F1 オーストリアGP
FIA(国際自動車連盟)は、2019年のF1世界選手権 第9戦 オーストリアGPの決勝スターティンググリッドを発表した。

グリッド降格ペナルティを受けるドライバーは6名。予選を2番手で終えたルイス・ハミルトンだが、Q1でのキミ・ライコネンへの進路妨害に3グリッド降格ペナルティを科せられた。

また、予選を5番手で終えたケビン・マグヌッセン(ハース)はギアボックス交換によって5グリッド降格。これにより、ルイス・ハミルトンは4番グリッド、マグヌッセンは10番グリッドからのスタートとなる。

また、予選を12番手で終えたニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)はPU交換による5グリッド降格ペナルティ、アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)とカルロス・サインツ(マクラーレン)はPU交換のペナルティが15グリッド以上となるため最後尾に降格。

また、予選を19番手で終えていたジョージ・ラッセルは、Q1でダニール・クビアトの走行を妨害したとして3グリッド降格ペナルティを科せられていたが、予選後にパルクフェルペルールを破ってフロントウイングを変更。ピットレーンからのスタートとなった。

それらを合わせて、ヒュルケンベルグは15番グリッド、アルボンは18番グリッド、サインツは19番グリッドからのスタートとなる。

ポールポジションからスタートするのはフェラーリのシャルル・ルクレール。フロントロー2番グリッドにはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が並ぶ。ルクレールはソフト、フェルスタッペンはミディアムと異なるタイヤでのスタートとなる。

2列目のバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンもミディアムでのスタート。タイヤ選択が結果を左右するレースになりそうだ。

2019年 F1オーストリアGP 決勝スターティンググリッド

グリッドNoドライバーチーム予選
116シャルル・ルクレールフェラーリ1(-)
233マックス・フェルスタッペンレッドブル3(↑1)
344バルテリ・ボッタスメルセデス4(↑1)
477ルイス・ハミルトンメルセデス2(↓2)
54ランド・ノリスマクラーレン6(↑1)
67キミ・ライコネンアルファロメオ7(↑1)
799アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ8(↑1)
810ピエール・ガスリーレッドブル9(↑1)
95セバスチャン・ベッテルフェラーリ10(↑1)
1020ケビン・マグヌッセンハース5(↓5)
118ロマン・グロージャンハース11(-)
123ダニエル・リカルドルノー14(↑2)
1311セルジオ・ペレスレーシングポイント16(↑3)
1418ランス・ストロールレーシングポイント17(↑3)
1527ニコ・ヒュルケンベルグルノー12(↓3)
1626ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ18(↑2)
1788ロバート・クビサウィリアムズ20(↑3)
1823アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ13(↓5)
1955カルロス・サインツマクラーレン15(↓4)
PIT63ジョージ・ラッセルウィリアムズ19
関連:2019年 F1オーストリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1オーストリアGP