F1 ミハエル・シューマッハ アイルトン・セナ
元F1ドライバーのエディ・アーバインは、これまでF1でレースをしたなかで“最も優れた”ドライバーなのはおそらくアイルトン・セナではなく、ミハエル・シューマッハだと語る。

ミハエル・シューマッハは、F1で史上最も成功を収めたドライバーである。308戦で7回のワールドチャンピオン、91勝、155回の表彰台、68回のポールポジションを獲得している。

ミハエル・シューマッハが、長いF1キャリアを経てF1を引退したのに対し、アイルトン・セナは志半ばでキャリアを終えることになった。

アイルトン・セナは、162戦で3回のワールドチャンピオン、41勝、80回の表彰台、65回のポールポジションを獲得していたが、1994年のサンマリノGPで悲劇的な死を遂げた。

そのカリスマ的な人気と悲劇的な死により、アイルトン・セナはF1のレジェンドとして語り継がれている。

しかし、エディ・アーバインは「史上最高のドライバーはミハエルだったと思う」と BBC Sport にコメント。

「セナのテクニックには欠陥があったと思う。彼は驚くほど才能のあるドライバーだし、素晴らしい感覚を持ち合わせていたが、いくつか正しくとは言えないテクニックを持っていたし、彼はすべてを見ていなかった」

「私の初グランプリとなった日本GPでミハエルが最速で私が2番手だったことを覚えている。セナは4番手か5番手くらいだった。ミハエルはピットエントリーで練習していたが、セナはしていなかった。そこが彼が逃していたことだ。私は彼の大ファンだが、彼らがレースをしていたときは、ミハエルが彼を倒していたと思う」

「セナは1周においては素晴らしいドライバーだったが、彼のテクニックには少し欠陥があったと思う。私はミハエルのテクニックを批判することはできなかった」

「技術的にミハエルはそれほど素晴らしくなかったが、彼の足、腕、感覚、期待といった実際の才能は誰にも負けなかった。彼がやっているように走れなかったコーナーがあった。そして、彼は私の方が速かったコーナーでは私をコピーするだけでよかった」

「シルバーストーンで最終コーナーで私の方がずっと速く、彼は私が何をやっているのか理解できなかったことを覚えている。彼はずっとテレメトリーを詳しく調べてそれを解明し、私をコピーした。それは私の問題ではあるが、彼にはそれができたし、コピーできない素晴らしい才能を持っていた」

前述のエディ・アーバインのF1デビュー戦となった日本GPでは、ラップリーダーのアイルトン・セナに対してエディ・アーバインが道を譲らず、最終ラップでクルージングしていた際に追い抜くなどの行為で怒らせ、セナがアーバインに殴りかかるという出来事があり、二人の関係は悪化した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ | アイルトン・セナ