシャール・ミルを盗難被害
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、月曜日の夜にイタリアで30万ユーロ(約4100万円)相当のリシャール・ミルの腕時計を盗まれた。幸いなことにルクレールに怪我はなかった。

シャルル・ルクレールは、イースターマンデーをイタリア・トスカーナのヴィアレッジョ市でトレーナーのアンドレア・フェラーリを含む友人たちと過ごしていた。

F1:過去のシャルル・ルクレールは怒りをコントロールできなかった

2022年4月19日
F1:過去のシャルル・ルクレールは怒りをコントロールできなかった
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、現在、「自分の怒りに対処する」ことができるようになり、ドライビングを「精神的に完全にコントロールできている」と長年の協力者は語る。

フォーミュラメディスンの責任者であるリカルド・チェッカレッリ博士は、シャルル・ルクレールが13歳のときに協力し始め、アスリートがプロスポーツに向かうのを支援するメンタルトレーニングプログラムを作成した。

シャルル・ルクレール 「フェラーリF1-75はポーパシングに敏感ではない」

2022年4月17日
シャルル・ルクレール 「フェラーリF1-75はポーパシングに敏感ではない」
シャルル・ルクレールは、フェラーリF1-75はアルバート・パークでバウンシングしていたが、それほど気にならなかったと語る。

F1新時代の序盤は、グラウンドエフェクトカーがストレートを跳ね返る(バウンシング)現象である「ポーパシング」が話題となっている。バウンシングは、他のチームよりも、一部のチーム - 特にメルセデス - に大きな影響を与えている。

マックス・フェルスタッペン 「シャルル・ルクレールを倒すのは大きなタスク」

2022年4月14日
マックス・フェルスタッペン 「シャルル・ルクレールを倒すのは大きなタスク」 / 2022年F1世界選手権
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールを倒して2022年にF1タイトルを獲得することは“大きなタスク”になると認める。

レッドブルの信頼性の問題により、マックス・フェルスタッペンは今シーズン、3レースのうち2レースをリタイアで終えた。これまでのところ、フェルスタッペンはわずか25ポイントしか獲得できていない。

シャルル・ルクレール 「レッドブルF1のマシン開発率は懸念事項」

2022年4月12日
シャルル・ルクレール 「レッドブルF1のマシン開発率は懸念事項」
シャルル・ルクレールは、レッドブルF1のマシン開発率が今年のフェラーリを上回り、タイトルの見通しを損ねる可能性があることを懸念いると語る。

F1オーストラリアGPでの優勝により、シャルル・ルクレールは、3レース後にドライバーズランキングで2位のジョージ・ラッセルを34ポイントリードし、フェラーリはコンストラクターズでメルセデスを39ポイント上回っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム