ゲルハルト・ベルガー 「アイルトン・セナは100%F1に専念していた」

2022年4月7日
ゲルハルト・ベルガー 「アイルトン・セナは100%F1に専念していた」
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、マクラーレン・ホンダ時代にチームメイトを組んだアイルトン・セナは彼が出会った中で“ベスト”のドライバーだと語り、同じ車で彼に匹敵することがどれだけの挑戦だったかを明かした。

マクラーレン・ホンダでの3シーズンで、アイルトン・セナは、1990年と1991年に2つのF1ワールドチャンピオンを獲得した。その期間で、セナは、ゲルハルト・ベルガーの3勝に対し、16勝を収めている。

ナイジェル・マンセル、“セナ・タクシー”で有名なウィリアムズFW14を放出

2022年3月31日
F1:ナイジェル・マンセル、“セナ・タクシー”で有名なウィリアムズFW14を放出
元F1ワールドチャンピオンのナイジェル・マンセルは、“セナ・タクシー”で有名な『ウィリアムズ FW14』をオークションに出品する。

ナイジェル・マンセルとアイルトン・セナがF1にクラシックシーンのひとつを提供したのは1991年のF1イギリスGP。ホームグランプリで圧倒的な速さでポールポジションを獲得し、すべてのラップをリードし、ファステストラップを獲得し、レースに勝利した。

ウィリアムズF1、マシンへのアイルトン・セナのロゴの掲載終了を決断

2022年2月16日
ウィリアムズF1、マシンへのアイルトン・セナのロゴの掲載終了を決断
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピートは、2022年F1マシン『FW44』で3回のF1ワールドチャンピオンであるアイルトン・セナに敬意を表いて27年間F1マシンに掲載してきた“S”のロゴを外した理由を説明した。

ウィリアムズFW16を運転したアイルトン・セナがイモラで命を落とした翌年の1995年から、チームはアイルトン・セナを称えるためにF1マシンのノーズににセナの“S”のロゴを掲載してきた。

レッドブルF1首脳が語るフェルスタッペンの“セナ/シューマッハとの類似点”

2022年2月4日
レッドブルF1首脳が語るフェルスタッペンの“セナ/シューマッハとの類似点”
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新たなF1ワールドチャンピオンとなったマックス・フェルスタッペンが、F1レジェンドのアイルトン・セナやミハエル・シューマッハとかなりの数の類似点を共有していると信じている。

アイルトン・セナとミハエル・シューマッハは、1980年代後半から2000年代半ばにかけてF1世界選手権でそれぞれ3回と7回のタイトルを獲得し、F1がこれまでに見た中で最も成功した才能のあるドライバーの2人としての地位を固めた。

デビッド・クルサード 「フェルスタッペンの姿勢はセナやシューマッハを彷彿」

2022年1月1日
F1:デビッド・クルサード 「フェルスタッペンの姿勢はセナやシューマッハを彷彿」
元F1ドライバーにデビッド・クルサードは、2021年のF1ワールドチャンピオンに輝いたマックス・フェルスタッペンは、アイルトン・セナやミハエル・シューマッハと同じタイムの“華々しさ”と“争いの種”になるドライバーだと語る。

マックス・フェルスタッペンは、シーズンの初めから終わりまで論争に満ちたルイス・ハミルトンとの激しいタイトル争いを制し、自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

アラン・プロスト 「アイルトン・セナにF1引退を取り消すよう懇願された」

2021年12月25日
アラン・プロスト 「アイルトン・セナにF1引退を取り消すよう懇願された」
アラン・プロストは、アイルトン・セナが自分のパフォーマンスレベルを維持するためにF1引退を取り消すよう彼に懇願したと語る。

アイルトン・セナとアラン・プロストという2人のF1ワールドチャンピオンのライバル関係は、F1史上最も偉大で激しいものとして永遠に記録されている。だが、アラン・プロストがF1キャリアに終止符を打つ決断をしたとき、アイルトン・セナはそれを受け入れる準備ができていなかった。

ジャン・トッド 「1994年にアイルトン・セナのフェラーリF1加入を拒否した」

2021年12月1日
ジャン・トッド 「1994年にアイルトン・セナのフェラーリF1加入を拒否した」
元フェラーリF1のチーム代表を務めるジャン・トッドは、1994年に先駆けてチームに加入したいというアイルトン・セナの打診を拒否したことを明らかにした。

アイルトン・セナのフェラーリF1加入は“決して怒らなかった夢のF1移籍”リストで常に登場するが、1994年に実現する可能性があった。

「アイルトン・セナが降臨した」 ハミルトンの勝利を国際メディアが称賛

2021年11月16日
「アイルトン・セナが降臨した」 ハミルトンの勝利を国際メディアが称賛 / F1ブラジルGP
F1ブラジルGPでのルイス・ハミルトンの勝利は世界中で称賛され、多くの人が彼のパフォーマンスを母国のヒーローであるアイルトン・セナのパフォーマンスに例えた。

F1ブラジルGPはまさにルイス・ハミルトンの独壇場だった。予選での失格、エンジン降格ペナルティを乗り越えての今季6勝目。さらに重要なことに、残り3レースでドライバーズランキングでのマックス・フェルスタッペンとの差を14ポイントまで縮めた。

タグ・ホイヤー、伝説のF1王者アイルトン・セナを称えたタイムピースを発表

2021年11月10日
タグ・ホイヤー、伝説のF1王者アイルトン・セナを称えたタイムピースを発表
30年前、アイルトン・セナは3度目のF1ワールドチャンピオンに輝き、3度タイトルを獲得した史上最年少のF1ドライバーとなった。タグ・ホイヤーは、このレジェンドドライバーを記念し、『タグ・ホイヤー フォーミュラ1 アイルトン・セナ スペシャルエディション』を発表した。

1991年11月3日、アイルトン・セナは、オーストラリアグランプリを制し、シーズン6勝目を挙げてフォーミュラ1世界選手権優勝を決めた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム