2022年05月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1代表 「予算上限で7チームがラスト4戦を欠場する可能性」

2022年5月26日
レッドブルF1代表 「予算上限で7チームがラスト4戦を欠場する可能性」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、予算上限を満たした場合、7チームがシーズン最後の4戦を欠場する可能性があると警告する。

メルセデス、レッドブル、フェラーリなどのビッグチームの大きな予算は、それ以外のグリッドとの間に克服できないギャップを生み出している可能性があるとの懸念が高まり、F1は2021年に初めて予算上限が導入された。

角田裕毅 「ガスリーからゆっくりと車にアプローチすることを教わった」

2022年5月26日
アルファタウリF1の角田裕毅 「ガスリーからゆっくりと車にアプローチすることを教わった」
スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は、以前の「怠惰なライフスタイル」を捨てた後、F1で進歩していると語った。

昨年、角田裕毅のF1デビューは順調なスタートを切ったが、すぐに不規則な一連の事件に陥り、チームオーナーのレッドブルは角田裕毅にイギリスからイタリアのスクーデリア・アルファタウリのファクトリーの近くに転居するように命じた。

レッドブルF1、スペインGPでの最低燃料温度のミスを認める

2022年5月26日
レッドブルF1、スペインGPでの最低燃料温度のミスを認める
レッドブル・レーシングは、1-2フィニッシュを達成したF1スペインGPのレース前に燃料の許容温度に誤りがあったことを認めている。

チャンピオンシップのライバルであるスクーデリア・フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、F1スペインGPの決勝に向けてレッドブル・レーシングのガレージとその周辺の奇妙な出来事に気付いた人々のなかの一人だった。

レッドブルF1首脳 「ペレスのチームオーダーへの怒りは理解できる」

2022年5月26日
レッドブルF1首脳 「ペレスのチームオーダーへの怒りは理解できる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスがチームオーダーに怒りを露わにしたことは「理解できる」と語る。

F1スペインGPでレースをリードしていたセルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンにリードを引き渡すように命じたチームの「不公平」な決定に声高に腹を立てた。また、この問題について個人的に話し合うことを無線で誓った。

マクラーレンF1 「ダニエル・リカルドは我々の期待に応えていない」

2022年5月26日
マクラーレンF1 「ダニエル・リカルドは我々の期待に応えていない」
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、F1スペインGPでのもう1つの残念なパフォーマンスに続いて、「我々の期待に応えていない」と奮起を求めた。

2021年シーズンにマクラーレンF1チームに加入して以来、ダニエル・リカルドは、昨年9月のイタリアGPでのサプライズ勝利を除けば、ほとんどが期待外れな結果だった

ルクレール&サインツ、映画『バズ・ライトイヤー』で声優に初挑戦

2022年5月26日
フェラーリF1のルクレール&サインツ、映画『バズ・ライトイヤー』で声優に初挑戦
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.は、今年公開のディズニー・ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』で声優を務めることになった。

現時点では、シャルル・ルクレールがイタリア語版、カルロス・サインツがスペイン語版の吹き替えに関与することを除いて、彼らがどのキャラクターの声を担当するかは明らかになっていない。

カルロス・サインツJr. 「ルクレールの運転をコピーしようとしている」

2022年5月25日
フェラーリF1のカルロス・サインツJr. 「ルクレールの運転をコピーしようとしている」
カルロス・サインツJr.は、スクーデリア・フェラーリの2022年F1マシンであるF1-75を「自然に運転できていない」と認める。

スクーデリア・フェラーリがタイトルを獲得するために総力を注いだ新世代F1マシンのF1-75は、シャルル・ルクレールにとってはポールポジションと勝利を狙えるマシンだが、カルロス・サインツは獲得している。

セバスチャン・ベッテル 「AMR22に物議を醸しているのはレッドブルだけ」

2022年5月25日
F1:セバスチャン・ベッテル 「AMR22に物議を醸しているのはレッドブルだけ」
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、レッドブル・レーシング以外にアップデート版のAMR22の合法性に疑問を呈しているチームはいないと考えている。

F1スペインGPの準備段階でアストンマーティンF1がAMR22にアップグレードを導入することはよく知られていた。バルセロナには、多くのF1チームが今シーズンの最初のメジャーアップグレードパッケージを展開した。

ジョージ・ラッセル 「FP1のルーキードライバー規則は正しくない」

2022年5月25日
メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「FP1のルーキードライバー規則は正しくない」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、シーズン中の2回のプラクティスセッションでルーキードライバーを走らせるルールは、ドライバーやチームにとってほとんどメリットのないことだと語る。

それは決して週末の作業が妨げられるのではなく、グランプリ週末の60分間のプラクティスでのパフォーマンスに基づいて、ドライバーが才能を判断される立場に置かれるんは少し不公平だと感じているからだ。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 47 | 48 | 49 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム