ルクレール F1日本GP予選「フィーリングは悪くなかったのに1秒遅れ…」

2024年4月6日
シャルル・ルクレール F1日本GP予選「フィーリングは悪くなかったのに1秒遅れ…」
シャルル・ルクレールは、2024年F1第4戦日本GPの決勝レースで8番グリッドを獲得した後、予選でのパフォーマンスの悪さに当惑した。

フェラーリのルクレールはしソフトタイヤをあっという間に使い切ってしまい、Q3には1セットしか残っていなかった。何人かのドライバーはQ3終盤にタイムを更新するのに苦労したが、ルクレールは自分の問題はフェラーリ特有のものだと考えている。

ルクレール F1日本GPヘルメットでジュール・ビアンキをトリビュート

2024年4月5日
シャルル・ルクレール F1日本GPヘルメットでジュール・ビアンキをトリビュート
フェラーリのF1ドライバー、シャルル・ルクレールは、今週末の日本GPで故ジュール・ビアンキに捧げる感動的なヘルメットのデザインを発表した。

ビアンキは、10月に開催された2014年のレース中に濡れた鈴鹿サーキットのコースでアクアプレーニング事故を起こし、重傷を負い、その7カ月後に帰らぬ人となった。

シャルル・ルクレール F1日本GP展望「鈴鹿でレッドブルは競争力がある」

2024年4月4日
シャルル・ルクレール F1日本GP展望「鈴鹿でレッドブルは競争力がある」
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)が、2024年F1第4戦日本GPへの展望を語った。

シャルル・ルクレールは鈴鹿のパドックにあるスクーデリア・フェラーリのホスピタリティでメディアに応対し、今週末の日本GPを前に開幕から3戦を振り返って次のように語った。「たとえ気を緩めてはならないし、努力を続けなければならないとしても、チャンピオンシップのスタートには満足できると思う」

鈴鹿サーキット入りするシャルル・ルクレールにF1ファン殺到

2024年4月4日
鈴鹿サーキット入りするシャルル・ルクレールにF1ファン殺到
スクーデリア・フェラーリは、鈴鹿サーキット入りするシャルル・ルクレールの動画を公開した。

いよいよF1日本GPの週末がスタート。木曜日にも関わらず、ピットウォークなどのイベントが予定されている鈴鹿サーキットには多くのF1ファンが集まっている。

F1ドライバーもメディア活動などのために鈴鹿入り。シャルル・ルクレールはフェラーリを自ら運転してサーキットに向かった。

ルクレール F1オーストラリアGPは「FP1からフェラーリが勝てると察知」

2024年3月27日
シャルル・ルクレール F1オーストラリアGPは「FP1からフェラーリが勝てると察知」
シャルル・ルクレールは、チームメイトのカルロス・サインツとともに、スクーデリア・フェラーリの2024年F1マシンがオーストラリアGPで勝利する能力があることを金曜日のプラクティス1回目から察知できたと語った。

2番手スタートのサインツは2周目にポールシッターのマックス・フェルスタッペンをアウト側からパス。その後、フェルスタッペンは右リブレーキの激しい故障でリタイアした。その結果、フェラーリは1-2フィニッシュを達成した。

シャルル・ルクレール 「サインツは多くのF1チーム代表者と交渉している」

2024年3月26日
シャルル・ルクレール 「サインツは多くのF1チーム代表者と交渉している」
シャルル・ルクレールは、2024年F1第3戦オーストラリアGPでの素晴らしいパフォーマンスを受けて、フェラーリのチームメイトであるカルロス・サインツJr.のF1での将来を確保するための歯車がすでに動いていることをほのめかした。

スクーデリア・フェラーリがメルセデスからルクレールのパートナーとしてルイス・ハミルトンの加入を発表した後、サインツは来季に向けてまだ失業中だ。

ルクレール F1オーストラリアGP決勝「今週はサインツの方が一枚上手」

2024年3月25日
シャルル・ルクレール F1オーストラリアGP決勝「今週はサインツの方が一枚上手」
シャルル・ルクレールは、2024年F1第3戦オーストラリアGPでフェラーリのチームメイトであるカルロス・サインツを破って優勝するチャンスを得るには「もっとうまくやる」必要があったことを認めた。

フェラーリはマックス・フェルスタッペンがリタイアにつながった右リアブレーキのスタックに乗じて、2022年の開幕戦バーレーンGP以来となる1-2フィニッシュを達成した。

シャルル・ルクレール F1オーストラリアGP予選「変なフィーリングだった」

2024年3月24日
シャルル・ルクレール F1オーストラリアGP予選「変なフィーリングだった」
シャルル・ルクレールは、2024年F1第3戦オーストラリアGPの予選を5番手で終了。フェラーリF1マシンで遭遇した「変なフィーリング」に当惑したと語る。

ルクレールは、FP2でタイムシートトップのマックス・フェルスタッペンにコンマ4秒近くの差を付け、ポールポジション獲得の最有力候補と目されていた。FP3でも僅差でトップのアドバンテージを保っていたが、予選ではフェルスタッペンのベンチマークから0.520秒遅れの5番グリッドに後退した。

シャルル・ルクレール F1オーストラリアGP初日「ポール獲得のチャンス」

2024年3月22日
シャルル・ルクレール F1オーストラリアGP初日「ポール獲得のチャンス」
シャルル・ルクレールは、2024年F1第4戦オーストラリアGPの2回目のプラクティスセッションでトップタイムを記録した後、フェラーリのペースに手応えを感じており、今年の最初の2レース週末よりも良いポジションにいることを期待している。

ルクレールはFP2で1分17秒277を記録し、マックス・フェルスタッペンに0.381秒差をつけてトップに立った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム