2022年05月のF1情報を一覧表示します。

MotoGP スペインGP:フランチェスコ・バニャイアが今季初優勝!

2022年5月2日
MotoGP スペインGP:フランチェスコ・バニャイアが今季初優勝!
2022年 MotoGP 第6戦スペインGPの決勝レースが5月1日(日)にヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで行われ、フランチェスコ・バニャイアがポール・トゥ・ウィンで今季初勝利を挙げた。

気温27度、路面温度44度のドライコンディションの中、ポールポジションのフランチェスコ・バニャイアがホールショットを決めてレースをリード。最後までポジションを譲らず、昨年11月の最終戦バレンシアGP以来6戦ぶり今季初優勝、プレミアクラスで5勝目、キャリア通算15勝を挙げた。

Moto2:小椋藍がポール・トゥ・ウインで世界選手権初優勝

2022年5月2日
Moto2:小椋藍がポール・トゥ・ウインで世界選手権初優勝 / MotoGP 第6戦 スペインGP
Moto2クラスで初のポールポジションを獲得した小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)が、ホールショットを奪ってそのまま23周のレースで一度も首位を譲らず、真っ先にチェッカーを受けた。

今大会はFP1から好調で、大接戦となった予選も制し、決勝でも快調にラップを刻んだ。終盤までトップグループを形成した2位のアーロン・カネット(Flexbox HP40)には2.5秒、3位のトニ・アルボリーノ(Elf Marc VDS Racing Team)には、3.6秒のリードを築くすばらしい走りだった。

レッドブルF1代表、マイアミGPでのフェラーリの挽回を警戒

2022年5月1日
レッドブルF1代表、マイアミGPでのフェラーリの挽回を警戒
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、イモラで振り子がレッドブル・レーシングに有利に振られた後、マイアミでフェラーリが“スーパーコンぺティティブ”になることを警戒している。

アップグレードを導入して軽量化されたRB18で武装し、マックス・フェルスタッペンは、スクーデリア・フェラーリの本拠地であるイモラでキャリア2回目のグランドスラムを達成して圧勝した。

ランド・ノリス 「マクラーレンは今や3番目に最速のF1チーム」

2022年5月1日
ランド・ノリス 「マクラーレンは今や3番目に最速のF1チーム」
ランド・ノリスは、マクラーレンが今シーズンの困難なスタートからの立て直しに成功し、今では“快適に3番手”の最速チームであると考えている。

バーレーンテストでブレーキの冷却問題に見舞われたマクラーレンは、開幕2戦ではバックマーカーに位置に転落し、熱心なマクラーレンのファンでさえ、劇的なラーンアラウンドを想像するのに苦労した。

F1:アイルトン・セナの悲劇的な死から28年

2022年5月1日
F1:アイルトン・セナの悲劇的な死から28年
アイルトン・セナが、この世を去ってから、5月1日で28年の月日が流れた。

1994年5月1日の午後2時17分、アイルトン・セナは、イモラ・サーキットの悪名高いタンブレロでウィリアムズのコントロールを失い、140mphでコンクリートの壁に激突。マシンの右フロントサスペンションが彼のヘルメットを貫通。即死だった。

ハースF1代表 「タイトルスポンサーのオファーには安易に飛びつかない」

2022年5月1日
ハースF1代表 「タイトルスポンサーのオファーには安易に飛びつかない」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2社のタイトルスポンサーに問題を抱えた後、3つ目の問題を追加することは避けたいと決意している。

ハースF1チームは、チームオーナーのジーン・ハースが経営するハース・オートマーションの支援によってF1グリッドに到着した。

メルセデスF1代表 「2022年のタイトル争いから脱落しているのは明らか」

2022年5月1日
メルセデスF1代表 「2022年のタイトル争いから脱落しているのは明らか」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、第4戦エミリア・ロマーニャGPを終えて、彼のチームが2022年のタイトル争いから脱落しているのは明らかだと語る。

昨年、コンストラクターズタイトルを8連覇したメルセデスF1は、その連勝を9回の伸ばすタイトル候補として2022年シーズンを迎え、ルイス・ハミルトンは、記録的な8回目のF1ワールドチャンピオンを獲得するために集中していた。

マクラーレンF1、ルイス・ハミルトンを誹謗中傷した従業員を調査

2022年5月1日
マクラーレンF1、ルイス・ハミルトンを誹謗中傷した従業員を調査
マクラーレンF1チームは、元所属ドライバーのルイス・ハミルトンを中傷する投稿をソーシャルメディアに行った従業員を調査していると発表した。

すでにその従業員のアカウントは削除されているが、個人のTwitterおよびFacebookアカウントから、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンを中傷する投稿を繰り返していた。

ジェンソン・バトン 「元F1ワールドチャンピオンと呼ばれるのは嫌い」

2022年5月1日
ジェンソン・バトン 「元F1ワールドチャンピオンと呼ばれるのは嫌い」
ジェンソン・バトンは、『元F1ワールドチャンピオン』と呼ばれるのが嫌いだと語る、

2018年にホンダがF1から撤退した後、ジェンソン・バトンは、その遺産を元に結成されたブラウンGPに残った。ちょうど、今年と同じような大幅なF1レギュレーションが導入された2019年にブラウンGPは“ダブルディフューザー”ですべてのライバルをスタートで出し抜いた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 61 | 62 | 63 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム