ルイス・ハミルトン 「F1ドライバーにとって雨はレースをしない理由にならない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、雨はレースをしないという「十分な理由ではない」として、モナコグランプリのスタートを遅らせるというレースコントロールの決定は間違いだったと考えている。

モナコグランプリでのフォーメーションラップは2回延期されたが、FIA(国際自動車連盟)は、F1ドライバーの安全を念頭に置いて行われたとの声明を発表した。

「レースコントロールは、サーキットに急速に接近している激しい豪雨を監視していた」とFIAは述べた。

「スタートプロシージャ中に雨が到着したことで、セーフティカースタートとそれに関連する手順が実装された。今週末のウェットランニングがないことを考慮して、安全上の理由から行われた」

皮肉なことに、スタートが遅れ、セーフティカー先導で2周した後、雨が強まって深刻な問題となり、レースコントロールは赤旗を出さなければならなかった。

ルイス・ハミルトンは、スタートは時間通りに進めるべきだったと感じている。

「彼らが良い仕事をしなかったと思うか? ミスをしたと言っているのではない。彼らが最初から僕たちを送り出さなかった理由は分からないけど、僕たちはF1ドライバーなので、天気は十分な理由にはならない」とルイス・ハミルトンはPA通信社に語った。

「それが僕が言っていたことだ。最初にほんの少し小雨が降っていたとき、僕は『レッツ・ゴー』という感じだった」

「ドライバーズブリーフィングで話をするけど、レースを始めるべきだった」

レース順でピットレーンに送り返され、F1ドライバーはさらに45分待ってから、セーフティカー先導でレースはスタートした。

レースコントロールはローリングスタートを宣言し、すべてのドライバーはフルウェットタイヤを使用していた。

その後、雨が原因で停電が発生し、ライトを含むスタート手順に影響が出たことが明らかになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1モナコGP