シャルル・ルクレール F1マイアミGPスプリント予選2位「雑音に歯止め」

2024年5月4日
シャルル・ルクレール F1マイアミGPスプリント予選2位「雑音に歯止め」
シャルル・ルクレールはF1マイアミGPのスプリント予選でフロントロウを獲得し、調子の落ち込みに歯止めがかけ、「人々が話すのを止める」ことができたと感じている。

プラクティスでルクレールはクラッチトラブルに見舞われ、マイアミのトラックのターン16でスピンを喫し、わずか3周しか走れなかった。

ルクレール 「ニューウェイがフェラーリF1に加入すれば素晴らしい」

2024年5月3日
シャルル・ルクレール 「ニューウェイがフェラーリF1に加入すれば素晴らしい」
シャルル・ルクレールは、最近のマラネロチームの進歩にもかかわらず、F1デザインの最高峰であるエイドリアン・ニューウェイがスクーデリア・フェラーリに加えるになれば「素晴らしいこと」だと認める。

レッドブルは2日(水)、約20年間所属したエイドリアン・ニューウェイが2025年シーズン第1四半期限りでチームを去ることを発表。ライバルチームへの加入への道が開かれた。

シャルル・ルクレール F1中国GP決勝「ハードタイヤでの遅さは奇妙」

2024年4月22日
シャルル・ルクレール F1中国GP決勝「ハードタイヤでの遅さは奇妙」
シャルル・ルクレールはF1中国GP決勝レースで表彰台争いに加われず、ハードタイヤでのフェラーリのペースの悪さに困惑した。

フェラーリのチームメイト、カルロス・サインツJr.と戦いながらスタートでジョージ・ラッセルにポジションを奪われたルクレールは、1ストップ作戦を駆使して序盤に4番手まで順位を上げた。

ルクレール F1中国GPスプリント「サインツの防御は一線を越えていた」

2024年4月20日
ルクレール F1中国GPスプリント「サインツの防御は一線を越えていた」
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1中国GPのスプロントレースでチームメイトのカルロス・サインツがディフェンスで「一線を越えていた」と感じている。

フェルナンド・アロンソの後方でDRSを使用していたバトルは、サインツがターン7のアウト側でアストンマーティンのドライバーにアタックしたことで勃発。セルジオ・ペレス(レッドブル)とルクレールの両者が戦いに加わった。

フェラーリF1代表 「ハミルトンの加入はルクレールの成長の助けになる」

2024年4月18日
フェラーリF1代表 「ハミルトンの加入はルクレールの成長の助けになる」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるフレデリック・バスールは、2025年に迫ったルイス・ハミルトンのチーム加入がシャルル・ルクレールのドライバーとしての成長を「助けてくれる」と確信している。

フェラーリは、今シーズン開幕前、メルセデスとの契約解除条項を発動させたハミルトンを獲得することで合意したと発表した。

ルクレール アロンソの現役続行に複雑「F1にふさわしい若手は沢山いる」

2024年4月17日
シャルル・ルクレール アロンソの現役続行に複雑「F1にふさわしい若手は沢山いる」
シャルル・ルクレールは、フェルナンド・アロンソがすでに43歳になろうとしているにもかかわらず、F1でレースを続けるという決断を下したことに複雑な心境のようだ。

しかし、アロンソがアストンマーティンF1で現役を続投するという決断は、長年の親友でチームアンバサダーのペドロ・デ・ラ・ロサの全面的な支持がある。

シャルル・ルクレール アイスクリーム業界に進出も「人生の99%はF1」

2024年4月13日
シャルル・ルクレール アイスクリーム業界に進出も「人生の99%はF1」
シャルル・ルクレールは、アイスクリーム業界への参入にもかかわらず、F1に全力で取り組み続けると主張する。

最近、フェラーリのF1ドライバーのルクレールは生まれ故郷のモナコでアイスクリームパーラーをオープンしたいという噂が流れたが、その後、この構想は一気に加速した。

フェラーリF1代表 シャルル・ルクレールの不調は「まったく心配してない」

2024年4月9日
フェラーリF1代表 シャルル・ルクレールの不調は「まったく心配してない」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるフレデリック・バスールは、シャルル・ルクレールの現在の不調について「まったく」心配していないと主張した。

鈴鹿のレースに先立ち、F1ジャーナリストのマリジン・アッベンハイスはルクレールに、現在失職中のチームメイト、カルロス・サインツが今年のフェラーリで今のところ輝きを放っていることを心配しているかと尋ねた。

シャルル・ルクレール F1日本GP決勝「予選ペースが問題」

2024年4月8日
シャルル・ルクレール F1日本GP決勝「予選ペースが問題」
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2024年F1第4戦日本GPの決勝を4位でフィニッシュ。予選が結果に響いたと語った。

ルクレールは、ミディアムのオープニングスティントを延長する果敢な作戦に出たが、最終的にサインツが表彰台の最後のスポットを獲得するために押し寄せるのをただ見守ることしかできなかった。ルクレールは、今日はこれ以上のことができなかったと主張する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム