アラン・プロスト 「アイルトン・セナにF1引退を取り消すよう懇願された」

2021年12月25日
アラン・プロスト 「アイルトン・セナにF1引退を取り消すよう懇願された」
アラン・プロストは、アイルトン・セナが自分のパフォーマンスレベルを維持するためにF1引退を取り消すよう彼に懇願したと語る。

アイルトン・セナとアラン・プロストという2人のF1ワールドチャンピオンのライバル関係は、F1史上最も偉大で激しいものとして永遠に記録されている。だが、アラン・プロストがF1キャリアに終止符を打つ決断をしたとき、アイルトン・セナはそれを受け入れる準備ができていなかった。

ジャン・トッド 「1994年にアイルトン・セナのフェラーリF1加入を拒否した」

2021年12月1日
ジャン・トッド 「1994年にアイルトン・セナのフェラーリF1加入を拒否した」
元フェラーリF1のチーム代表を務めるジャン・トッドは、1994年に先駆けてチームに加入したいというアイルトン・セナの打診を拒否したことを明らかにした。

アイルトン・セナのフェラーリF1加入は“決して怒らなかった夢のF1移籍”リストで常に登場するが、1994年に実現する可能性があった。

「アイルトン・セナが降臨した」 ハミルトンの勝利を国際メディアが称賛

2021年11月16日
「アイルトン・セナが降臨した」 ハミルトンの勝利を国際メディアが称賛 / F1ブラジルGP
F1ブラジルGPでのルイス・ハミルトンの勝利は世界中で称賛され、多くの人が彼のパフォーマンスを母国のヒーローであるアイルトン・セナのパフォーマンスに例えた。

F1ブラジルGPはまさにルイス・ハミルトンの独壇場だった。予選での失格、エンジン降格ペナルティを乗り越えての今季6勝目。さらに重要なことに、残り3レースでドライバーズランキングでのマックス・フェルスタッペンとの差を14ポイントまで縮めた。

タグ・ホイヤー、伝説のF1王者アイルトン・セナを称えたタイムピースを発表

2021年11月10日
タグ・ホイヤー、伝説のF1王者アイルトン・セナを称えたタイムピースを発表
30年前、アイルトン・セナは3度目のF1ワールドチャンピオンに輝き、3度タイトルを獲得した史上最年少のF1ドライバーとなった。タグ・ホイヤーは、このレジェンドドライバーを記念し、『タグ・ホイヤー フォーミュラ1 アイルトン・セナ スペシャルエディション』を発表した。

1991年11月3日、アイルトン・セナは、オーストラリアグランプリを制し、シーズン6勝目を挙げてフォーミュラ1世界選手権優勝を決めた。

マックス・フェルスタッペン、ホンダF1エンジンでセナを超える年間9勝目

2021年11月8日
マックス・フェルスタッペン、ホンダF1エンジンでセナを超える年間9勝目 / F1メキシコGP 決勝
マックス・フェルスタッペンはF1メキシコGPでシーズン9勝目を挙げ、1988年に年間8勝を挙げたアイルトン・セナを抜き、ホンダのF1エンジンの1シーズンのドライバー記録を塗り替えた。

3番グリッドのマックス・フェルスタッペンは、スタートで見事な加速を見せ、2台のメルセデスを交わしてターン1で首位を奪う。

F1:アイルトン・セナのキャリアを陰で支えた父ミルトンが死去

2021年10月29日
F1:アイルトン・セナのキャリアを陰で支えた父ミルトンが死去
故アイルトン・セナの父であり、元F1ドライバーのブルーノ・セナの祖父であるミルトン・ダ・シルバが水曜日にサンパウロで他界した。享年94歳。

3回のF1ワールドチャンピオンであるアイルトン・セナは、母親の名前でレースをしていたが、彼の父親はセナの人生において静かでありながら永続的な力だった。

「セナとフェルスタッペンの比較は真剣に受け止めるべき」と元F1ドライバー

2021年6月17日
「セナとフェルスタッペンの比較は真剣に受け止めるべき」と元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガー
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、自分にとってアイルトン・セナはまだ“特別”な存在だが、ホンダF1がそう言うのであれば、セナとマックス・フェルスタッペンの比較は真剣に受け止められるべきだと語る。

最近、ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、F1モナコGPでのレッドブルの勝利に続き、マックス・フェルスタッペンとアイルトン・セナの間には類似点があると語った。

ホンダF1 山本雅史 「フェルスタッペンとアイルトン・セナが重なって見える」

2021年5月28日
ホンダF1 山本雅史 「フェルスタッペンとアイルトン・セナが重なって見える」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、レッドブル・ホンダF1のリードドライバーとホンダのF1エンジンで伝説を残したアイルトン・セナが重なって見えると語る。

先週末のF1モナコGPでは、レッドブル・レーシング・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、スタートから事実上一度もリードを譲らない盤石のレース運びで勝利を挙げた。モナコでのホンダF1エンジン/パワーユニットの優勝は、1992年のアイルトン・セナ選手以来だった。

ホンダF1、1992年のアイルトン・セナ以来のF1モナコGP制覇!

2021年5月24日
ホンダF1、1992年のアイルトン・セナ以来のF1モナコGP制覇!通算80勝目!
2021年のF1モナコGPでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。ホンダF1にとっては1992年のアイルトン・セナ以来のF1モナコGP制覇となった。

レースはシャルル・ルクレール(フェラーリ)が決勝前にドライブシャフトが故障して出走を断念したことで、トップからスタートしたマックス・フェルスタッペンが事実上のポール・トゥ・ウイン。今季2勝目、通算12勝目、F1モナコGPでは初勝利を挙げた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム