シャルル・ルクレール 「F1で初めてリードをコントロールできたレース」

2022年4月11日
シャルル・ルクレール 「F1で初めてリードをコントロールできたレース」 / スクーデリア・フェラーリ F1オーストラリアGP決勝
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリで“グランドスラム”を達成する完全勝利。F1で初めてレースのリードをコントロールできたと語った。

ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレールは、58周すべてをリードし、アルバート・パークでの初勝利を達成。唯一、チャレンジしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は39周目にリタイアし、そこからは独走状態となった。

シャルル・ルクレール、圧巻のポール「最大の制限は太陽だった」

2022年4月10日
シャルル・ルクレール、圧巻のポール「最大の制限は太陽だった」 / スクーデリア・フェラーリ F1オーストラリアGP予選
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選でポールポジションを獲得した。

多くのドライバーが問題を修正しながら進めてきた週末で、シャルル・ルクレールはすべてのセッションで安定感を見せていた。予選でも赤旗中断などの混乱があったが、シャルル・ルクレールはきっちりと仕事をこなして唯一の1分17秒台となる1分17秒868をマークして、今シーズン2回目、通算11回目のポールポジションを獲得。最大の制限は“太陽”だったと語った。

シャルル・ルクレール 「レッドブルF1はラップをまとめられなかった」

2022年4月8日
シャルル・ルクレール 「レッドブルF1はラップをまとめられなかった」 / スクーデリア・フェラーリ F1オーストラリアGP 金曜フリー走行
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリ初日のフリー走行でトップタイムをマークしたが、レッドブル・レーシングは予選に向けてさらにペースを発揮してくると警戒する。

シャルル・ルクレールは、マックス・フェルスタッペンに0.25秒差をつけてFP2でトップタイムをマークしたが、フェルスタッペンがトラフィックに遭遇し、フライングラップでタイヤを六佐瀬、摩耗したソフトタイヤでファステストラップを記録している。

レッドブルF1首脳 「サインツがルクレールからポイントを奪うことを期待」

2022年4月8日
レッドブルF1首脳 「サインツがルクレールからポイントを奪うことを期待」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリでカルロス・サインツがシャルル・ルクレールから“0.3~0.4秒”遅れており、チームメイトからポイントを奪えていないことはレッドブル・レーシングにとって問題だと語った。

2年間未勝利だったフェラーリだが、F1新時代を迎えた2022年にトップ争いに返り咲き、タイトル防衛を目指すマックス・フェルスタッペンの主要なライバルとして浮上した。少なくともシャルル・ルクレールはそうだと考えられている。

シャルル・ルクレール 「F1王者ベッテルから多くのことを学んだ」

2022年4月7日
シャルル・ルクレール 「F1王者ベッテルから多くのことを学んだ」
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、元チームメイトのセバスチャン・ベッテルとの2シーズンから「多くのことを学んだ」と語る。

シャルル・ルクレールは、セバスチャン・ベッテルと2019年と2022年にフェラーリでチームメイトだった。フェラーリのアカデミードライバーとしてジュニアカテゴリーで成功を収めたルクレールは、ザウバーと1シーズンだけF1を戦った後、2019年にスクーデリア・フェラーリに昇格した。

シャルル・ルクレール 「フェラーリF1のPUが他より有利だとは思っていない」

2022年4月4日
シャルル・ルクレール 「フェラーリF1のPUが他より有利だとは思っていない」
シャルル・ルクレールは、フェラーリが2022年のF1パワーユニットで他メーカーよりも有利であるとは考えていない。

今年、フェラーリによって構築されたエンジンは好調で、ハースF1チームの代表を含めたギュンターシュタイナーた人々は、グリッド上で最高のエンジンだと評価している。

ルクレール 「フェルスタッペンとのバトルでF1-75の弱点が浮き彫りに」

2022年4月2日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「フェルスタッペンとのバトルでF1-75の弱点が浮き彫りに」
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1サウジアラビアGPでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)からリードを奪ったときにフェラーリF1-75の弱点が明らかになったと語る

レース終盤に二人のドライバーは勝利をかけて激闘を演じ、最終的にマックス・フェルスタッペンがDRSのアドバンテージを利用してシャルル・ルクレールをパスしてレースを制した。

シャルル・ルクレール 「ピットストップの準備はブラフではなかった」

2022年3月30日
シャルル・ルクレール 「ピットストップの準備はブラフではなかった」 / F1サウジアラビアGP決勝
シャルル・ルクレールは、F1サウジアラビアGPでの1回目のピットストップが近づいたときにピットレーンにピットクールが出たのは、レッドブルにトップを走行するセルジオ・ペレスをピットインさせるためのブラフだったとの見方を否定した。

シャルル・ルクレールは、ポールポジションからスタートしてポジションをキープしていたセルジオ・ペレスにしっかりとついていき、アンダーカットの脅威となるために十分に距離を縮めることができていた。

シャルル・ルクレール 「DRSがなければF1レースは退屈なものになる」

2022年3月29日
シャルル・ルクレール 「DRSがなければF1レースは退屈なものになる」
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、DRSが奪われた場合、F1レースは「非常に退屈」になると考えている。

サウジアラビアグランプリでのマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールの優勝争いはDRSの有効性によって揺さぶられた。二人は、自分がDRSの権利を得るために、お互いに相手をだまして最終コーナー前のDRS検知ポイントを通過させようといたちごっこを演じた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム