セバスチャン・ベッテル 「ピレリのF1ウェットタイヤは酷い」
セバスチャン・ベッテルは、2022年のモナコグランプリを経験してもピレリのウェットタイヤについてほとんど語ることはできないとしている。

最初の2日間は暖かくドライなコンディションで行われていたが、日曜日の決勝は天気予報通り、モナコには雨が降った。雨は電源の問題を引き起こし、実際にモナコグランプリを開催する上で問題が発生した。

レースアクションが始まると、インターミディエイトに切り替える前に最初はフルウェットタイヤが必要だったが、セバスチャン・ベッテルはペースに苦労した。

だが、セバスチャン・ベッテルは、それはアストンマーティンの車自体のためではなく、タイヤのせいだと指摘。モナコのような会場では単に“難しすぎる”と言い、レース前の雨でインターミディエイトが必要だったイモラにも同じことが当てはまる語った。

「レインタイヤにとても苦労した。とにかく非常に遅かった」とセバスチャン・ベッテルはF1-Insider.comに語った。

「このトラックには難しすぎたし、イモラでさえ難しすぎた。とにかく酷いタイヤだ」

レーススタートまでの最初の遅れに続いて、セーフティカー先導でアクションが進行したが、レースコントロールが監視していたとする激しい豪雨が降り、レースではトラックと港の間の境界線がほとんどぼやけ、赤旗中断となった。

セバスチャン・ベッテルは、過去には車がそこにステイアウトしてレースを続けられたが、2022年のピレリのウェットタイヤではチャンスはなかったと語る。

「そのような状況で運転できたはずの日々を思い出す」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「でも、これらのタイヤではそれは不可能だ」

「レインタイヤは基本的に役に立たない。見た目はいいけど、実際には何もしない。インターミディエイトで走れるならすぐにそうするよ」

セバスチャン・ベッテルは、フェルナンド・アロンソのトレインの後ろで最後のスティントを過ごし、最終的に11位のフィニッシュした。

しかし、フェルナンド・アロンソのチームメイトであるエステバン・オコンがルイス・ハミルトンとの衝突でレース後に5秒のタイムペナルティを科され、セバスチャン・ベッテルは10位に昇格した。

「少なくとも僕たちは手ぶらで家に帰らずに済んだ」とセバスチャン・ベッテルは受け入れた。

「その観点で言えば、まだまともなダメージリミテーションだった」

セバスチャン・ベッテルは、7周目にフルウェットタイヤからインターミディエイトに交換する絶好のタイミングでギャンブルをして運命を変えようとしたが、残念ながら「アンダーカットはそれほど効果的ではなかった」と語る。

「僕たちは何かを試みなければならなかったけど、残念ながらアンダーカットはそれほど効果的ではあなかった」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「僕たちはできる限りのことをした。もちろん、もう少し期待していたけど、ポイントを獲れたことには満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1モナコGP / ピレリ / アストンマーティン