ルーベンス・バリチェロ:F1インドGPプレビュー

2011年10月25日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロが、F1インドGPへの意気込みを語った。

ルーベンス・バリチェロ (ウィリアムズ)
「インドには行ったことがないし、サーキットも新しいので、トラックを理解できるように家庭用シミュレーターで準備してきた。文化的な面で他の週末とは違いそうなので、今回のレースを本当に楽しみにしている」

セバスチャン・ベッテル、バリチェロにヘルメットをプレゼント

2011年10月15日
セバスチャン・ベッテル ルーベンス・バリチェロ
セバスチャン・ベッテルが、ルーベンス・バリチェロに彼のヘルメットをプレゼントしていたことが明らかになった。

ルーベンス・バリチェロが、F1ドライバーのヘルメットを集めていることを知ったセバスチャン・ベッテルは、「あたなたの友人」とサインしたヘルメットをバリチェロに贈ったという。

ルーベンス・バリチェロ:F1韓国GPプレビュー

2011年10月11日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロが、F1韓国GPへの意気込みを語った。

ルーベンス・バリチェロ (ウィリアムズ)
「去年のレースはとても楽しかった。ウェットタイヤでのレースだったので、今年もどんな天候になるか様子をみてみなければならないけど、去年は良いグランプリだったので楽しみにしている」

ルーベンス・バリチェロ 「キミ・ライコネンよりいい仕事ができる」

2011年10月7日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、噂されているキミ・ライコネンよりも、自分の方がウィリアムズのためにいい仕事ができると主張している。

先月、キミ・ライコネンはウィリアムズのファクトリーを訪問しており、来年ルーベンス・バリチェロに代わってウィリアムズのシートに座るとの推測が広まっている。

ルーベンス・バリチェロ:F1日本GPプレビュー

2011年10月4日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロが、F1日本GPへの意気込み、鈴鹿サーキットの印象を語った。

ルーベンス・バリチェロ (ウィリアムズ)
「日本が大好きだし、鈴鹿サーキットは本物のドライバーズサーキットだと思う。S字、ピットエリア裏がサーキットのお気に入りの部分だ。いつも良い興奮がある。鈴鹿でチャンピオンシップが決まりそうだし、今年もそれは変わらない」

ニコ・ヒュルケンベルグ、ルーベンス・バリチェロの境遇に同情

2011年9月22日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグは、ルーベンス・バリチェロの置かれた立場を理解できると述べた。

1年前、ウィリアムズで堅実なデビューシーズンを送ったニコ・ヒュルケンベルグだが、2011年の新しい契約を得られるかをシーズン末まで待たなければならなかった。

ブラジルGPでFW32をポールポジションに並べたニコ・ヒュルケンベルグだが、最終的にベネズエラからの支援で巨額の資金を持ち込んだパストール・マルドナドにシートを奪われた。

ルーベンス・バリチェロ:F1シンガポールGPプレビュー

2011年9月20日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロが、F1シンガポールGPへの意気込みを語った。

ルーベンス・バリチェロ (ウィリアムズ)
「シンガポールは大好きだし、ナイトレースは素晴らしい成功を収めていると思う。コーナーの全てが非常にチャレンジングであまりお気に入りのコーナーはない。例えば、ターン4はバンプがいくつかあって2倍の集中力がいる中速コーナーだけど多くのタイムを稼げる」

ルーベンス・バリチェロ:F1イタリアGPプレビュー

2011年9月6日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロが、F1イタリアGPへの意気込みを語った。

ルーベンス・バリチェロ (ウィリアムズ)
「モンツァは、大好きなサーキットだ。ここでは優れたブレーキとトラクションが重要なので、良いレースをするためにはマシンセットアップが重要な要因になる。過去にあそこで買っているので、再びモンツァでレースをするのを本当に楽しみにしている」

ルーベンス・バリチェロ、ウィリアムズのシート喪失の可能性を認める

2011年8月27日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、チームの「経済問題」のためにウィリアムズのシートを失うかもしれないという報道を認めた。

ルーベンス・バリチェロは27日(土)、ホンダで256戦のF1出走記録を達成した際のヘルメットを自身のTwitterに投稿。

「このヘルメットを覚えていてくれ...257戦? 340戦やそれ以上を楽しみにしている」とルーベンス・バリチェロはコメント。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム