F1オーストリアGPの2019年06月のF1情報を一覧表示します。

【速報】 マックス・フェルスタッペンが優勝!ホンダとしては13年ぶり!

2019年6月30日
F1
2019年 F1オーストリアGPの決勝が6月30日(日)にレッドブル・リンクで行われ、マックス・フェルスタッペンがスタートの失敗からオーバーテイクショーを見せてトップでチェッカー。ホンダに13年ぶりの勝利をもたらした。

フロントロー2番手からのスタートとなり大きな期待がかけられたマックス・フェルスタッペンだが、スタートに失敗して7番手まで順位を落とす。31周目にピットインして4番手でコースに復帰。そこからオーバーテイクショーを展開する。

【動画】 マックス・フェルスタッペン、スタートに失敗して7番手まで後退

2019年6月30日
F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1オーストラリアGPの決勝でスタートに失敗。オープニングラップで7番手まで順位を落とした。

フロントロー2番手からのスタートとなり大きな期待がかけられたマックス・フェルスタッペン。しかし、スタートに失敗して大きく後退。ピエール・ガスリーの前の7番手まで順位を落とす。

レッドブル・ホンダ、待望の初優勝なるか?! / F1オーストリアGP

2019年6月30日
F1 レッドブル・ホンダ オーストリアGP
レッドブル・ホンダは、F1オーストリアGPの決勝レースでマックス・フェルスタッペンがフロントロー2番グリッドからスタート。レッドブル・ホンダとして待望の初優勝に期待がかかっている。

F1オーストリアGPの舞台となるのはレッドブルのお膝元レッドブル・リンク。全長は4,326kmと4番目に短く、10個のコーナーをストレートで繋げたパワーサーキットだ。

2019年 F1オーストリアGP 決勝 | スターティンググリッド

2019年6月30日
F1 オーストリアGP
FIA(国際自動車連盟)は、2019年のF1世界選手権 第9戦 オーストリアGPの決勝スターティンググリッドを発表した。

グリッド降格ペナルティを受けるドライバーは6名。予選を2番手で終えたルイス・ハミルトンだが、Q1でのキミ・ライコネンへの進路妨害に3グリッド降格ペナルティを科せられた。

F1 | レッドブル・リンク、1コーナーを“ニキ・ラウダ・カーブ”に改名

2019年6月30日
F1 レッドブル・リンク ニキ・ラウダ
F1オーストリアGPを主催するレッドブル・リンクは、故ニコ・ラウダを記念して1コーナーの名称を“ニキ・ラウダ・カーブ( Niki Lauda Kurve)”に改名した。

F1オーストリアGPは2014年にカレンダーに復活。舞台となるレッドブル・リンクは、その名の通り、レッドブルが所有するサーキット。かつてオステルライヒリンク、A1リンクとしてグランプリを開催していたサーキットをレッドブルが改修した。

フェルスタッペンのフロントローには上機嫌のヘルムート・マルコ

2019年6月30日
F1 ヘルムート・マルコ マックス・フェルスタッペン
ピエール・ガスリーには厳しい目をむけているヘルムート・マルコだが、レッドブルのホームレースであるF1オーストリアGPでのマックス・フェルスタッペンのフロントロースタートの話になると上機嫌だ。

マックス・フェルスタッペンはF1オーストリアGPの予選で3番手タイムを記録。ルイス・ハミルトンのペナルティによってフロントロー2番グリッドから決勝をスタートすることになった。

F1 オーストリアGP 予選 | トップ10ドライバーコメント

2019年6月30日
F1 オーストリアGP 予選
2019年のF1世界選手権 第9戦 オーストリアGPの予選が6月29日(土)にレッドブル・リンクで行われた。

ポールポジションを獲得したのはフェラーリのシャルル・ルクレール。コースレコードを更新する1分03秒003を叩き出す、第2戦バーレーンGP以来となる自身2度目のポールポジションを達成した。

ホンダ | 2019年 F1オーストリアGP 予選レポート

2019年6月30日
F1 ホンダF1 オーストリアGP
F1オーストリアGP予選で、ホンダF1エンジンを搭載するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが素晴らしい走りを見せ3番手でフィニッシュ。予選後に他車のペナルティーにより決勝を2番グリッドからスタートすることが確定した。ホンダF1としては2006年以来のフロントローになる。一方、残りの3台は思うような結果を残した1日にはならなかった。

キミ・ライコネン 「ルイス・ハミルトンのペナルティは妥当」

2019年6月30日
F1 キミ・ライコネン
キミ・ライコネンは、F1オーストリアGP予選でのルイス・ハミルトンのグリッド降格ペナルティは“妥当”なものだと語る。

キミ・ライコネンは、予選Q1でアタック中にターン3でアウトラップ中のルイス・ハミルトンに目の前を横切られたことで回避行動を取らざるをえず、ラップを中断しなければならなかった。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム