レッドブルF1代表 「理想論で言えば新しいF1チームの追加は支持」

2022年8月17日
レッドブルF1代表 「理想論で言えば新しいF1チームの追加は支持」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、「理想主義的な観点」では、経済的に理にかなっているのであれば、12チームがF1グリッドに並ぶことを全面的に支持すると述べた。

マイケル・アンドレッティのF1への参入をめぐる議論は、最近、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフがアンドレッティよりも11番目のチームとしてアウディがフィールドにより多くの価値を追加するだろうと提案したことで復活した。

FIA会長、2026年のポルシェ/アウディのF1参入について大きなヒント

2022年8月11日
FIA会長、2026年のポルシェ/アウディのF1参入について大きなヒント
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、2026年の新しいF1エンジンレギュレーションが最終決定され、ポルシェとアウディがF1に参入するという主要なヒントを落とした。

F1は、2026年に新しいF1パワーユニットレギュレーションが導入されたときに、新しいメーカーを引き付けることを望んでいる。ポルシェとアウディは、しばらくの間このアイデアに到達しそうな気配を見せているが、新しいルールが合意されるのを待っている。

F1代表 「ポルシェとアウディの参入は環境への取組に信頼性をもたらす」

2022年8月9日
F1代表 「ポルシェとアウディの参入は環境への取組に信頼性をもたらす」
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、ポルシェとアウディが間もなくF1に参入することで、F1の環境への取り組みに「信頼性」がもたらされると説明する。

フォルクスワーゲン・グループの2つのブランドは、次世代F1エンジンレギュレーションとともに2026年にF1に参入する予定であり、ポルシェとレッドブルの提携は数週間以内に発表されると理解されている。

メルセデスF1代表 「アウディはアンドレッティよりもF1に価値をもたらす」

2022年8月7日
メルセデスF1代表 「アウディはアンドレッティよりもF1に価値をもたらす」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1への参入に対するアウディの関心は、グランプリレースに価値をもたらす可能性があるため、F1グリッドを11チームに拡大することを正当化すると考えている.

米国のレーシング界の重鎮であるマイケル・アンドレッティは、複数のシリーズの運営をF1に拡大しようとしているが、既存の10チームのほとんどから激しい抵抗を受けている。

ポルシェとアウディ、2026年F1エンジン規則の遅れに焦りの色

2022年7月20日
ポルシェとアウディ、2026年F1エンジン規則の遅れに焦りの色
ポルシェ、アウディ、そして、F1は、2026年のフォルクスワーゲン・ブランドのF1参戦計画が妨害される可能性に神経質になってきていると報じられている。

舞台裏では、FIAに圧力がかかっており、すでに大幅に遅れている次のまったく新しいエンジンルールの詳細を最終的に発表する必要がある。

F1が望むのはアンドレッティではなくアウディやホンダのワークス参戦?

2022年7月19日
F1が望むのはアンドレッティではなくアウディやホンダのワークス参戦?
F1とFIA(国際自動車連盟)が望むのは、マイケル・アンドレッティのF1チームではなく、自動車メーカーのアウディやホンダのワークス参戦だとThe Raceは伝えている。

マイケル・アンドレッティは、新F1チーム『アンドレッティ・グローバル』を設立して2024年のF1参入を目指してエントリーしているが、F1とFIAに回答を長く待たされている。F1の利害関係者は、2024年にアンドレッティ・グローバルF1チームのエントリーを受け入れることで得られるメリットの証拠を求めている。

アウディ、F1へのワークスチーム参戦計画はホンダのF1活動が反面教師?

2022年7月18日
アウディ、F1へのワークスチーム参戦計画はホンダのF1活動が反面教師?
アウディは、F1にワークスチームとして参戦することを検討しているとされているが、その計画は、ホンダが2015年から2021年に行った、ただのエンジンサプライヤーになるを避けるためだとThe Raceは分析する。

ポルシェはレッドブルとのコラボレーションし、レッドブルが内燃エンジン、ポルシェがERC周りの電気技術を担当するとされている。これは近年、自動車市場が電化に進んでいることを考えれば、有意義なブランディングだ。

アルファロメオCEO、アウディのF1チーム買収交渉は「知らないわけではない」

2022年7月16日
アルファロメオCEO、アウディのF1チーム買収交渉は「知らないわけではない」
アルファロメオのCEOであるジャン・フィリップ・インパラトは、アウディがザウバーF1チームの買収に関心を持っていることを知っているが、彼らサイドとして懸念してない理由を説明した。

アルファロメオは、ザウバーとのユニークな契約の一環として2019年にF1に復帰した。F1チームは、アルファロメオの名前が付けられ、イタリアのブランドのためにデザインされているが、引き続きザウバーによって運営されている。

アルファロメオ、アウディのザウバーF1買収の噂は「ノーアイデア」

2022年7月14日
アルファロメオ、アウディのザウバーF1買収の噂は「ノーアイデア」
アルファロメオのCEOであるジャン・フィリップ・インペラートは、アウディがスイスを拠点とするザウバーのF1チームを引き継ぐ準備ができているとの報道を否定することを拒否した。

現在、ジャン・フィリップ・インペラティが最高経営責任者を務める自動車メーカーのステランティスは、2025年末までザウバーと正式なネーミング契約を結んでいる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム