ルーベンス・バリチェロ、KVレーシングでシート合わせを完了

2012年1月27日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロが、インディカーのKVレーシングでシート合わせを完了し、来週新しいDW12シャシーをテストすることを友人であるトニー・カナーンが明かした。

インディカーは、来週セブリング・インターナショナル・レースウェイで2日間にわたってテストを実施。ルーベンス・バリチェロは、KVレーシングの1台をドライブする。

ルーベンス・バリチェロ、インディカーをテスト

2012年1月26日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロが、インディカーでテストを行うと報じられている。

ウイリアムズがブルーノ・セナと契約したことで、ルーベンス・バリチェロはF1シートを喪失。来季の活動は決定していない。

AP通信 は、ルーベンス・バリチェロが来週セブリングで2日間にわたりKVレーシング・テクノロジーのインディカーをテストすると報道。KVレーシングは、昨年まで佐藤琢磨が所属していたチームだ。

ルーベンス・バリチェロ、F1引退について明言を避ける

2012年1月18日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、F1引退について語ることを拒否している。

ウィリアムズがブルーノ・セナの起用を発表したことで、残る空席はスポンサー資金が必要なHRTだけとなり、ルーベンス・バリチェロのF1史上最多出走記録は終わりを迎えようとしている。

ブラジルの O Estado de S.Paulo は、ルーベンス・バリチェロに連絡をとったが、今は話したくないとのことだったという。

ブルーノ・セナ 「バリチェロとの関係は変わらない」

2012年1月18日
ブルーノ・セナ ルーベンス・バリチェロ
ウィリアムズがブルーノ・セナと契約したことにより、ルーベンス・バリチェロがF1シートを失うことはほぼ間違いない状況となったが、ブルーノ・セナは、それが同郷のルーベンス・バリチェロとの関係に影響することはないと考えている。

「彼と話をするチャンスはなかったけど、僕とルーベンスは初めて会ったときから素晴らしい関係だ」とブルーノ・セナは説明。

ルーベンス・バリチェロ、ウィリアムズのシート喪失の心境を告白

2012年1月17日
ルーベンス・バリチェロ
ウィリアムズがブルーノ・セナの起用を発表した直後、ルーベンス・バリチェロは自身の心境をTwitterにコメントした。

ウィリアムズは17日(火)、2012年のレースドライバーとしてブルーノ・セナと契約したことを発表。ルーベンス・バリチェロは2012年のF1シートを失った。

残りのシートはHRTのひとつだけだが、HRTはルーベンス・バルチェロの起用を除外しており、ルーベンス・バリチェロのF1残留はほぼ不可能。“引退”への道も現実的となってきた。

ルーベンス・バリチェロ 「僕がウィリアムズで走るべき」

2012年1月17日
ルーベンス・バリチェロ
ウィリアムズのシート候補には他のドライバーの名前が挙げられているが、ルーベンス・バリチェロはまだ「ポジティブに考えている」と主張した。

ウィリアムズは2012年のドライバーとしてパストール・マルドナドを起用することは発表しているが、もうひとつのシートについては決定しておらず、ルーベンス・バリチェロのF1での将来はまだ決まっていない。

ルーベンス・バリチェロ、2012年のウィリアムズ残留に望み

2012年1月3日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、2012年のウィリアムズのレースシート候補に戻ったと報じられている。

ウィリアムズは、パストール・マルドナドの新しいチームメイトとしてエイドリアン・スーティルを検討しているとされ、ルーベンス・バリチェロのF1キャリアは終焉を迎えると予想されていた。

しかし、Gulf Today は、「(バリチェロ)は候補に戻っており、現在2012年のウィリアムズで走るチャンスがある」とするバリチェロに近い筋のコメントを紹介。

ルーベンス・バリチェロ 「一番の可能性はウィリアムズ」

2011年12月1日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、キミ・ライコネンがロータス・ルノーGPと契約したことが自身の今後に影響を与えることはないと述べた。

ウィリアムズのシートを失う可能性があるルーベンス・バリチェロは、2012年のルノーの空席を狙っていると見られていた。

「ゴシップ記事ばかりなので、今週は何も読んでいないよ」とルーベンス・バリチェロは Globo にコメント。

ルーベンス・バリチェロ 「競争力のあるマシンでF1に残る」

2011年11月29日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、お金のためにF1残留を選ぶことはないと述べた。

29日、ロータス・ルノーGPはキミ・ライコネンとの契約を発表。ライコネンは当初ウィリアムズと契約するものとみられていたが、突然交渉が決裂したのは報酬面での折り合いがつかなかったためだとされている。

キミ・ライコネンの線が消えたことでウィリアムズ残留の可能性も高まってきたルーベンス・バリチェロは「大きな契約は必要ではない」とお金は問題ではないことを主張。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム