2022年05月のF1情報を一覧表示します。

F1:2023年に各セッションのタイヤを固定した予選フォーマットを試用

2022年5月3日
F1:2023年に各セッションのタイヤを固定した予選フォーマットを試用
F1は、2023年に各セッションでドライバーが使用するタイヤを指定する新しい予選フォーマットを実施することを計画していると報じられている。

現在のノックアウト方式の予選フォーマットh、2006年以来、グランプリ週末の定番であり、セッションは3つのなセグメントに分割されてい。20人のドライバー全員がQ1を争い、上位15人がQ2に進出。Q2で最速の10人のドライバーは、ポールポジションのシュートアウトのためにQ3に進む。

アルピーヌF1チーム 「信頼性問題はルノーPU固有のものではない」

2022年5月3日
アルピーヌF1チーム 「信頼性問題はルノーPU固有のものではない」
アルピーヌF1チームのブルーノ・ファミンは、エンジンメーカー全体の透明性が、シーズン初期の信頼性問題が、ルノーのパワーユニット固有のものではないことをチームに安心させるのに役立ったと語る。

ヴィリー・シャティヨンのルノーのF1エンジン部門のエグゼクティブディレクターであるブルーノ・ファミンは、必要な修正をすでに行っており、メーカーのシーズン初期の信頼性の問題を過度に心配していない持っていないと説明する。

フォルクスワーゲンCEO、アウディとポルシェの2026年のF1参戦を断言

2022年5月3日
フォルクスワーゲンCEO、アウディとポルシェの2026年のF1参戦を断言
フォルクスワーゲンのCEOを務めるヘルベルト・ディースは、同グループの取締役会は、アウディとポルシェのF1参戦がコストよりも多くのお金をもたらすことで納得し、F1への参戦を決定したと語った。

ドイツの自動車メーカーが本社を置くヴォルフスブルクでのイベントで、ヘルベルト・ディースは、アウディとポリシェの計画についての取締役会による議論でいくつかの意見の相違を生まれたと認めた。

ゲルハルト・ベルガー、フェルナンド・アロンソをDTMに勧誘

2022年5月2日
F1:ゲルハルト・ベルガー、フェルナンド・アロンソをDTMに勧誘
DTMの代表を務めるゲルハルト・ベルガーは、フェルナンド・アロンソの参戦を最大のターゲットとしており、将来の参戦について口頭で合意していると赤った。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、ル・マン24時間レース、世界耐久選手権(WEC)、デイトナ24時間レース、インディ500、ダカールラリーなどF1以外のさまざまなカテゴリーを経験している。

アルファロメオF1 「メルセデスと戦えるペースを発揮できたことは励み」

2022年5月2日
アルファロメオF1 「メルセデスと戦えるペースを発揮できたことは励みになる」
アルファロメオF1は、エミリア・ロマーニャGPのレース後半で、バルテッリ・ボッタスがメルセデスF1のジョージ・ラッセルを追い詰めるパフォーマンスを見せ、今後のレースで何を達成できるかについて“非常に励みになっている”と語る。

金曜日の予選Q3でのメカニカルな問題によってフリー走行2回目を走行できなかったバルテリ・ボッタスだが、スプリントを7位でフィニッシュ。決勝でも、勢いを維持し、非常に遅いピットストップでタイムを失ったものの、レース終盤に4位をかけたバトルでジョージ・ラッセルを追いつめた。

アロンソ 「ハミルトンが今年勝てないのは最速の車に乗っていないから」

2022年5月2日
F1:フェルナンド・アロンソ 「ハミルトンが今年勝てないのは最速の車に乗っていないから」
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年にルイス・ハミルトン(メルセデス)が苦戦を強いられているのは『最速の車に乗っていない』からだとし、、『それがF1というものだ』と結論付けた。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、4レースを終えてわずか28ポイントしか獲得できておらず、ドライバーズランキングで7位に沈んでいる。

MotoGP:ドゥカティ 2022年 第6戦 スペインGP 決勝レポート

2022年5月2日
MotoGP:ドゥカティ 2022年 第6戦 スペインGP 決勝レポート
MotoGP第6戦のスペインGPが、5月1日にへレス・サーキットで開催された。ドゥカティ・レノボ・チームのフランチェスコ“ペッコ”バニャイアは、このレースをポール・トゥ・ウインで制し、ドゥカティがへレス・サーキットで2年連続優勝を果たした。昨年のジャック・ミラーに続き、今年もデスモセディチGPを駆るフランチェスコ・バニャイア(2021年は2位)が圧倒的な強さで勝利を収め、表彰台の中央に登壇した。

MotoGP:ヤマハ 2022年 第6戦 スペインGP 決勝レポート

2022年5月2日
MotoGP:ヤマハ 2022年 第6戦 スペインGP 決勝レポート
Monster Energy Yamaha MotoGPのファビオ・クアルタラロが第6戦スペインGPで2位を獲得し、チャンピオンシップ・ポイントで7ポイントのリードを築いた。チームメイトのフランコ・モルビデリは終盤でチャージし、15位に入って1ポイントを獲得している。

クアルタラロはグリッド2位から好スタート。ポジションを守り、F・バニャイア(ドゥカティ)に続いていく。序盤から逃げ切りを図るバニャイアに全力で食らいつき、トップ2台は徐々に後続を引き離していった。

MotoGP:ホンダ 2022年 第6戦 スペインGP 決勝レポート

2022年5月2日
MotoGP:ホンダ 2022年 第6戦 スペインGP 決勝レポート
MotoGP - 連日好天に恵まれた第6戦スペインGP決勝は、予選5番手から決勝に挑んだマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が4位でフィニッシュした。

今大会、オープニングラップ4番手につけたマルケスは、3番手のジャック・ミラー(ドゥカティ)をマーク、後方にいるアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)と3位争いのグループを形成した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 60 | 61 | 62 | 63 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム