F1 アイルトン・セナ マクラーレン バーニー・エクレストン
アイルトン・セナが1993年に最後にF1モナコGPを制したF1マシン『マクラーレン MP4/8A』を元F1の最高経営責任者であるバーニー・エクレストンが約419万ユーロ(約5億4928万円)で購入した。

アイルトン・セナは、マクラーレン MP4/8Aのシャシーナンバー6でF1モナコGPの最多勝利記録となる6勝目を達成。その記録は25年経った今もまだ破られていない。

5月11日(金)の夕方にモナコでボナムズ主催のオークションが開催され、3,650,000ユーロの値段でバーニー・エクレストンが落札。バイヤーのプレミアムが追加され、最終的にバーニー・エクレストンが支払った金額は4,197,500ユーロまで上がった。

これまでオークションに出品されたなかで最も価値の高い近代F1マシンは、昨年11月にニューヨークで実施されたオークションに出品されたミハエル・シューマッハが最後にF1モナコGPを制したフェラーリの2001年F1マシン『F2001』の750万4000ドル(約8億4000万円)となっている。

バーニー・エクレストンは、ヒストリックF1カーを多数コレクションしており、彼のブラバムは過去数年でオークションで売却されているものの、今でも多くが保管されている。

ホンダに与えられた以外のアイルトン・セナ時代のマクラーレンは、チームのワーキングの本拠地からほとんど離れたことはない。

ボナムズによると、フォード製エンジンを搭載したマクラーレン MP4/8Aは“驚くほど保存状態がよく”“正常に動作する”という。10年以上前にマクラーレンによって販売されたこのMP4/8Aは、レーサーでカーコレクターのアーロン・シューが保有していた。

1993年の第5戦から投入されたシャシーナンバー6は、その後7戦でアイルトン・セナがドライブ。最終的にセナはアラン・プロストに次ぐ、ランキング2位でシーズンを終えた。

アイルトン・セナは、F1イタリアGPでデイモン・ヒル、そして、マーティン・ブランドと接触してリタイア。その後、シャシーナンバー6は日本とオーストラリアの2戦ではスペアカーとして使用された。

11日のオークションでは、アイルトン・セナが、1984年に初めてF1モナコGPに参戦し、雨のなかで2位表彰台を獲得した伝説のマシン『トールマン ハートTG184-2』も出品。ロリー・バーンとパット・シモンズが設計したトールマン ハートTG184-2は、プレミアムも含めて1,610,000ユーロ(約2億1000万円)で落札された。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アイルトン・セナ | バーニー・エクレストン